のすじいのそーさく日誌182・・向日葵・・
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

のすじいのそーさく日誌182・・向日葵・・

2020-07-23 23:59
    巧いグループだしヒット曲も多い。
    誰でも知ってる結婚披露宴の昭和の定番曲から
    純粋フォークソングまで・・

    何よりも二人に成ってからのハーモニーと
    歌唱の感情のこもり方に破綻が無いんだな。

    チェリッシュはそんなデュオ。
    ダ・カーポの何処か同一性を持つ声のハモりとは
    また幾分違った異なる色合いの声の重なり。

    まあ、ボーカルの悦ちゃんの声が
    天賦と言ってもいいくらいの美声なのもありけど。

    だいぶ前だが一番好きだった曲を人工音声
    CeVIOというシステムの其れでカバーした。

    まあ本物には遠く及ばないけど
    此の曲の風情をのすじいなりに浮かべた
    色鉛筆戯れ絵などいつものように付けつつ。

    梅雨空がもたらす雨が災いに成らぬよう
    ささやかに祈る代わりに・・・。



    ひまわりと言えば7年前・・
    ある絵を描いた・・柄にもなく真顔で。

    阪神淡路震災で逝った少女の
    眠る場所に咲いた向日葵。



    其れは後に東北大津波、大震災の
    復興の地にも植えられた。

    そして日本全国あらゆる場所、主に被災地に種は受け継がれ
    今も夏に成れば大輪の花を天に向けて咲かせている。

    はるかのひまわり、と呼ばれる
    地震で逝った少女の名をとった花。
    彼女の逝った場所に毎年自生した
    大輪のひまわりの花の子孫たち。

    夜の空を見上げ・・ふと思い出し・・そして祈る。
    彼らのために華やかな手向けを捧げる事は出来ぬが。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。