• 2018年投稿曲を振り返る

    2018-12-31 14:16
    毎年恒例のやつです。
    今年二回目のブロマガ更新らしい、来年はもっと更新出来たらいいなあ、何を書くんだって話ですが。
    ではやっていきます。

    1.ヒト(1月)

    一曲目から良い感じな曲が書けた2018年。
    シンプルに良いものを作れたので、こういう感覚を大事にしていきたいなと常日頃から思っている。
    写真は高速バスで移動途中のどこかのサービスエリア。

    2.ヒビキ(2月)

    またしてもシンプルな曲。
    アコギが中心の曲はいい感じに響きますね。
    何気にドラムがお気に入りだったりしまする。
    写真は葛西臨海公園(お気に入りスポット)の砂浜。

    3.闇の世界の住民(3月)

    京都のイベント帰りの深夜バスの中で頭の中で作曲して出来たものです。
    家に帰るまで録音出来なかったので忘れないようにずっと反復していたのを思い出す。
    音は空気を閉じ込めるみたいな感覚がこの曲にはあって、聴くと京都の空気感を勝手に思い出しますね、写真も京都です。

    4.not alone but 39(3月)

    新曲RTAとは、思い立ったが吉日、その日のうちに作曲を始めて動画投稿するというものだ!!!
    絵師のきいちを巻き込んで二人で死にそうになりながらミクの日に間に合わせたというものでかなり思い出深いものになったなあ。
    死ぬかと思った。

    5.青空(3月)

    作詞作曲が2013年、アレンジ及びアルバム収録が2016年、それのリミックス版です。
    いつか投稿しようと思っていたのです。
    写真は通っていた高校の近くの風景、別に通学路ではないんだけども。

    6.言葉のない歌 ~ありふれた日のありふれた話~(4月)

    誕生日に上げた曲その一です。
    この時は多分ピアノのアレンジにハマっていた。
    サビに歌詞がないという僕の中では珍しい曲。

    7.境界線にて(retake)(4月)

    2016年に投稿した曲の色々やり直したバージョンです。
    いい感じにやり直せたと思う。
    個人的にも思い入れ深くて好きな曲なのでついつい作り直してしまった!
    同時投稿の言葉のない歌 ~ありふれた日のありふれた話~と同じ場所の写真だったりします、たしか(ちょっと曖昧)。

    8.春風は未来へ行く(4月)

    春の曲を作りたいと思って作った曲です。
    こうやって聴き直してみると普段やらないことを盛り込んでるな、ストリングスアレンジとか。
    自分的にあまり自分っぽくない曲になったという印象があるけども、傍から聴いたらどう聴こえたんだろうか。
    こういう曲もまた挑戦していきたいですね。
    写真はどっかの林を抜けた開けた場所的な。

    9.あの日見た空(4月)

    個人的にめっちゃアレンジでしっくりしたやつ。
    ギターのアルペジオを弾くのが滅茶苦茶難しかった。
    雰囲気勝負といったところで、自分の渋い趣味が各所に散りばめられています、こういう曲が僕は大好きです。
    きいちの絵が神過ぎた。

    10.Supernova(4月)

    紲星あかりはキャラデザの時点で一目惚れで、ボカロ版が出たその日中に曲を投稿してやろうと事前に準備を進めておりました。
    当日絶対間に合わせるためにDL版を買ったのですが、予約組が前日にパッケージ届いているのを自慢してるのを見てパッケージ予約しとけばよかったと思ったのはここだけの話。
    カントリーは自分の中の一ジャンルになったので、また同じような温度感のものも作っていきたいですね。
    きいちのイラストがとても好きだったので背景をアルバムジャケットに使わせていただいたという。

    11.ウィルダネスの旅人(Piano ver.)(5月)

    危うく5月に1曲も投稿しないところだった滑り込みセーフなやつ。
    ピアノだけがオケの曲も好きなので、頑張って作ってみました。
    この後アレンジするんですが。
    今まで名義が"ナツ"だったのですが、この曲より名義を"ナナツナツ"に変えました、今ではすっかりナナツナツが浸透したみたいでよかった。
    写真は多分葛西臨海公園で、ヒビキの写真と同じ日に撮ったやつだと思う。

