のすじいのそーさく(笑)日誌60・・・実は二回死んでたらしい・・・
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

のすじいのそーさく(笑)日誌60・・・実は二回死んでたらしい・・・

2018-02-21 11:43
  • 2
昨日午後遅く、急遽退院の運びとなり娑婆に出てきた。
実はひと月半某大学病院に入院してたので。

ひと月半前、其の病院通院中・・急に心停止して7分。
一週間ICUで過ごし、一般病棟に戻っても床上安静で
本日の退院時でさえほとんど歩けず立つのも支えが要る。
しかも其のICUでも致死性不整脈起こして4分ほど心臓止まるw

倒れた場所が病院で無ければ9割がた絶命か脳障害だったそうな。
本当に二度死んだという実感を退院後の肉体で顕著に感じる。

右手の感覚も鈍り、パソコンキーボード打つのがやっと。
短い余命のうちに、また色鉛筆が持てるかもわからないが・・

其れでも医者は左心室内壁をレーザーで焼き血管を弄り、
左肩に心臓を緊急時動かす除細動器という機器を入れた。

心臓が停止する致死性不整脈の時体内で電気ショック起こすのと
其の不整脈を戻す電気パルス自動で送り出す自動制御の最新機。

保険きかなきゃ手術手技込みで500万と言う高級車並みの代物を。

これ以上は治療も回復も望めない、と淡々と行われたインフォームドコンセント
あとはご自身の生きる気力次第、とも言われた。

入院中ずっと本当に助ける必要があったのか、こんな壊れ者を・・と自問自答してた。

まあ、其れでも生きてるから仕方がない・・運命とはそんなもん

春が来る頃には最後かも知れぬ桜を愛でられるほど
杖を突いての歩みが可能になれば僥倖なのだが。

そのせいか・・妙に遠い、甘い記憶のみ思い出す・・
そう、今回は迎えに来てくれなかった遠い昔に夭折した女。
いや、少女かもなあ・・そいつの墓にも行っておきたいな。




結局、人生なんざ一睡の夢、邯鄲の枕で見た夢・・か



実際インターホンに出るだけで一苦労・・宅急便主体の生活だから厳しい。
大腿から膝までの筋力ほぼ無くなってるな、屈むことなどほぼ無理。
座椅子に掴まってよっこらしょ、と声出してようよう立ち上がる(笑)

まあ、二度死んだことで脳の一部も死滅したせいか
殆ど足萎(な)え同様の状態で帰宅、現在這いまわり如何にか暮らしの準備。
今まで気づかぬ部分の内出血や感覚・運動障害がちょこちょこ出てくる。

さて、残った余命・・どう生きようか・・就労許可は生涯出ないとも言われ
必然、失業保険も出ないことになったんで、幾分苦しいんが。
アレは就職できる肉体の持ち主でないと出ないそうな・・まあ、失業だからねえ。

とりあえずまずは戯れ絵が描けるまで・・感覚を取り戻す訓練。
そして最後は都電荒川線に乗りに行きたいなあ。
ああ、今は東京さくらトラムって言うんだって?
微妙に気取ってるが悪い名前じゃないな、あの沿線、桜多いし。



あいつの墓 東京にあるんだよな・・神奈川に近い・・。

ああ、骨、盗んできて小生の樹木墓碑に共に埋めてもらう・・
病的で偏執な妄想さえ幸福な色合いで浮かんでくる。
小生はやはり、生まれつき何処かおかしい生き物だったのだな。

何れにせよ皆様の激励と暖かいレスが病躯を何とか持たせてくれたのに感謝。

特にジョニーさんのmy little girl動画、赤咲君の歌で己が稚拙な戯れ絵が
幾層倍に切ない雰囲気のものに変わってるカヴァークリップ。



何度病室の中で見たことだろう、改めて感謝させて戴きたく。
其れに入院後UPだけした拙作広告戴いた皆さま、ご覧戴いた皆さま。

恥ずかしながら帰って参りました(敬礼)・・まあ先の保証はないけども(笑)
早速、在りものの材料加工して・・趣味と追憶に走ったモノ、拵えるつもりです。

とりあえず、誰得な昭和のラジオ復元、トークロイドラジオかなあ。











広告
×
何はともあれ、おかえりなさい。
31ヶ月前
×
>>EZORONINさん 有難うございます、日常生活にまだ支障はあるっすが、何とかやっていこうと。
          広告、感謝です・・昭和のラジオ、好きだったな・・特にローカル深夜、中波で聞くの。
31ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。