ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • のすじいのそーさく日誌221・・春に想う・ 其の②・

    2021-05-17 13:51
    あの頃、昭和50年代前半から中盤に掛けての
    東京学生生活、殆ど自力で生活費と学費稼いだ日々。

    個人電話も債権必要な贅沢品で
    ポケベルさえまだ普及しておらず
    パソコンはほんの一部の先進機器で
    何処か猥雑で不衛生で野卑だったけど
    妙に温みが在り人の距離が近かった
    昭和最後のバブル前のあの場所に戻りたいな、と、ふと。



    思想も思惟も常識も教養も富も名誉も
    そんなもの一切要らぬから・・
    あの脳足らずな生き物とその日その日を暮らせたら。

    安い洋食屋の飯にビール一本で満足し
    銭湯の帰りに寄るコインランドリー脇の
    ひと串40円の煮込み過ぎたおでん喰いながら

    卒業したらお風呂ついてるとこ引っ越してね・・と
    少し上気した顔の脳の緩いちびデブにねだられて
    逆にこっちの頬が熱くなる、そんな時間を
    お互いのいのちの尽きるまで過ごせていたら、と。



    死にかけた壊れものは孤独な春の日に思うのだ。
    ・・しあわせって、あそこにあったんだろうなあ・・と。

    東京無情 さとうささら(ロリ声・ちなちゃん)


  • 広告
  • のすじいのそーさく日誌220・・春の参詣、ふと思い返したこと・・

    2021-04-26 13:27

    春の陽気に唆(そそのか)され、珍しくも宮詣
    故郷の山の方に在る小さな稲荷神社に行く・・
    春秋の例大祭は疫病鬼のために自粛だが
    里山の空気は澄んでいて何処か精神が鎮まる。



    やはり日本人にとって神域は心の安らぐ、身の引き締まる
    ある種の聖地でありパワースポットなのだろう。

    柏手打って、手を合わせ深く礼をしてふと思い出した事があった。
    稲荷は今でこそ商売の神にされてるがその実態の神格は怖い、と言う事。

    5年ほど前のことだ・・福岡の繁華街にある警固神社内の稲荷狐像。
    在ろうことか其の御首を落とした馬鹿愚かが居た。



    あのな、警固神社内のしかも今益神社の分社って・・

    ちょいと神道齧った日本人ならすぐ
    稲荷神社の中でも最も凄まじい荒神が
    祀られている神社であると気づく筈なんだが。

    今益というのは、代償を捧げ
    現世の利益を祈願するってえ意味で
    勿論此の場合の代償・・基本的に=命=
    大願成就と同時に代償は必ず持って行かれる。
    そういう曰く因縁のある社(やしろ)だから。

    選りによって其れもそういう荒神の神獣の像の
    しかも荼枳尼天(ダキニてん)の経文咥えた
    貴狐天皇(きこてんおう)と思しき奴に手ぇ出すとは。



    明治以降、神仏分離で・・宇迦之御魂神、
    祀るようになったから鳥居の脇に居るけどなあ。
    稲荷の本質、本体の神格は其の狐、いや、
    印度の最も狂暴凶悪で血を好む女神、ダーキニー。

    真言立川流と言う日本有数の異端仏教で
    本尊として祀られた代物だと言う事を知らぬのだろうな。

    其の取り扱いを間違えると祟る神だと言う事を。

    あの霊狐の笑いは慈悲慈愛の笑みでは無いのだ。
    暴悪大笑面という十一面観世音が見せる
    邪悪に対し一切の容赦をせず三族残らず悪滅するという表情と同じ・・

    神社に民族的崇敬を無意識に持つ日本人であれば
    余程の基地外で無ければまず・・やらねえぞ、此れ。

    思えば罰当たり通り越して不敬だよな、と呟いた瞬間
    春風の吹く里山の、人気ない参道の雰囲気が
    急に日が陰ったせいか一気に異界のような気配に変わり
    遠く聞こえていた木の枝のそよぐ音や微かな生活音がふっと消えた・・

    久々に背中がぞわっとした・・福岡の稲荷神社の写真とか思い出して。

    とおりゃんせ 緑咲香澄・CeVIO

  • のすじいのそーさく日誌219・・終了かあ・・

    2021-03-23 20:12
    ニコニコブロマガ10月で終了。

    いよいよのすじい的には居場所がなくなるなあ。
    動画貼り付け静画貼り付け長文書き込み・・

    遂には小説擬きまで貼り付けてたんだが
    一応、何処かに引っ越そうか・・
    まあ読んでくれる奇特な方も幾分居られるようだし。

    アメブロには既にブログあるんだけどさー
    あそこYouTube以外貼り辛いのよねーw
    ある種の真実書きこむと一発削除されるし・・
    まあ、ニコニコ検閲よりは、まだマシだけど。



    此処の駄文、移動させるの・・ちょい面倒だなー
    ま、ゆるゆるやりますか・・
    この先此処のブログはもう書かないかも知れんけど。

    ニコニコも卒業撤退の時期かも知れないねえ(笑)
    まあ、此の子の記憶、綴れるならどこでも好いかな・・





    木蘭の涙 銀咲大和・CeVIO