古明地さとりモデルについて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

古明地さとりモデルについて

2015-05-05 20:24
  • 2

はじめまして( o´ ω`)ノ
自分のブロマガ開設して相当たってるんですがようやく書く内容が決まりました。
古明地さとりモデルを公開して、このモデルについて簡単に説明しておかないと
いけないかなって思ったのです。何故かというと、MMD用とMMM用でファイルが分かれている理由の解説と、MMM用はちょっと注意しないといけない部分があるからです。
唐突に配布動画をペタッ!

ブロマガ初めてだから色々な機能使ってみたいんです。ハイ。

説明の前に、
ダウンロードしていただきありがとうございますm(_ _)m
配布動画に広告までしていただいた方にはほんと頭が上がりません(´;ω;`)

はい。もう広告までなんか申し訳ないですって気持ちですorz


気を取り直して...言葉だけでMMD用とMMM用の構造の違いを一言で説明すると
MMDモデルをとした場合、MMMモデルには肩~肘のX軸回転キャンセル構造がない。
動きの違いを画像で説明します。MMDもMMMも右腕X軸を同じ方向へ回転させました。
わかり易いように葱を持ってもらいました。

通常時
MMD用の場合

MMM用の場合

黄色い○で囲った部分にある黄色いハートの位置が違うのがお分かりいただけると思います。
X軸に回転させた場合以下の違いがあります。
MMDモデル・・・肩、腕、腕捩、ひじ、手捩は全てX軸回転させても袖は回りません。
MMMモデル・・・肩、腕、腕捩、ひじ、手捩は全てX軸回転させると袖が回ります。
この服の袖の設定はさとり様の華奢な腕に対して余裕があることにしているので
腕を軸方向に回しても服の袖は追従してこないほうがそれっぽいなーと思っていました。
それがMMDの動きをとした理由です。

そしてもう一つMMM用モデルで注意しなければならないことがあります。
X軸回転キャンセル構造がないので、肩をX軸回転させると簡単に襟が破綻する。
MMDもMMMも右肩X軸を同じ方向へ回転させました。
MMDの場合

MMMの場合

MMMの場合は白い襟の黄色い○で囲った部分が見事にめり込んでいます。
破綻しない程度に肩をX軸回転させようとしても実際ほとんど回せません。
襟以外にもサードアイのコードも追従するので無理に回すと悲惨なことになります。(。pω-。)シクシクシク

セットアップでどうにかやりようがある気はしているのですが f(´-`;)ポリポリ
以上で説明終わります。是非自分のPCで可愛がってあげてください!

最後まで目を通していただきありがとうございましたm(_ _)m
  • 前の記事
    これより過去の記事はありません。
広告
×
配布お疲れ様です、引き続き動画で使わせてもらいます!師匠!
56ヶ月前
×
おつありです!うちのさとりんがお世話になっていますm(_ _)m
師匠なんかじゃないですf(´-`;)
56ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。