    12.8400m(6月)

    コアな曲を作ってしまった、間奏長い曲はロマンですな。
    ドラムとギター考えるのが兎に角楽しかった。
    因みに8400mはそれ以上の深さに魚が生息出来ないとされている深さです、今後の発見や研究次第で覆る可能性は大いにあり得ますが。
    イラストはきいち、きいちのあかりをめっちゃ深く沈める動画になっています。

    13.ブラックホワイト(6月)

    新曲RTAシリーズ、3939日記念と聞いて急に作ってしまった。
    あまりにも急だったのに自分の中でも凄くお気に入りな曲が出来てしまった。
    シンプルは神、シンプルな音で最大限の曲の魅力を引き出せるアレンジをこれからもやっていきたいですね。
    写真は多分近所の夕焼け。

    14.ミライヘ(6月)

    マジミラに応募した曲。
    キラキラした音作りにはなったと思います。
    音の広がりが良い感じですね、多分パッドを二種類くらい使っています。
    かなり気合入れて作っていたな自分。
    イラストはきいち、躍動感溢れるって感じ!

    15.空想は幻想、非情な現実(7月)

    苦手意識のあった短調の曲を克服したという意味で思い出深い曲です。
    短調に歪んだギターにダークな歌詞にリンレンは最高にエモいですね。
    イラストはきいちにいただきました、このイラストも相まってすごく良い作品になったなあ。

    番外編:空想世界の作り方(7月)

    5thアルバムです、全体的にバランスの良い一枚になった印象ですね、色々な曲調がある!
    アルバム限定曲として"Goodbye my Blank"、"君と僕と空想世界"、"空白"があります。
    このうち一曲を来年に……おっと。

    16.ウィルダネスの旅人(7月)

    前述のピアノ版をちゃんとアレンジしたバージョンです。
    コード進行とか、普段使わないようなものを背伸びして取り入れてみました。
    良い曲になったなあ。
    イラストは頑張って描いてみました、もっと上手に絵を描けるようになりたいな。

    17.夏休みとギター(8月)

    実は2016年くらいから手掛けてやっと形に出来た曲だったりします。
    ちょっと懐かしフォーク風な曲ですね。
    ライブしている感を出したくって、ピアノ、アコギ、エレキギター、ベース、ドラムがちゃんとそれぞれ鳴っているアレンジにしてみました。
    写真は数年前に撮った帰省先の写真かな。

    18.Last Summer(8月)

    ミク誕だとか、平成最後の夏だとか、そういったものを曲の中に仕込んでいます。
    ドラムのアレンジがまあ大変でした、ギターも色々沢山重ねたので録音も大変でした、でも頑張った分だけ良くなった曲な気がします。
    写真は色々、二番Bメロは過去作を流用していたりいなかったり。

    19.恒星の一生、光の在り方(9月)

    フォークでシンプルな曲です。
    ギタリストとしての実力を試されるような、そんな音作りにしたような。
    あと確か手拍子を録音したんですよね、懐かしい。
    イラストはととりかさん、イラスト、動画とセットで聴いてもらいたい一曲です、このイラストをいただくまでこの曲のビジュアルが自分の中で浮かべられなかった記憶。

    20.レイニーデイズネバーステイ(movie ver.)(9月)

    カントリーロックとはこういうものをいうのか、と思いながら作りました。
    歌詞が自分であまり書かないような内容になりました、青春メランコリーソング風なのはかなり珍しいと思う!
    イラストは兎追上山さん、やっとコラボが実現した感、イラストが届いた時好きすぎて死ぬかと思った思い出。

    21.オレンジ逃避行(10月)

    最高傑作(更新中)
    渋さもキャッチーさも上手く残せた曲です、アルペジオもキレイに録れたぞい!
    きいちのイラストにエピソードがある曲、詳しくは動画をクリックして主コメを見るんだ!(露骨な宣伝)

