Pay to win-win――ゲームプレイングと酒誌:ドルフロ010
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Pay to win-win――ゲームプレイングと酒誌:ドルフロ010

2019-10-18 05:35

    オクニッチ(人のネタ)、ノヴェルティ編集長です。

    久しぶりにゲーム誌の更新です。
    ドルフロ自体は毎日ログインしていましたが、ぶっちゃけVA-11 Hall-Aイベの前後まで
    人形の育成とかS.A.T.8狙いしかやることがなく、プレイ内容的にはだいたい虚無でした。


    なんだかんだ育成が功を奏してVA-11 Hall-Aコラボイベでは
    先駆者EX以外特に詰まることもなく、頭だけ動かしてれば
    人形がなんとかしてくれるレベルになっていました。
    EXファネッフーでも味方部隊をわざと扉に挟まらせても飛行場を制圧できたので、
    なかなかの育ち具合には自分で自分を褒めたくなりましたね。
    え?もっと頭使え?やだよどうせ勝てたもんめっちゃこわかったけど。

    軽いはイベントの振り返りはそんなところで。
    8月くらいからゲーム誌は書いていませんでしたが、
    ざっくり書きますとだいたいこんなことしてました。



    7月:よく覚えてないけどめっちゃ自律優待で自律してた気がする

    8月:後方と自律優待で自律しながらビンゴをほどほどに

    9月:後方をしながらVA-11 Hall-Aイベにうちこみ

    なう:ぼちぼちスキル育成

    2日に1回:地道にS.A.T.8狙い




    7、8月はあんましすることがなかったので、
    なんとなく優待券を買ってあんまり回してなかった自律作戦を回していました。
    で、あまりの効力(だいたいのステージで獲得量3倍)にビビって解説を兼ねた
    宣伝記事でも書こうかなとか考えてたんですが、いやWiki見りゃええべって思って
    結局0と1に還元させかけてますね。まだ下書きには残ってるんですが。



    9月は、まあそりゃめっちゃくちゃ楽しみにしてましたのでVA-11 Hall-Aイベには
    我ながらなかなか打ち込みましたよ。ストーリーもじっくり読み進めたので
    すぐクリアとはいきませんでしたが、あの一文一文をかみしめた甲斐はあったと思います。
    本当に読み応えのあるストーリーでした。


    実際の作戦進行はどうだったかというと、ガンダム相手に完全に打ちのめされた
    先駆者EX以外は、ネットの海で攻略のヒントを一切見ずに攻略していきました。
    そこってか攻略も楽しみにしていたので。

    SNSでも先駆者EXがつらかったという感想が散見され、
    やはりあの攻撃力と制圧のされやすさはなかなか御し難いんやなと。
    今回のイベでこれまで全く起用してこなかったHGRF部隊の強さを実感することが
    できたというか、身にしみたというか、・・・まあそんな気分です。
    あれでも先行して開催された中韓台より弱くなってたとか。えー怖。


    で、結局先駆者EXはどうしたかというと、どうやら空挺妖精があれば
    どんどんガンダムが出てくるマップ下部の飛行場まで飛べたとのことだったので、
    2つ作ってた空挺Lv.10でSGMG部隊を駆って制圧していきました。
    空挺をちゃんと作ってたのに忘れてたあたり、余裕のなさが伺えますね。


    対ガンダムはNTWとIWSとスプリングフィールドを
    スチェとジルで強化していく形で制圧していきました。
    普通に射速だけ上げてればいいと思うのですが、
    記憶が正しければ竹槍を全手動でうまくやろうとしたんだと思います。
    シノは確か別の部隊で運用していましたが、45倍を出せることは忘れていたと思います。

    HGRFは考えなかったわけではなかったのですが、久しく使っていなかったために竹槍という
    存在を完全に失念していました。昔はウロボロス戦でNTWに頼っていたというのに・・・。
    倒し方がわからない時に、好感度を下げながらIWSシステムで一度だけ自力でガンダムは倒せました。
    それが私が自力で試した唯一のHGRFという・・・。


