のすじいのそーさく(笑)日誌71・・本来は守り子の労働歌で=竹田の子守唄=
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

のすじいのそーさく(笑)日誌71・・本来は守り子の労働歌で=竹田の子守唄=

2018-05-20 14:57
    其の透明感のある声とハーモニーで
    日本フォークの原点のひとつになった赤い鳥というグループがあった。

    其のグループの最初のヒット曲、1969年にヤマハのポプコンで唄ったのが
    良く知られた=竹田の子守唄=と言う曲なんだが・・
    今回、此の曲をCeVIOで作ってみた、緑咲香澄さんメインのボーカルで。


    で・・あえて良く知られた歌詞も合わせ、原曲の歌詞をほぼ再現
    メロディのみ赤い鳥のものにして拵えてある。

    理由は此の曲が子守唄である以上に
    守り子奉公の少女たちの労働歌であり恨みのうたであり
    其処に被差別問題が大きく影を落としていたから。

    この曲の元唄は広く京都一帯の旧被差別地区に伝承されていて
    関西のアマチュアフォークシンガーたちに採譜された場所が
    京都伏見の竹田という場所だったので竹田の子守歌と呼ばれたのだな。

    其のメロディは赤い鳥の其れとは幾分異なり何処か鄙びていて
    更に悲痛なもの、哀切なものがあるのだが・・
    其の要因の一つに此の唄を歌い継いでいたのが被差別地区の
    守り子奉公と呼ばれる殆ど奴隷に近い労働環境の少女たちだったことがある。

    ※知己のアマチュアシンガー歌う竹田の子守歌原曲、フォークソング風
     原曲に戯れ絵付けたものですが興味が在る方は以下のアドレスを※
    https://www.youtube.com/watch?v=nqTEZeOWi34

    守り子奉公は其れこそ10歳くらいから娘になるまで続き
    無体な折檻や栄養不良で死んだりした少女や
    逃げて里にも戻れず最低ランクの売女に身を沈めたもの
    奉公先の旦那や息子に玩具にされて孕んで死んだもの
    数限りない哀しすぎる話があちこちに伝わるという。



    人間は時にどんな獣より無残で傲慢で愚かだ・・

    童女を家族の前で切り殺し、拉致して殺した遺骸を電車に轢(ひ)かせ
    自分より弱いものを傲然と蔑み苛める・・何も変わっていない・・

    遠い過去の話として語られる時代から少しも変わっていないのが現実だが。

    そしてこの唄はヒットの後、其の伝承の由来を危惧した放送メディアにより
    要注意歌謡曲、俗に言う放送禁止歌として長く葬られて来た。
    しかも自主規制という名の保身的な逃げ、営利企業の欺瞞によって。

    日本の電波メディアの身勝手さと傲慢さが良く判る気がする・・
    ひと時、あの業界の禄を食んだことがあるだけに実感として。

    じつは自分は田舎の民放で長いこと広告や報道制作の現場に関わってた。

    慢性過労と其れを更に酷使する労働環境の中で肉体を酷く壊し
    其れを理由に馘首され、今は小遣い稼ぎの在宅仕事しながら
    戯れ絵描き、異次元な今風じゃない動画拵えていたりするのだが
    在職中にラジオの番組を数年担当したときに
    此の曲の要注意歌謡扱いがどうにも納得できず
    各所関係機関や被差別解放団体に無謀にも問い合わせ(笑)
    許諾貰ったうえで夜間帯深い時間のローカルラジオでこそっと放送し
    翌日、担当常務と局長に呼び出され譴責処分と顛末書食らった経験がある。

    もう、30年は前の昭和の頃の・・若気の至りな記憶だが(笑)

    まあ、其の行動の遠因は・・自分の愛した唯一の生き物の家と言うか一族が
    ある種の神社神道に関わる特異な集団に属してたと言う事情と
    其れがゆえに一緒に成れずに死別してしまったことへの悔恨があるのだが
    あえて細かくは書くまい・・アレはまだ自分の胸中で生きているのだから。



    まあ、自分が家族縁薄く親戚付き合いもほぼ無くなった遠因も其れなんだがね(笑)

    其の後、幾多の制作者の努力で此の曲は1980年代放送自粛を解かれた。
    まあ、最初から放送側が勝手に予防線張ったというか
    奇妙な理屈で差別意識の本質に触れず回避してただけのことだが。

    実際、商業放送は利潤追求企業でしかないうえに免許制という枷が在るから
    怖いものには触らずという雰囲気が往々にして有るのだな。
    現実の政権の揚げ足取りや重箱の隅突きが大好きなのも其処に起因する。

    本当に怖い、影響力の強い被害が自分たちに及ぶような組織集団には
    絶対に触らないし言及すらしないけどねえ・・














    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。