    22.Pandemonium(10月)

    クオリティがやばい。
    短調アップテンポはたまんないっすね!
    最初に絵があって、そこにふざけて軽い気持ちで曲をつけたろと作っていたらいつの間にかガチになっていた曲です。
    使用許可を出してくれたnilllとairy.I.ray氏に感謝である。

    23.宇宙学者のメランコリー(11月)

    ロックバラードは好きだし作りたいんだけど実際作ってみるとしっくりこないことが多かったんですけど、この曲でそれなりに克服出来たかもしれないという曲です。
    因みにこの曲と"Supernova"、"恒星の一生、光の在り方"で恒星三部作という一塊があったりします、歌詞を見比べてみると面白いかも?
    イラストはととりかさん、差分をいただいたのでお目目ぱちくり楽しかった、切なくてとても好きなのです。

    24.夕闇街道(11月)

    これぞボカロカントリー、シンプルにかっこよく楽しく作れました。
    早口はロマンですね。
    写真は温泉旅館的な場所に行った時に歩いた付近の写真、電信柱と田んぼ?以外何もなかった。

    番外編:機械仕掛けの街、夕闇に沈む(11月)

    6枚目のアルバムです、ロック系が多いです。
    この一年に二枚のアルバムを出す形式はしっくりきたので、これからもこんな感じで新譜を作っていく、かもしれない。
    アルバム限定曲に"オートマタと陰謀論"、"午後6時の帰り道"、"橙のち静寂"、"ねえ"がありますがこのうちの……おっと。

    番外編:涙も恋も夢も希望も君のもの(12月)

    江戸川リバ子さんとのコラボ曲です、とても新鮮な気持ちでコラボしました!
    最初お話いただいた時はうまく形に出来るか不安だったのですが、江戸川さんが上手くまとめてくれまして、良い曲に仕上がってほっとしております。
    オニオン城之内さんのイラストがとてもかわいくて、癒されながら動画を作りました。

    25.ハッピーロンリークリスマス(12月)

    クリスマス曲です、クリスマス曲作ったのはじめてでは???
    普段入れていない音をふんだんに詰め込んでみました。
    というかコーラス壮大で良すぎでは?????
    写真は江ノ島のイルミネーションです、この動画のために足を運びました、キレイだった……。

    26.シーサイド(retake)(12月)

    2017年に投稿した曲のretake版、Kagishiro氏にピアノを弾いてもらいました!上手すぎでは??
    ほんのり調声直してミックスし直しております。
    イラストはきいちが元々ファンアートで描いてくれていたのを使いました、感慨深さがある。

    27.ひまわり(12月)

    リンレン誕の曲です、元々もっとアコースティックでカントリー風にするつもりで作っていました。
    やっぱりエレキギターを歪ませてジャカジャカさせるのはロマンだな!
    ピアノのアレンジも楽しかった!
    イラストと動画はきいちが一晩でやってくれたやつです、今年一年お世話になりっぱなしだったなあ!!???来年もよろしくお願いします!!!!!

    28.ねえ(12月)
    機械仕掛けの街、夕闇に沈むの一番最後の曲で今年を締めくくる曲です!
    えっ、リンクがないって?今から上げるからだよバカ野郎!!!


    以上28曲(+アルバム限定曲6)
    なんとか去年と同じだけ動画を出せたのか……。
    今年も色々上げられました、よかったよかった。
    色々あったようで、でもなんだかんだ丁度良い場所に落ち着けたのかなーと思う一年でした。
    来年は前半ちょっとドタバタするのと、生活環境が大きく変わりそうなので、その後どんな風になるか分かりませんが、これまで通り定期的に曲を投稿出来たらなと思います!
    来年もアルバム出すぞー!もう構想は出来上がっているんじゃー!!

    それでは、よいお年を。
  • 広告
  • 何気ない話

    2018-08-15 10:07
    ar1262040
    ↑コード進行を載せたブロマガを更新した

    たまには何の中身もないブロマガでも書いてみようと思います。
    なんでそんなこと思ったかって?

