のすじいのそーさく日誌134・・美酒馥郁(ふくいく)・・
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

のすじいのそーさく日誌134・・美酒馥郁(ふくいく)・・

2019-09-11 03:22
  • 4
孤影に明け暮れてはや半世紀以上

時に病躯を癒す美禄にめぐり合うくらいが
ささやかな安らぎと楽しみなのすじい。

肉体的諸事情で主に最近はウィスキー主流なのだが
やはり倭漢(やまとおのこ)の性(さが)か
無性に日本酒が飲みたくなる時が在る。

故郷は酒処、一頃は淡麗辛口なる日本酒が全盛で
数多の酒蔵全て右に倣えに成るか、と思いきや
流石は越後人の筋金入り頑固の美質ゆえか
相変わらず昔ながらの味を保つ気概の酒蔵もまだ多い。

肉体壊して以降、紅灯の巷にも出られぬ日々が続いている故か
ふと、そんな新潟の美酒の事など思い出す莫迦親父(苦笑)。

行きつけの酒場、初見の店に関わらず
置いてあれば飲むという日本酒の銘柄が誰しも在る。

のすじいの場合、その一つが=鶴の友=という新潟市の地酒。
樋木酒造という・・在る意味日本でも稀有な酒蔵が醸す酒なのよ。

大雑把に分ければ淡麗辛口の部類に入ってしまうのかも知れんが
ただ、此の酒は他の其れとは何処か違う気がする。

どんな旨い日本酒でも必ず癖と言うか特徴と言うか
絶対に消せない何か突出した個性のようなものが在る。

其れゆえ個々の酒には其々の愛好者が生まれるし
いや、俺はちと駄目だ、と敬遠する向きも出るのが常道。

この=鶴の友=には不思議にその~出っ張った処~が無い。

いや、特徴が無いという事では決して無いのだ。
淡麗のカテゴリに収まらぬほどの酒の旨みがあり・・

最初の一口を含むと何か遠浅の綺麗な海辺に
さあっと潮が満ちてくるような馥郁とした味と香りがあり
喉越しもまた静かに潮が引いていくような余韻を有する・・
本質は極めて味の濃い、いや、はっきりした酒と思う。

其れで居て此の酒には・・・何処も
出っ張ったり引っ込んだりするような
無駄な色が無い・・そんな気が。

$のすたる爺こと六師外道の文字遊戯。

大吟醸でも何でもない・・上白1800ml 1800円。

普通に当たり前に家庭で飲まれるクラスの此の酒に
ちょっとぬる目の燗なぞつけて含んでみれば判る。

個人的には冷や中心の酒徒を自負する自分だが
此の=鶴の友=はぬる燗で飲んだほうが多分=旨い=

1ランク上の別撰なら尚の事、気分良く酔えるというモノだ。
 
古い黒光りした大黒柱のある商家の居間
着飾る着物ではなく働く着物を清楚に着た若女将。

其れで居て何処かに隠し切れぬ色香と豊かさを
傍に気づかせぬ程のさり気なさで併せ持つ。
そして何より、其の手は・・暖かさと優しさに満ちている。

のすじいの妄想に過ぎぬが、此の酒は・・
多分、そんな古き良き日本女性のような酒だ。

樋木酒造の酒蔵が今も
時が止まったような佇まいを残すように
此の酒も・・柔らかな慎ましやかな・・・
其れでも凛として豊かで潤いに溢れた
麗人の艶やかな笑みの如き酔いを与えてくれる。




時に永劫とも思える病躯との暮らしに疲れ
逝くまでつづくであろう孤影に疲れたとき・・

莫迦親父は独り此の美酒を含んでは己が傍らに
そんな優しい面影の幻影を見たりする・・




などとまで書いたら其れは三文小説の域になるのだが。
其れも酒場文士が気張ってものにした習作の如き初心さ加減の・・(苦笑)

昭和流れうた 緑咲香澄(CeVIO)



広告
×
岩手には「岩手川」という酒があった。
酒蔵はもう廃業したので、もう飲むことはできない。
ときに、当たり前のように飲んでた酒がを飲みたくなることがある。

酒はなくなっても、この歌は今でも岩手県民の心にしみこんでいる。
♪いわーて ふるさーとーよ~
https://www.youtube.com/watch?v=aE-apiTrw5Q
12ヶ月前
×
>>オリオンPさん
新潟も108軒あった地酒蔵が今は80数軒になりました。
近々では上越の旧三和村にあった野崎醸造の=圀の華=
2010年代になって廃業しちゃった好きな酒蔵でした・・
此の鶴の友は地元では寒梅八海山より旨いという人も居る
隠れた新潟地酒です・・他にもいくつか在るんですけどね・・
此のCMソングは素敵です・・1分の長尺も時代感じますねえ。
たぶん番組提供用のCMだったんじゃないか、と。

12ヶ月前
×
父が学生の頃「鶴の友 純米酒」を仲間とよく飲んだそうですよ 色と香りが濃くてうまいのだとか
あと「月不見の池」や「緑川」が好きだそうです
我が家に日本の名酒事典という本があるので時々わたしも読んだりしてます
12ヶ月前
×
>>sasaralabさん
緑川は旨いねえ・・魚沼の小出町にある古い酒蔵でだいぶ以前から純米酒出してたなあ。
新潟の地酒は百花繚乱、端麗辛口だけじゃないのが歴史を感じさせます。
のすじいは鶴の友や村上大洋酒造の新潟県産酒米、越淡麗で醸した純米大吟醸とか
夏子の酒のモデル、久須美酒造の清泉、佐渡の北雪、小千谷の天神囃子、
まだ発酵が残ってる濁り酒な=常盤松 純米本生原酒 活性にごり酒 (純米大吟醸)=
そんなとこが大好きです・・日本酒も三造酒がほぼ消えたから美味しいの、多いですよ。

12ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。