のすじいのそーさく日誌186・・夏味(なつあじ)・・
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

のすじいのそーさく日誌186・・夏味(なつあじ)・・

2020-08-14 19:35

    盆のころになるとふと心太(ところてん)とか
    新潟ならいごねりとか食いたくなる・・
    いごねりってのはイゴ海苔という海藻を煮出した汁を
    固めて寒天のようにした妙な食い物で・・
    佐渡じゃあきしめんのように細く切って食うが
    のすじいの居る新潟市近辺じゃ羊羹のように切って
    主に酢味噌か生姜醤油で喰う奇態な代物だが・・



    此れが心太(ところてん)と水羊羹の間くらいの食感の
    微妙に海臭い、実に夏向きな涼味で冷やの日本酒とかにも合う。
    餓鬼のころは敬遠しがちな年配者の食い物な雰囲気なんだが
    まあ、今や名実ともに=のすじい=なんで・・旨い(笑)

    まあ、この手のゼラチン系食い物ってのは元々好きだった。
    学生の頃から色々バイト代はたいて喰いに回ってたな・・
    東京から大阪、京都・・就職してからは近県に九州、四国。

    あ、九州の=おきゅうと=に近いかも知れんな・・いご(えご)ねり。

    無論甘いほうも喰ったなー・・
    好きで通った両国の水羊羹とか。
    中でも記憶に残ってんのが愛玉子(おーぎょーちー)ってえ
    台湾の冷菓、ある種の植物漢方ゼリー(笑)。



    東京は上野、下谷か谷中、根津あたり
    古くから此の怪しい食い物扱っている店に
    大学時代結構な頻度で通ったんだが・・

    此の少し植物くさい微妙な食感の寒天もどきの上に
    かき氷の黄色いレモンシロップ掛けた不思議系食い物は
    妙にのすじいの好みに合ったというか、嵌った。

    想えば食い物も何もかも僅かに癖のあるものが好きなのかもしれん(笑)

    最後は当時つるんでたチビでぶを連れていき
    少ないバイト代はたいて食わせてやった記憶がある。

    おんなってのは痩せたいといいながら
    好きだと思ったものは結構食うのだなと
    ある種の真理(笑)に気づかされたような気も。



    プレーンなその謎ゼリーの上に餡子のせた奴や
    さらに高級なアイスクリーム付のクリームあんみつもどき
    のすじいはレモンシロップだけのプレーンな奴が
    あの頃でさえ妙に時代臭くて大好きだったが・・
    これは寒天に似てるから太らないのっ、とか
    力説して結構わさわさ食ってたな、あのちびデブ(笑)

    ぴあやあんぐるの別冊片手に電車地下鉄バス・・
    それ以上にほっつき歩いて食べた安くておいしいもの。
    B級グルメなんてえ言葉ができるはるか前の昭和の。

    時に夏になると思い出す、それは至福の記憶だったりする。
    通販の出来合いは紛い物が多いんだよなあ・・愛玉子。

    確かバーミヤンに在ったかなあ・・食いに行ってみようか・・
    遠くなった昭和を思い起こしたりしつつ、ふらふらと。

    東京(マイペース) =緑咲香澄・CeVIOカバー=




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。