    暇だからだよ

    さて、今月もいつも通り新曲を上げようと思っているんですが

    進 捗 ダ メ で す

    あ~~~~~~~~う~~~~~~~~~~~
    夏だしね、暑いしね、仕方ないよね。
    作業部屋エアコンガンガンで涼しいけど。

    最低1曲は這ってでも投稿するんでよろしくお願いします。
    というか平成最後の夏なんで投稿しないと大分後悔するあれです……。


    ところで僕は今週のコミティア125に売り子で出ます(唐突な宣伝)。
    C26a(Kagishiro氏のスペース) サークル名:終末の呼び声
    です。
    そしてそして委託もするので僕のアルバムが買えます。
    ということで軽く紹介を。
    ってかアルバム投稿した時にブロマガ書く予定だったの忘れてたな。


    こちら新譜のXFDです。
    ロックとカントリーを軸にギターの響きを活かした曲を多数収録しております、全16曲!
    個人的にもアルバムとして良い完成度になったので推していきたい。

    他にコンピの『病み/闇』をあるだけ持っていくんで良ければそちらもよろしゅう。
    サークル主の新譜もマスタリング担当してるので併せてよろしゅう。





    あれ、何気ない話じゃなくね???これただの宣伝ブロマガじゃね?????

  • 2017年投稿曲を振り返る

    2017-12-30 10:44
    超久々の更新。
    こんなこと去年もやってたなあと思いながら今年も振り返っていきます。

    1.ボヤけて遠くなってゆく(1月)

    2017年は1曲目からアップテンポで攻めていきました、伸びなかった(白目)
    ツインギターでドラムがかっこいいやつですね。

    2.夜明け前の寂寥(1月)

    2016年発売コンピに収録していた曲のリミックスです、何気なくリミックスしたら良い具合に出来上がったので投稿してみました。
    展開美というか、1曲の中で静かな部分、激しい部分、テンポの違う部分が同居していて聴いていて飽きない曲になったんじゃないかと思います。

    3.Sentimental(retake)(2月)

    2014年に一代目、2015年に二代目を投稿し、同じく2015年に二代目を若干リアレンジしたものを発売したEPに収録しました。
    その楽曲の完成形がこちらです、コメントにもありましたが、3年かけて身に付けた力でこの曲の魅力を引き出せたのかなーって思います。

    4.人間になりたい(2月)

    自分の曲の中でも代表曲と呼べるようになった曲です。
    現在使用しているアイコンはこのサムネの中央の生き物です。
    歌詞に全力を尽くしました、アレンジは極力シンプルにして歌詞を聴かせるスタイルにしております。
    ただツインギターのハモリギターソロだけ難しかったですです。
    曲としてのまとまりも良くテーマも良いので、これくらいの温度感のものはまた作りたいですね。

    5.オレンジの夢(2月)

    ギタリスト冥利に尽きる曲といったところでしょうか。
    エレキギターだけを重ねて伴奏を作った曲です、綺麗で透き通る仕上がりでずっと聴いていられますね。
    この曲を聴くと当時のこの時期の忙しさだとか、景色の色合いや空気の匂いを思い出します。
    録音にそういったものが閉じ込められているのかもしれない。

    番外編1.オレンジと藍色の境界線にて(3月 アルバム)

    全16曲、多い。
    1stアルバム時点で収録しなかった曲及び1stアルバム後に投稿した曲等を収録しております。
    1stアルバム時点でテーマはもう既に決まっていたので、アルバム全体の雰囲気のまとまりを据えての曲作りも出来たのかもしれません。
    個人的にもお気に入りのアルバムです。
    アルバム限定曲に"Dear my Orange"があります、この曲のBメロのメロディがとある曲のソロに採用されているという小話。

    https://72tyt.booth.pm/items/711715

    配信版の販売開始しましたので欲しい方は是非。

    6.オレンジに祈りを(3月)

