のすじいのそーさく日誌130・・踊るように夏が逝く・・
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

のすじいのそーさく日誌130・・踊るように夏が逝く・・

2019-08-25 15:07

    8月もあと一週間を切り、晩夏という時期に・・

    夏の終わりは微妙にこころが湿(しめ)る
    過ごした時間が華やかな故だろうか。

    西瓜喰ってカブトムシ採ってプール行って
    宿題の朝顔の成長記録つけて草野球して
    ああ、その帰りに飲むコーラのホームサイズが
    此の世で一番の豪遊だと思ってた餓鬼のころも

    色々余計な感情を知り染め、他郷の夏祭り
    誘い出した後輩の浴衣のうなじに萌えたり
    握った手の微妙な熱さにときめいたり
    抱いた時の躰の柔らかさと重さに温もり覚えた青年の日も

    夏はいつも駆け足でやってきて・・踊るように逝く。



    大学時代、夏休みもバイトと吹奏楽に明け暮れて
    帰省もせず楽器吹いてた20歳ちょいの頃。

    なにせ吹奏楽コンクールの大学予選とか在って
    自由曲と課題曲、譜面覚えるまで吹いてた記憶。

    身体が抱きかかえたチューバの金属臭・・
    緑青と言うか金気の匂いが取れなく成るというか・・
    時に触れ続けの左腕の前腕が青く染まっちゃって

    銭湯で皮が剥けそうなくらい擦っても取れないほど
    何か判らんけど必死こいて練習してた夏。

    往時つるんでた少女は微妙に脳の緩(ゆる)い~笑~
    幾分以上に=お莫迦=で幼い奴だったが・・
    そいつも夏の暑さにぶち壊れ、時折奇矯な行動をして。

    何故かマルハの魚肉ソーセージが好きな奴で
    弁当どころか時におにぎりの具にするような
    魚肉ソーセージ愛~爆~あふれる奴だったんだが

    其れを一本まるのまんま人前で喰うと言う~笑~

    いやね、エロいと言うのも在ったんだけどさあ
    其の・・直視するとえらく=痛い=んだわ・・

    そう、男性が基本有する外性器の一部分が(爆)

    まあ、あれはほおばると言うか、
    自分なら1本のまま咥えるのが普通だったけど ・・
    まあ、男じゃ色気も無いわなあ・・

    あ、バナナも同罪(笑)・・しかも
    更に強力・・
    状況によっては淫猥ですらあったかも(爆)


    安アパートで二人きりなら多分押し倒してたけど
    囲に人がわさわさ居る某地蔵通りのベンチとかで
    無意識に旨そうに喰うと言うか弄(ねぶ)ると言うか(笑)

    いや、若い兄ちゃんだった自分の
    妄想爆裂なのは当然にしても
    本人は餓鬼同様の無意識・・だったんかなあ?

    へっへっへ、とか妙な脳足らず笑いを漏らしつつ
    ~せんぱぁい、続きはぁ?・・今晩も=食べまつ=かぁ?~
    ・・と、意味深に笑ってこっちの下半身を見・・・

    いや、此れ以上書くと検閲されそうなので止すが・・(苦笑)

    唐突に思い出したシーンを前に描いてた自作小説の
    キャラクター2匹で再現した絵を描く莫迦親父。




    今度、此のブログに再録しようかしらねえ・・
    おっホイの紹介生放送も下手すると消えていきそうな
    運営のいきなりのシステム改悪もあって
    作画欲求、現在だだ下がりしてるし・・

    ともあれ此の夏も盛りを過ぎたようだなあ・・
    最高気温30度切る日も出てきたし
    セミの声も種類が明らかに変化して・・

    ああ、踊るように夏が逝くよ・・今年もまた。
    次の夏を迎えることが出来るかねえ・・自分は。
    迎えられりゃまあオリンピック、見て死ねそうなんだけど。

    そうだ、もう一度あの東京の新下町の神社の・・
    あれと二人で彷徨った祭りの縁日、訪ねてみたいな。
    今生最後の記憶の縁(よすが)に。

    ※其の縁日の事はこっちの駄文に綴ってあります・・
    https://ch.nicovideo.jp/nosutaru-g/blomaga/ar1471891

    夏祭り(ジッタリンジン) 【さとうささらカバー(CeVIO)】




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。