のすじいのそーさく(笑)日誌90・・真っ赤な自転車
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

のすじいのそーさく(笑)日誌90・・真っ赤な自転車

2019-01-07 23:55

    此の曲も35年近く前になるのかあ・・発売。
    秋元康の詞じゃ一番好きかも。
    最初聴いたのは20代のころだった気が。

    日本に着衣の淫猥を集団お遊戯で広めた
    大人の親父の放課後幻想の使徒(笑)だった
    おニャン子クラブのヒット曲。

    真っ赤な自転車 CeVIO女の子クラブ+1(笑)

    でも、此れ、珍しく歌詞が照れつつ青春してて
    秋元の一連の詞の中じゃ素直に良いのよね。

    デビュー曲のセーラー服を脱がさないで、と、次の
    およしになってねTEACHER、なんざあ
    社会人に成ってた小生が赤面したくらい
    可愛いでコーティングしたエロ歌だったもんな。



    そのあたりが平成のAKBとは微妙に違うというか
    おニャン子っていい意味でのごっこ遊びを
    結構な金掛けて本気でやらかした存在。
    もちろんタレント高校生選びはプロデューサーの大人目線。

    其れも大人の男が餓鬼の頃の願望、具現化しようとした
    ある意味で凄く純情で微妙に淫猥なプログラム・・

    まあ、それだったから人口に膾炙したんだろうけど。

    多分、夕焼けニャンニャンって青春時代に
    思いっきり放課後をエンジョイできなかった親父が
    自分の好みの放課後のクラブ活動とか
    教室の戯れとかを再現したもんだった気が・・

    兎も角、此の曲は良いよ・・昭和ポップの真髄でw

    小生のとこの人工音声女性3人+変声おねえで拵えました。
    ちょいと懐かしがってくれると嬉しかったりしてw

    個人的には上級生男子の自転車に三角乗りしながら
    男の子の草野球覗きに来るちび少女の自転車乗りが
    うん、萌えるんだけどねえ・・生き物として可愛くてw






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。