    "オレンジと藍色の境界線にて"最後の曲であり、このアルバムのテーマ曲です。
    同テーマで作った色々な楽曲へのアンサーソングというか、まとめ曲というか、個人的には物凄く思い入れのある曲に仕上がりました。
    やはり歌詞をしっかり聴かせたかったのでアレンジはシンプル目、それでいて綺麗に温かく響くようなギターの音作りを心がけました。


    ぶっちゃけここまでで既に1年間分のボリュームある気がするんですよねえ。
    楽曲数も、リアルでの忙しさや時間の詰め込みっぷりも、ここまでで十分やり切った感ありましたが、2017年のこの頃の楽曲は初期楽曲だったという。


    7.Fragile Rock(3月)

    ここにきて高難易度の楽曲です、5/8拍子を使ったのは初めてだったりします。
    ドラムのフレーズがえぐい、あとギターは中々綺麗に弾けなくて何回も取り直した思い出があります。
    ツインギターが絡み合うフレーズは最高ですね。
    自分の曲の中でもエモーショナルな仕上がりになったと思います。

    8.Eschatology(3月)

    初EDMに挑戦です、ひっさびさに生演奏の入っていない楽曲です。
    ミクはこういう曲もよく響いて良いですね。
    歌が明瞭で明るく励まされる曲に仕上がったんじゃないでしょうか。

    9.Lyrical Void(4月)

    リンレンデュエットはいいですね。
    編曲に細部まで拘り抜いた曲です、ギター沢山重ねました。
    それ故ミックスが大変でしたが。
    ボーパラ関西後に京都を散歩しながらこの曲のボイスメモをイヤホンでずっと聴きながら構成を練った思い出があります。
    個人的お気に入り曲でもございます。

    10.車中(4月)

    あまり自分でカントリーを意識することはないですが、カントリーらしいです。
    アコースティックでシンプルだけど良い物を意識しました、丁度Lyrical Voidと同時投稿だったのでそちらの反対の方向性を意識してるのもあります。


    丼冬コンピ収録曲です、こちらのコンピで1曲目に採用されました、本当にありがとうございます。
    実は通常版と少し違うアレンジになってます。

    11.夜明けと始まり(4月)

    "オレンジと藍色の境界線にて"収録楽曲です、シングルカットみたいなのが好きでやってみたくって後から投稿しました。
    まさにタイトルのようなアレンジとなっております。
    サビのリフレインするギターフレーズを弾き続けるのが特に難しいポイントですね。

    12.I(5月)

    ドラムがかっこいい曲、珍しくツーバスです。
    こういう速くて鋭い曲をずっと作りたかったんですよね。

    13.青の記憶(5月)

    文学的な歌詞に渋いギターとリズムフレーズ。
    雰囲気に浸る系の曲です。
    サビで歪んだギターでひたすらバカみたいにコードをジャカジャカするところが萌えポイントです。

    番外編2.君に会いたい(Acoustic ver.)(5月)

    あとでアレンジしたバージョンも上げるので番外編扱いです。
    アレンジしたバージョンでも、伴奏の主体はこのアコギと同じようなフレーズで、その上にアンサンブルが重なる編成となっておりますのでこの弾き語り版は楽曲の軸部分ですね。

    14.Symbol Tower(6月)

    フォークな曲です。
    イントロのテンポが独特で地味に難しい曲となっております。
    こういう曲は長く聴いていられて良いですね。
    アコギの録音大変だった。
    アルバム版ではベースも弾いてます。


    上半期はここまでです。
    最初の3ヶ月は長かったですがここら辺は早かったですね。
    出来事として人生初のオフ会に行ったり、マストドンという存在を知り登録して、自分のSNS環境が大きく変わっていくきっかけになったなんてのがありますね。


    15.日蝕気味(7月)

    最強。
    今更のコメント返信ですが、楽曲で使われてるノイズは『ノイズを出すエフェクト』をボーカルにかけてます。

    16.道化師の本音(7月)

    ピアノロックです、あとドラムがえぐい系、ギターが渋い系。
    歌詞が文学的シリーズ、闇深いですがなかなかお気に入り。

    17.藍に染まった空を夢見て(8月)