    えっと、まあ、うん、HGRFはいいぞ。みんなもたまにはやろうね!
    HAHAHA・・・。


    まあそんなすったもんだもありましたが、
    アイテムでアイテムと交換する系イベントでは
    自身久しぶりにもらえるもんは全部もらえました。
    2日くらい満足に集められなかった日があったのですが、
    メールでの欠片の配布のおかげで40個肉片欠片が足りなかったのがどうにかなりました。


    ガチャについても、スキンと限定の家具を全部1つ以上引ききることができました。
    宿舎については、今公開している第五宿舎の擬似ゲーセン以外、特に他人に見せる気も
    なければ快適度ボーナスにもあんま頓着してなかったのですが、まあなにせ好きなゲームの
    高い再現度でできた置物でございますので、それへの敬意+キミら(MICA)の選択は
    おおむね間違いなくよかったぞいいかこれからもこういうコラボでわくわくさせてくれ
    頼ん だぞ という祈りも込めて全員分と全部を引き切る決意をしましたというのはほとんどあとづけで、実際のところはスキンを引ききったあとにカウンターだけ引けていなかったことに気づいたので引きました。まあMICAに期待を込めてってのは事実ですが。
    なにはともあれ、いいものには金を出すべきです。


    ちゃんと組み上げられた宿舎を見てると、なかなか気持ちがいいですね。
    ピクセルカフェの方は公式ツイッターの配置例で既に完成されていたので、
    それをほぼ完全に真似る形で配置しましたが。いや、あれの配置いじるの無理ですって。


    まあそんななんやかんやあったVA-11 Hall-Aコラボですが、
    とりあえず記事を書こうとするにあたって先にとりとめもなく書いておいた
    「なにがよかったなにがもやついたか」でもここに残しておくとします。
    まあ読まなくていいですよ。



    ここがよかった

    ・思った以上にボリュームのあるとても読み応えのあるストーリー
     >特に一部世界観や人形同士の関係に関する設定が絡んだ話や、
     「本物」と「偽物」の話はとてもよかった。
     >>↑関連のツイートがプチバズって、そのあたりの要素でやっぱり人気なんやな
       って改めて思えて個人的に安心。
     >>それに関連してるわけじゃないけど、多分姉妹とか意識せずに
       デザインされ(描かれ)た人形も絶対いるよねって思った。
     >>>個人的にそこの代表なのがMG4とMG5。
     >この物語を書いた人の作品がもう少前で読めないのかと思うとかなり寂しい。


    ・VA-11 Hall-Aに存在していた単語が物語に使われててニヤニヤする
     >クリムゾン・ローズ、空中浮遊薬、ジャック、この世界最後の雨etc…
     >>ジェリコがトクサツなやつと同じ立場みたいな役職と考えると
       新たなビッグバンがうまれる予感がしました。
     >>>が、そんなにビッグバンしませんでした。
        まあジャックの姿形がわからんし…。
     >>>>元々トクサツみたいなカッコしてるって?それもそう
     >HassyはVA-11 Hall-A初出でなかったはずなので、
      ベストボスが言及した時はちょっとびっくり。いいんだ?みたいな。
     >ガビィの名前だけは出すのはやめておけばよかったとは思うが、
      まあ名前だけだしいいかなって感じ。
     >>結局ガビィって誰かって?そんなアナタにVA-11 Hall-A原作!!
     >この世界最後の雨、原作じゃ「なんぞそれ」程度な単語でも
      ラストステージであの展開ってだけで感じ方が全然違うよね。


    ・両作品とも、原作での性格がしっかり活かされている
     >セイの役回りとか、「うあぁぁぁ…」ってなれてよかった。
      ステラへの想いが強すぎるフシは感じたけど、実際いい仲だしこのあたりは
      彼女のそもそもの設定である「本当に善良な人間で、他人が悪意を持っていると
      決めてかかることは決してない」という点を活かしてたなぁと思う。
     >>なにせ「ベストカップル(ジョーク)」だし、だからこそのあの葛藤と思う。
     >>あと悪意じゃないし。望まれたのは原作で「大佐」にやらされたことに近いが、
       まあそこもミソな感じがする。
       ステラが絡んでるし、とても悪事を働こうとは考えなかったろう。
     >ドルフロ方面でもネゲ関連でジェリコのことが気になっていた指揮官には
      彼女のことをよくわかれてよかったのでは?と思う。
     >>ボイスも増えてジェリコの躍進が目覚ましいコラボ期間とその前後でした。
     >M16でShine Sparkが流れるというのは前もって知っていたけど、あの話の
      内容でShine Sparkの歌詞が重なるので、個人的にはすっごいグッときた。
     >>個人的にM16はビッグ・ボスよりオセロットのケがあるので、尚更。


