のすじいのそーさく(笑)日誌・・雨情さん好きな理由(極私的な)・・
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

のすじいのそーさく(笑)日誌・・雨情さん好きな理由(極私的な)・・

2017-07-14 16:05
    元々古風と言うか性格や風貌もどっちかと言うと純日本人・・
    俗に言う東北系の色白胴長短脚の大男というのが自分(笑)


    まあ、現段階では死にぞこないのおっさんと爺(じじい)の間くらいな年限で
    身長が180㎝(若干数ミリ足りぬが)程有り同世代では大きいほうだが
    脚の長さでは身長165㎝強の親戚の餓鬼娘に負けると言う体たらくで・・

    其の子に巨大二足歩行和猫・偽マンチカンと揶揄される親父なせいか
    醸し出す雰囲気も使う単語も何処か江戸趣味の半可通な噺家もどきなうえに
    餓鬼の頃から日本情緒的なもんが妙に好きで(笑)



    文学、浮世絵、記紀神話、風土記、各地の妖怪譚、昔話
    そんな類の代物に小学校高学年から嵌った莫迦である。
    本当は民俗学・・折口信夫とかに興味が一番沸いたのだが
    何故か大学は文学部哲学科なんぞと言う浮世離れ学科に巣食ってた。

    多分そういう性格が形成された最大の理由は母方の祖父母の影響。
    ほぼ親代わりに自分を養育した祖父母は孫から見ても面白い人たちで
    旦那の祖父は明治の田舎生まれにしちゃ珍しい大学出・・
    しかも自分の通った大学の創始者の書生だったと言う変わり種。

    実家の大きい米屋の跡継ぎだったが其の立場をひょいと放擲し
    大陸に渡って浪人した挙句満州鉄道の職員にいつの間にかなり
    シベリア抑留経験を経て日本に帰国、国鉄に滑り込んで鉄道員という経歴で
    往時の男としちゃ珍しく身長が170㎝越えてたある種の怪男児と言うか
    山中峰太郎の小説に出て来そうなけったいな爺さん・・・

    で、婆さんと言うのが此の爺さんの後妻で結構な働き者と言うか
    米屋潰して満州へ雄飛(笑)した爺さんの代わりに爺の両親の世話をし
    担(かつ)ぎの呉服商から無尽講はじめて田舎で荒稼ぎし
    まがりなりにも呉服店一軒と和装小物商う店舗一軒、独力で起こし
    戦後のどさくさの中帰還した爺さんと子供二人速攻で拵えたと言う
    150㎝に満たぬ背丈の強烈なスタミナ婆(ばばあ)・・・

    諸事情あって自分は物心ついてから高校生半ばまで
    此の祖父母に養育されて育った一種の爺さんッ子婆さんっ子なのだな。

    小学校のころ、本が読みたいと言い出した餓鬼の自分に
    祖父がよこしたのが押川春浪や山中峰太郎、香山滋の少年武侠小説で
    祖母が買い与えたのが大量の図鑑と大百科事典だった(笑)

    此れがその後の人格形成に大きな影響を与えたと確信してる(爆)

    で、此の豪快無比、特異極まる祖父母の共通の趣味と言うか好みが
    大正浪漫溢れる小唄端唄新民謡に俗に言う詩の文芸誌だったらしく
    蕗谷虹児の銀の吹雪と言う詩集兼画集が初版に近い刷りで残ってたり
    小川未明の参加した赤い鳥が残ってたりしたのだな、自分が餓鬼の頃。



    特に野口雨情の絡んだ童謡は祖父母が子守歌代わりに教え込んだと言うか
    七つの子だの雨降りお月だの波浮の港だの證誠寺のたぬきばやしだの
    青い目の人形だの赤い靴だのさんざ電蓄で聴かされて育ったわけで・・
    あと北原白秋、西城八十、町田華宵、佐々紅華、竹久夢二なんてえあたりは
    どういう人かすら知らんうちから聞き覚えで名前知ってたし。

    其れが縁(ゆかり)か如何か知らんが・・此の歳でニコ動に嵌り
    俗に言うおっさんホイホイな動画捏ねくり上げるに於いても
    何となくそういう類の明治・大正浪漫な代物を拵える傾向が(笑)

    そんな状況下、今思ってんのは森進一のあるCDの完全カバー(笑)
    野口雨情の詩を全て浜圭介が作曲しリリースした=劇場の前=と言うアルバムの。

    其の第一作が実は此れだったりするわけなのですなあ・・

    劇場の前 銀咲大和(CeVIO)


    全部で10曲ほど入っている此のCDの中からマイナーな奴優先で
    CeVIOシステム人工音声でカバーして見たいなあと今思ってたりする親父。

    何にせよ、まだいろいろと勉強が必要だな、と・・つくづく思う。
    動画も人工音声も・・あと、色鉛筆による戯れ絵も・・

    若い人たちに混じってこういうトコに在住する気の親父の
    まあ、死ぬまでの稀少な道楽という事で・・皆さま大目に見て戴きたく。

    時々エロ淫筆な絵描いたり、とんでもねえ曲もってきたりするけど(笑)








    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。