    珍しく歌詞が少ない曲です。
    曲が進むにつれて少しずつ音が増えていく使用になっています、あと生ドラムでも四つ打ちは良いものですね。
    このサムネを撮った日の空は夕焼けだったんですけどなんだか黄色くて不思議な色合いでした、とても綺麗だった。
    あと電柱萌え。

    番外編3.Everyday is Very Wonder(8月 アルバム)

    初音ミクオンリーイベント用なので収録曲もオンリーです。
    全11曲、色々なジャンルを内包している作りになってます。
    アルバム限定としてそれぞれオレンジの夢と境界線にての別アレンジバージョンが収録されております。
    他に初投稿曲のオレンジの音が入っていたりと、面白い組み合わせだったり。

    https://72tyt.booth.pm/items/711714
    配信版の販売開始しましたので欲しい方は是非。

    18.君に会いたい(8月)

    "Everyday is Very Wonder"の最後の曲。
    アコギを中心に色々な音を加えたバラード曲です。
    シンプルなピアノのフレーズが個人的にお気に入りです。
    自分の曲の歌詞は言葉を色々詰め込む傾向があるのですが、この曲は反対に同じ言葉を繰り返す手法をしています、よく響き渡ります。

    19.スペースシャトル(8月)

    ロックは良いですね!
    こういう曲調は大得意ですし大好きですし作っていても楽しくなりますね。
    宇宙というテーマは好きなのですけど全然作ってこなかったのですが、作ってみるとやっぱり楽しく出来たのでまた作っていきたいですね。
    実はドラムへの拘りが強い。

    番外編4.私の歌(8月)

    2016年の夏を犠牲にして作った例のコラボ曲が投稿されました。
    この動画用にリミックスしていただいたりしてます。
    アレンジはリズムを拘っていて、1曲の中で2度バイテンっぽくなるみたいなそういう感じです。

    20.Birthday Song(8月)

    ロックです。

    21.シーサイド(9月)

    8月のハイペースのエネルギー切れのお陰で構想を形にするのに時間のかかった曲。
    ピアノが主役の曲を作りたくって作りました、ピアノソロとか大のお気に入りですこれ。

    22.何もいらないよ(10月)

    久しぶりにダークなロック曲。
    歌詞をこうやって見返すと色々酷いこと言ってるのが笑えてくる。
    しっかり寝てしっかり食事はとりましょう。

    23.君の旅に祈りの歌を(10月)

    2017年渾身の1曲となりました、僕の主張しているものだとか聴いてほしいものだとか音楽のこととか、そういうのを全部この曲に落とし込むことが出来たんじゃないかなって思います。
    ギターソロとピアノソロの掛け合いは作っていて楽しい部分でした。
    あとドラムがシンプルながら難しいフレーズになってるのも個人的萌えポイント。
    最後の転調とか我ながら神……。


    こちらの楽曲がこのメドレーに採用されておりますので良ければ是非。
    憧れだったP、好きなPの中に自分が紛れ込んでいて楽しいし嬉しい。

    番外編5.君の旅に祈りの歌を(10月 アルバム)

    全15曲、2017年に投稿したあの曲やあの曲が収録されております、2017年じゃないのも少しだけあります。
    アルバム限定曲としては"未来に向かって"、"証明条件"の2曲ですかね。
    あと"Symbol Tower"のベースを弾く、"マイナス感情+世界"のドラムが投稿版と違って打ち込みに差し替えてる、"何もいらないよ"にイントロが加わってる、などちょくちょく違いがあります。
    全体的に良曲が揃ってる印象ですね。

    24.漆黒の夢(11月)

    ピアノ曲と隠し味にパッドを入れております。
    かなりのお気に入りで、ずっと聴いていられるやつです。
    "オレンジの夢"と対になっているものをイメージしていたり、実は色々な曲と関連していたりするので探してみると面白いかもしれないです。

    25.観測士の歌(12月)

    12月は星が綺麗です。
    アップテンポで励ます系で且つ夜を彷彿とさせるような要素を入れました、アップテンポながら聴きやすい音になってると思います。

    26.レスト(12月)