    ・想像以上にスマホ版VA-11 Hall-AなカクテルUI
     >効果音までは全部もらったわけじゃないようだけど、まあまあまあ。
     >つーかマジでフレイミングモアイにはビビった。なくても仕方ないね程度に思ってたら・・・。


    ・人形に渡すカクテルで反応が違う
     >細かくてよい。
     >>代償として合法的に人をボコるを聞きそびれたが。
     >>>ハズしに行ったわけじゃなく、真面目にスープレックスだと
        思ったんだけどな…パイルドライバーかビールだったのかな?
        ガットパンチはどうだみたいなことを言ってた気がするけど…。
     >さすがに見当違いすぎるカクテルは渡せないようになってた。仕方ないね。


    ・一部楽曲にG.K氏によるリミックス楽曲が採用されており、なかなか新鮮
     >そのHopes and DreamsとDigital Driveの音源ください。
     >>マジでください。
     >>>アナ戦(Another Essenceではない)で急にDigital Driveに曲が変わったの
        結構震えよね。盛り上がる前に倒せちゃったのが難点だったが、まあ強いせいということで。


    ・1周目(ノーマル)は「ある程度」良心的な難易度だと思った。
     >ウサギ狩り作戦よりは難しいと思ったけど。マップのギミック増えたし。
     >敵も1周目とはいえそんなに強くなかった。
     >>つっても最低でも1-4nをクリアできてないときつい感じ?
     >>>とはいい、ドルフロを初めて8日で1周目クリアまでこぎつけた指揮官も
        いたようだったし、まあまあうまく調整されてたのでは?


    ・上級者向けの任務も完備され、とてもやりごたえ抜群。
     >中韓台よりゆるいらしいけどマジで大変だった。その分もやりがいもあったが。
     >>さっきも書いたけど特に先駆者EXがクソほど難しかった。
       これだけは攻略のヒントを探さないとクリアできなかった。
     >>EXにおけるガンダムの戦力が半分くらいになってたとか?
       重装部隊がいない分減らされたのかしら?
       にしたってめっちゃ強く感じて戦々恐々としてたけど。
     >>>HGRFとかあんま組んだことなかったから、トチ狂ってIWSシステムで
        ガンダムを迎撃したらスキルの効果時間が足りなくてボロボロになった。
        もうちょっとあたまをよくしないといけませんね・・・。
     >>>>なるほどこうすりゃいいんだとわかったあとの部隊組みは
         考えてて楽しかったですが。久しぶりに竹槍持ちを使いましたよ。
     >>>>アツくなりすぎてシノの存在も思い出せなかったので
         少しは落ち着けと思ったEX任務でございました


    ・コラボ人形の性能がとてもユニークで面白い
     >ジル以外は少し頭をひねる必要があるけど、本当に面白い性能してる。
     >>個人的には手数で勝負するステラもなかなか面白そうな気がしてるんだけど
       今はそれまで放っておいた人形の育成にお熱なのであんま手が回らない。


    ・コラボ人形の立ち絵もスキンもとても良い
     >まさかのバーテンダースプリングフィールドも出てきたりして驚き。
      こっちもスキンとして実装してくれないかなと思う。
     >>バーで会話するのがわかったときは、最初は道場破りでもすんのかと思った。




    ここどうにかしてほしかった(こっからが本番)
    ・VA-11 Hall-A日本版いち既プレイ民からすると、翻訳の精度があまりよくない点
     >これの原因としては、VA-11 Hall-Aの原語(英語)版でなく、
      中文版をベースに翻訳しているからでは、ということが考えられる。
      故に日本語版の各キャラの口調をあまり再現できて(ってか「して」)いないのでは。
      (中国の人が中文版から思い描いた口調なのではとも思う)
     >>の割には、カクテルの説明に関しては日本版を参考にしているであろう
       文脈(バッドタッチ等)が散見されるので、MICAのスタンスがよくわからん。
       しょっぱな「おかえり、ジル」なのにね。
     >>日本版を出すにあたって、誰かっていうか日本版担当の武藤陽生さんに
       監修してもらったほうがよかったのではと個人的には思った。
       別に「公式」な日本版があれなんだから、そこは凝り固まらんでも…と。
       (そこが中途半端だからこういう翻訳なのかな…よくわからんけど)
     >>だいたい日本版でちゃんと確認してりゃディジュリドゥじゃなくてディジェリドゥーが
       日本版にとっては正解だって気づくでしょ。


