のすじいのそーさく日誌165・・冬の恋は太目が好いw・・
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

のすじいのそーさく日誌165・・冬の恋は太目が好いw・・

2020-01-09 00:52

    冬・・ミニスカで大根足で
    更に短脚大腿むっちむちな
    尻と乳が肥大しすぎな短躯の
    童顔脳足らず娘に缶コーヒー飲ませ

    公園の隅っこのベンチを占拠しつつ
    風よけになりながら隣に座ってる時に伝わる
    妙に幸福な温みと=圧力(笑)=



    ・・せんぱぁい、動くと風よけにならないぃ・・
    ・・おめえ、表面積広すぎだ、肥えやがって(爆)・・

    太目な恋は冬が倖せかも知れず(爆)
    で、珈琲で足らずにたい焼き喰って
    そのまんま暖房探しに喫茶店か図書館。

    早い日暮れの頃には近所の老人餓鬼に交じり
    一番風呂に近い銭湯で茹ってから炬燵。

    インスタントラーメンに野菜とソーセージの
    朝鮮軍隊みたいな謎鍋と食パン喰って
    脳足らずにも程がある会話、夜更けまで・・

    おチビちゃん かすみおねえさん(CeVIO)


    ああ、まだ記憶の片隅に残ってるw・・猥談にすら届かん莫迦会話。

    ・・せんぱぁい、あるばいとって何語ぉ・・
    ・・独逸語で=労働=って意味だ、うん・・

    ・・にくたいろーどー?せんぱぁい?=・・
    ・・ま、まあ仕事全般を総称してるらしいなあ・・

    ・・H(えっち)もにくたいろーどーって
      前、言ってたからあ、=あるばいと=なのぉ?・・

    ・・アレはScheiße(シャァイスゥ)だっ・・
    ・・しゃいすー・・あ、アイス食べたくなった~・・

    ・・お前、まだ喰うのかよっ(爆)・・
    ・・考えると脳が減るからおなか空くのぉ!・・

    今にして思えばアレの存在其の物が
    一種の=哲理=だったんかも知れんなあ(爆)

    ああ、もう一度感じたい、あの妙な温(ぬく)み。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。