のすじいのそーさく日誌107・・あした天気に・・・
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

のすじいのそーさく日誌107・・あした天気に・・・

2019-06-18 13:34
    基本的に梅雨が無い北海道以外、ほぼ梅雨入りして一週間。

    降るとこは相変わらず降ってて豪雨のニュース多いけど
    自分の故郷の越後、県都の付近は幸か不幸か雨が少ない今年の梅雨。

    まあ、最後のほうで辻褄を合わすようにどっと降るんだろうなあ
    だいたい一年おきに少雨と多雨がくりかえす日本海岸穀倉地帯。

    田圃のあぜ道や学校、神社の境内、ちょっとした庭先・・
    そろそろ盛りに成って来たよ、紫陽花・・あのごちゃっとした花。



    紫陽花の花言葉は結構いっぱいあって
    「青=辛抱強い愛情」「ピンク=元気な女性」「白=寛容」
    その他に多色の花ゆえか=移り気=なんてのも。

    金雀枝とか紫陽花、小さい花が群れてて好きなのよね。

    東京の新下町、都電沿いの路地小路の長屋
    線路沿いに柵隠しのように植えてあったり
    文京区の白山神社には見事なほどの群生が在って
    20代の頃見に行ったな、で、雨に降られて
    連れのちびデブが次の画のようなご褒美カットを・・・
    あ、あんまり色気方向にもって行くとまた検閲食らうかw



    あ、あと今年の梅雨は意外に出番少ないか、な
    てるてる坊主・・子供の頃作らされた晴れ乞いの呪物(まじもの)

    実はてるてる坊主に似たものは中国の民間信仰にも。

    遅くとも唐代から晴れを願って紙で作った
    =掃晴娘=の人形を家に吊るす風習があった。



    箒(ほうき)だの叩(はた)きで天の雲を払って
    掃除しつつ青空を呼んでくる姉ちゃんって発想が
    微妙に大陸的で此れは此れで可愛いんだけどね・・

    のすじいが思うに、此れが律令や雅楽と一緒に
    往時の日中交流の唯一の方法、遣唐使船あたりに紛れ込み
    朝廷の官女あたりの遊びからお雛様同様に
    民衆に拡散しつつ変貌していったのかも知れず。

    まあ実際は此の紙の坊主、字義通り人形(ひとがた)で
    一種の神に願いをかなえてもらう代償だったのよ。
    だから吊るすときは半分に切ったり逆さに吊るすのが本義。

    要するにてるてる坊主は生贄の形代なのですな。

    江戸城に居た低級の侍者、お数寄屋坊主
    講談や歌舞伎の河内山相俊で知られてるが
    アレも本来は戦国時代、僧形の下人を
    戦陣の先頭歩かせ、開戦前に必勝を祈願して
    首切って供えた=血祭坊主=の名残だそうな。

    其れゆえ、もしも晴れたら甘いお酒を、というか
    瞳を書き入れて神酒を供え、川に流す・・

    祈りはある意味呪(しゅ)であり
    効果が大きければ大きいほど反動も大きい
    其れを回避するために背負って消えてもらう
    其れがてるてる坊主の運命なのだな。



    因みに此の童謡には消された幻の一番がある。

    ♪てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
    もしも曇って泣いてたら 空をながめてみんな泣こう

    作曲者の中山晋平があまりに暗すぎると言って
    独断で削除したそうである・・此の本来の一番の歌詞。

    でも・・♪そなたの首をちょんと切るぞ♪・・のほうが
    色んな意味で危ない気もすんだがなあ、令和の御代では(笑)

















    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。