    ・上の翻訳の精度と関連するが、「そこ訳すの?」というのが多々ある点
     >ドルフロのステージタイトルにある「先駆者」とは、本来はVA-11 Hall-A日本版に
      名前だけ登場する「ハービンガーズ」のことで、原語版における「The Harbingers」をそのまま用いている。
     >>つまり、ドルフロにおける「先駆者」は誤訳、というか訳しすぎという
       認識で 半 分 よい。実際のところ、この誤訳はかなり入り組んでおり…
     >>>VA-11 Hall-A中文版では、原語版の「The Harbingers」が「先驱者」と、
        割と直訳な翻訳をされており、それに準じた少前中国・台湾鯖は
        正確といえるステージ名になっているが、恐らくはこの「先驱者」を用いたまま
        VA-11 Hall-Aコラボの各鯖をローカライズしてしまったと考えられる。
     >>>>上記は仮説の域は出ないけど、EN鯖でVA-11 Hall-A原語版に一切出てこない
        「Pioneer」という単語がステージ名になってたりするので、確度は高いと思う。
     >ドルフロにおける「本音大冒険」とは、VA-11 Hall-Aに登場するゲームってか
      特殊な会話シチュエーションである「Truth or Dare」のこと。
      日本版ではTruth or Dareそのものの名前はTruth or Dareと明言されている。
      (ちなみに、会話における相手への問いかけ?は「真実か、挑戦か?」である)
     >>中文版ではゲームの名前そのものが「真心话大冒险」となっており、
       おそらくこれにヒネりを入れて訳したのが「本音大冒険」と思われる。
     >>>大冒険はそのままで、真心话を「本音」と訳すのは、それはそれで
        おもしろくはあるがなんというか…なコメントしづらい誤訳ってか妙訳。
     >>>EN鯖のステージタイトルが無事だったのは、存在する同名(真心话大冒险)の
        映画の原題もTruth or Dareだったからでは・・・というのはさすがに捻くれて考えすぎか。
     >以上のこともあり、VA-11 Hall-Aとのコラボというか、VA-11 Hall-A
      中文版とのコラボという言い方ができそうな翻訳だなと調べてて思った。
     >>ちなみに、416が踊り出したハバネラですが、これには「神々の黄昏」
       という意味が存在します。誤訳ではありません。
       ステージの位置的にもメンタル内世界は崩壊してるし、確かに神々の黄昏。
     >>>10杯酒を(かっ)くらったベストボスが自滅するのとか、どことなく神々の黄昏っぽく感じません?
     >>>>ていうかあれを正攻法で倒す人やばすぎません?


    ・原作でもそうだが、やはりデイナ姉貴がメンタルもフィジカルも強すぎるので
     若干ご都合に感じる点もあるかもしれない点(私は思ってませんが)
     >最後のジルとジルの邂逅以降がなければ正直ジルより
      印象を強く残していたかもしれない。
     >>というか全編にわたってホント強すぎでしょこの人って思ってた。
     >>>でもすき。それはそれこれはこれ。
     >かえってSuper-Shorty(とIDW)の魅力が上がったし、これはこれで?
     >なんだかんだ、ボスの性格は原作まんまです。未プレイならぜひプレイしてください。好きになるよ。
     >>なんだかんだ実在側の運命も間接的に救ってるスーパーベストボスなのであった。
     >アナにとってはキーだった「ジル」の登場がかなり後ろになる形になったので
      半分主人公的なムーブになるのも、まあねえという感じはある。
     >>アナにとっての「しあわせ」があの世界にどういう形であったんだろうか。
       原作ともどもここは私たちの想像の域を出ることはない。
     >というかやっぱりアナもボスのことはこんだけ強いんやないかって見てたんかね。