    アップテンポなロック曲です。
    爽やかな雰囲気と反対に後ろ向きな歌詞が特徴です、あとツインギターのロック曲は編曲が最高に楽しいですね。
    あとリンちゃんは本当に良い声で歌います。

    27.光(12月)

    たまにたまにの6/8です、この曲はある曲の続編みたいな立ち位置です。
    ベースソロが入っているのは初めてですね。
    ロック調でアコギを押し出すとこうなります、ありそうでない雰囲気の曲となって個人的にも満足のいく出来となりました。


    こちらのコンピのDisc2の10曲目、つまりトリに採用されました、本当にありがたい。
    光はこのコンピへの書き下ろし楽曲なのでこのコンピが立ち上がらなかったら出来ていませんでした。
    元々この話が立ち上がった時、人間未満のコンピが面白いって話になって、そこで自曲の"人間になりたい"がまさに合うと思い、この楽曲で参加しようか考えたのですが、折角なので書き下ろそうということになって光という曲が出来たという経緯があります。

    番外編6.くらげ歩行記(12月 アルバム)

    配信限定アルバムです、今まで何らかの事情で使えなかった曲やら何やらが入っております。
    9曲+ボーナス8曲の17曲入り
    アルバム限定曲としては"モノクロフィルター"、"Lives ~Sing a Song~"、ボーナスの"君と僕と空想世界"ですね。
    モノクロフィルターは探せば昔やっていたサークルでアレンジしたバージョンが発掘出来るかもしれません。

    因みにくらげ歩行記というタイトルの『くらげ』はごーぶす/ライチョー隊長P、『歩行記』部分までをサ骨さんが考えてくださりました。
    ジャケットの線までは僕が作ったんですが写真混ぜたり神々しくしてくださったのはたくまるさんです。
    謎 コ ラ ボ 。

    https://72tyt.booth.pm/items/712032
    購入はこちらから。

    28.きみといっしょ(12月)

    このブログを書いている日に上げました、上げたてほやほや。
    2017年投稿納めです、最後を明るい曲で締められて良かったです。
    アップテンポでシャッフルビートなギターロックです。
    励ます系のこういう歌詞は凄く僕っぽいなって思います。

    今回イラスト及び動画をきいちさんがやってくれました。
    限られた時間でこんなクオリティのものを作っていただき、お陰様で年内に良い動画を上げることが出来ました、本当ありがとうございました。



    以上28曲(+アルバム限定曲6+別アレンジ2+アコギ版1+コラボ1)
    1年で何曲上げているのか。
    これでもまだ編曲出来ていない曲は沢山あって、作業スピードが作曲のアイデアを起こすスピードに追いつけていない現状ではありま。す(そして過去曲に手を付ける前に新しい曲が出来るのでどんどん埋もれてやがて没に……)。


    2017年お気に入りコメントTOP5
    5位『太宰小説に通ずる歌詞』(道化師の本音)
    嬉しいけど畏れ多いわ!

    4位『ダイナミックなギター!』(Lyrical Void)
    今思えばDYNAMIC CHORDの伏線だったのかもしれない。

    3位『涙出ました ありがとうございます』シーサイド
    涙出るなんてそういう感想めちゃくちゃ嬉しいです、沢山泣こうぜ。

    2位『この絵はくらげですか?イカですか?』(人間になりたい)
    もしかしたら別の何かかもしれないし、そうでもないのかもしれない。

    1位『なれないのかよ!』(光)
    1:10手前歌詞『普通の人間にすらなれなくて』に対するコメントだと推測される、ツッコミが真っ直ぐ過ぎて爆笑したよ。


    2017年は本当に本当に長かったです、この1年で3年分くらいの時間の長さを感じました、いや流石にそれは言い過ぎか。
    来年はコンピを主催したり、コラボの話も出ていたり、バンド活動だったり、色々手を付けることになりそうですが、ボカロ曲も今年と変わらず沢山出せていけたらなと思っておりますので、2018年もよろしくお願いします!

    良いお年を。