のすじいのそーさく日誌40・・・萌え絵受難時代?・・・
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

のすじいのそーさく日誌40・・・萌え絵受難時代?・・・

2017-08-31 02:26
    最近、ネットで弾圧されてるらしい・・かなり一方的に。
    まあ、戯絵・イラストなんぞと言うものの評価は好き嫌いの塊で
    ヘタウマなんてえジャンルも存在するくらいのある種特異な=戯(ざ)れ=だ。

    特にアナログ画材使用頻度が高いほど絵の巧さは露呈する。
    あと基礎素養、美術的なデッサンとか構図の蓄積の有無も。

    自分の描く絵は其れゆえ絵以前の=戯れ=だと常々思ってるし
    他人から見たら稚拙な落書きにしても描く本人は=萌えて=描いてるわけで
    其れゆえ自分の描くキャラに無体な事はなるたけしたくない(爆)
    本格的なエロ絵とか描かなくなってきたのは其れゆえかも・・

    まあ、二次元の具現妄想であっても一応は=愛=が基礎で出来上がってる、と。



    下手くそなアナログ絵を描きなぐって時に動画にしたりしつつ
    実際、この壊れおやじは何処かでそう想ってたりもする・・

    まあ、時に脱がせたりもすれば性的アナロジーが混入する場合も多いし、
    描き手が親父たあ言え男だから・・しかも・・
    過去の美化されたトラウマが画題の場合が殆どなので
    描くのは少女と言うかポテロさんが描きそうな
    小デブの娘ばかりなのは経歴と性癖と描ける絵柄の限定と
    どうせ描くなら好きな物と言う自然の希求から・・なので仕方ないが(笑)

    そんな自分から見ると・・昨今フェミニズムと言う名のナチズムが
    この国を闊歩しようとしているようにさえ見えたりして(笑)

    其れが最近顕著になってきた萌え絵の駆逐にも関係するような気もする。

    その、何というか・・絵柄の巧い下手・好き嫌いじゃなく、
    乳とか股とか(性差表現)の部分が強調され過ぎで、
    出て来るのも女だらけ、一方的性的(ジェンダー)バイアスが
    かかってるのが全面的に良くない、駄目だ・・許せない!

    そう文句を言って焚付け、世論を煽っているのって逆に
    “自称フェミニスト”を名乗る性差ファシストなんじゃねえ?と、個人的には。

    たとえば、以前、話題になった美濃加茂市の
    「のうりん」の巨乳キャラ広報ポスターも、地元では容認された。

    まあ、此のポスターが「不快だ!」などと
    ネット上で批判が始まったのは15年11月28日ごろから。
    市の観光協会によると、「いきなり」だったという。



    このキャラのポスターは公開してから約1か月間、
    地元民に批判されたことは一切無かった。

    批判の多くは地元以外の人たちではないか、
    と、観光協会では分析していたが・・まさにその通り。

    まあ、「エロ」とか「萌え」とか、
    この場合のクレーマーにとって
    そんなのは実際の処・・本当の問題ではなく、
    『性差の表現』が感じ取られる制作物に、
    フェミニストたちが“異常な危機感”を表明したと言う事か、と。

    元来、そのイラストが「萌えキャラ」や
    「アニメ風」ということではなくても、
    別の手法で例えば芸術的なタッチで描かれていても、
    『性差の表現』が感じ取られる制作物であれば、
    フェミ・ナチたちの言うところのジェンダー・バイアスで
    地上に存在することさえ「気に入らない」のだな。

    つまり、この問題の背後には在る種の偏向思想。
    「“性差”は表現されてはいけない」という
    『幾分異常なレベルのジェンダーフリー思想』があり、
    攻撃側に明らかな“政治的意図”がある訳だ。

    因みに「性差はあってはならない」とする
    “男女共同参画”の理想とする生物は
    「雌雄同体のカタツムリ」 だそうである・・・

    其の方が余程異常で気持ち悪いと思うんだが。

    これは、以前の“福岡市カワイイ区”イベントへの
    「可愛い女性のみを持ち上げるのはけしからん」と言う
    無茶な抗議と同様、 公的イベントに対する
    “フェミニスト”たちの『性差表現』“規制”、
    明確な言論弾圧、『言葉狩り』と同根の偏向でもあると思う。

    此れを許容すれば此の先・・もう『峰不二子』のような
    “性差”を「具体的に表現」した“名キャラクター”は、
    “創造してはいけない”ことになってしまう気も。 

    此れこそ「表現の自由」の“侵害”にほかならぬ蛮行だろうに。.

    故に小生は多分息の続く限りどっか古臭い
    見たところおんな、な色鉛筆戯れ絵を描き続けるだろうと思う。
    まあ、時々は男や動物や景色も描くんだけどね。







    しかし、自分の絵は萌え絵の範疇に入るのか否か?
    実は根本的に其のあたりが疑問なんだよなあ・・
    色鉛筆画ならぬ色っぽい鉛筆画、とは言われたこと在るけど。



    まあ、キャラが此れしか描けぬと言うのはこの際おいて置いて(笑)

    無差別な弾圧は正直勘弁して欲しいものだ、とも思うけどね・・
    一応、危険と思ったものは年齢制限するか春画扱いにしてるし。

    実際こういう少女漫画のような動画のネタ絵も描く事だし・・・
    (ある意味、此れ肌色の多い姉ちゃん描くより恥ずかしいんだわな~笑~)

    あ、あと無意識に胸部が肥大した姉ちゃんを描いてしまうのは
    母性への憧憬と豊穣女神信仰の故、とでも・・(笑)











    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。