ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

過去の実況を振り返って【バイオハザード4実況】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

過去の実況を振り返って【バイオハザード4実況】

2015-07-24 03:01
    はいど~もノリで生きている男達の色々やってるKuroです

    すっごい久しぶりに執筆的行為をしています。
    最近生放送やってて「あ、そういやブログ書いてたな」と思い出してキーボードカタカタしてます。
    という訳で前回に引き続き昔を振り返ってみましょう。

    やり始めた理由

    今回このバイオ4実況で、初の自分一人だけの実況というスタイルに挑戦することになりました。
    きっかけはこれまでずっと多人数での実況しかやっていなく、一人でやった事がないなと想い、これまた好奇心と勢いに乗って始めたのがきっかけです。
    なぜバイオ4なのか?と言うとバイオ5は二人プレイ出来ましたが今作は完全に一人プレイとなっていたのが大体の理由です。
    それと一人でバイオをやったことがなかったのでどういったプレイができるのだろうか?試してみたいなというのも理由の一つです。

    プレイしてみて

    4と5はTPS(Third-Person Shooter:三人称視点)ゲームだったので操作面は問題ありませんでしたな。
    唯一異なったのは一人で全て切り抜けると言う事です。
    プライベートでは主にRPG物ばっかだったのでTPSゲームを一人でやるというのは初の試みだったのでどうなるか全く検討つきませんでした。
    でもなんやかんやで徐々に楽しくプレイ出来たと思います。(小学生)
    4の時点で敵がゾンビじゃなくなってたんだなと思い知らされることにもなりましたが。

    一人で実況してみて

    今までは友人と喋りながら自然なスタイルでプレイしていましたが、今回は一人でトークをしつつゲームをしなければならなかったので初期の頃は戸惑いや迷いが中々消えませんでした。
    ゲームについて話すのか世間話をするべきか、どういうスタイルで行くべきなのかと長々と瞑想していました。

    実況して思った事とまとめ

    ヌルッと始まった個人実況処女作。
    俺一人だと視聴者の方にどう伝わるのか?それを自分で確認してどこまで満足できるのか?と先の見えない状態でしたが、コメントの方で反応とアドバイスをして頂けたのは本当に嬉しかったです。
    ゲーム自体も良い作品で最後まで楽しめたシリーズとなりました。
    さて、それでは今回はここまでとしましょう、最後まで読んでくれた方々ありがとうございました!
    ここまでの執筆は私、Kuroでした。ではまた。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。