のすじいの創作日誌87・・冬のはなし①
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

のすじいの創作日誌87・・冬のはなし①

2018-11-22 15:34

    小生の稚拙なアナログ戯れ絵動画の中で
    CeVIOでおっホイという難儀な状況ながら
    ある意味再生数が個人的に突出してると思しき・・

    二年近く前の冬、2月にYouTubeから移籍して
    歌をCeVIOの緑咲香澄さんに代えた代物。

    まあ、その後原曲を歌唱してたフォークシンガーが
    逝ったという社会状況変化もあるのだろうが・・

    ぼくたちの失敗・・緑咲香澄(CeVIO) 原曲 森田童子


    まあ、想像するに多分・・此処には戯れ絵描いた壊れ者の
    長く静かな追想と慟哭が混じってるからだろう。

    冬、この時期に成ると思い出して少し笑い
    其のうちに気がつくと微妙に落涙してる景色・・

    くそ長い網目のぐちゃぐちゃな毛糸のマフラーを
    斜め上下に引っ張り合いながら歩いた東京の道とか

    銭湯の帰りにポケットまさぐって買った
    近所の揚げ物屋のひと串30円のおでんの妙に染みた大根とか



    ほぼケミカルな味で後味が悪甘い、たい焼きの漉し餡も
    アパートに帰って作った冷蔵庫の残り物入れた
    賞味期限ギリギリのメーカー名聴いた記憶のないラーメンも
    其処に食パンの耳、最後浸して喰うのに
    残りスープお湯足して均等に分けたのも

    1本90円の八勺の産地不明な熱燗の徳利
    熱すぎて持てずにハンカチ巻いて注いでた
    池袋の名も忘れた激安居酒屋のカウンターも

    其処の店員にちんちくりんの奥さんだねと
    小馬鹿にしたような冗談を言われて
    真顔で、ねえ、奥さんに見える?と聴いてた
    あの脳足らず寸足らずの邪気のない笑顔も。

    たぶんそんなもんが此処に詰まってるからだろうと(苦笑)




    さて・・残り僅かな残余の生、遠い記憶に生きるのも佳し、か。

    そのせいか、のすじいは最近流行のカバー、出来ねえんです(笑)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。