    ・セイとステラは物資箱で確定枠を作ってあげたほうが新規にはよかったと思う点
     >セイの確率、ほとんど一時期のフルスペックパチの大当たり確率並に低い感じが散見されて
      ふざけてるのでは?って本気で思った。
     >>ステラはまだドロップしやすい環境だからよかったものの、それでもやっぱり
       確定枠は作ってくれって思う…出し惜しみする性能ちゃうやろ。


    ・コラボスキンをガチャにするなしんでしまうわ
     >ふだんのがちゃよりひきかえけんはおとく!うわぁ!fxxk
     >>引換券350枚分くらいの引きで引ききったのは運のいい方だったと思う。


    ・期間限定のバーでのみ発生するストーリーを何故か二度と読み返せない点
     >じゃあなんでカクテルでの反応違いなんて作った!!!!!!!!!
     >>後になってM16姉貴にフレイミングモアイを渡してみたくなったというのに・・・


    ・ドルフロ公式がVA-11 Hall-Aの宣伝を全然しない点
     >コラボ開催の折にやってたキャンペーンでSteamのダウンロードキーを景品に入れていたり、
      EN鯖が「日本の」日比谷Barコラボのことをわざわざ宣伝してたりと、結構気合入れて
      VA-11 Hall-Aを宣伝してたように見えたので、なんか温度差を感じた。
     >>つってもEN鯖のキャンペーン面が厚いのは前からなんだけども。
       あと別にBBGGコラボのときもそんなドカンと紹介してたわけじゃないし
       これくらいが普通なのかな・・・それが寂しいんだけど。
     >>>VA-11 Hall-Aは英語が原語版であることを考えれば、一番スタンダードな言語である
        英語メインの鯖でのイベント開催中に色々と宣伝するのは全く間違いじゃないんですけどね。
        EN鯖でのイベント開始に合わせてSukebanもイラストレーターの紹介等で色々動いてましたし。



    はい以上。思うところがないわけではありませんでしたが、総じていいイベントでした。
    好きなゲームのコラボ関係で、特異点の後にはDJMAXイベも待っているので
    まだまだドルフロの楽しみは続きます。

    ・・・でもイベントや要素追加のスパンが長すぎるからちょっとはケツに火ぃつけてね!!

    低体温症から深層映写まで日本とEN鯖の足並みをほぼ揃えてたのが運営的にだいぶキツかったのかEN鯖指揮官からオメェもう追いつかれんのかよとかヒンシュクをかったのか日本鯖の指揮官にはえーよウチュウと言われたのか知りませんし知る由も無いですが・・・
    まあ、その、なんだ、頼むよMICA。私もDJMAXの宣伝するからさ。あっちがうドルフロ。


    というわけで今日はこの辺にしておきましょうか。
    長時間のおつきあいありがとうございました。










    日比谷Barのコラボ期間最終日に、駆け込みで日比谷Barではじめて呑んできました。
    店内の明かりが常夜灯かよってくらい暗かったり、通された席が
    カウンターだったりしたのでフラッシュで撮影をするのは避けましたが、
    とりあえず呑んだり食ったり撮ったりしてきました。
    思ったよりいい場所いい味でなかなか楽しかったです。


    コラボドリンクのひとつ、ふもふもドリーム。
    やわらなかな名前なだけあってとても飲みやすく、それでいて意外にすっきりするすっぱさを感じられるとてもおいしいカクテルです。
    原作ではカルモトリンは適量でしたが、このときは4くらい入ってたと思います。
    正直4でもアルコールが苦手な私が酔い始めるには多すぎる量でしたが、
    まあそこはバーテンダーさんに任せていたのでここもひとつの楽しみでした。


    もうひとつのコラボドリンク、シュガーラッシュ。
    甘い!!!でもくどくない!!!すごいしあわせな甘みでした。
    甘さを食い物を食いながら楽しみたくなったのと、シュガーラッシュを飲む前からだいぶアルコールが回っていたのもあり、
    ここらで一回食い物を頼んだりもしました。
    まあこういう機会ですしね、多少割高には感じましたが食わなきゃソンソンですよ。


    日比谷Barにはしっかりノンアルのカクテルもございます。
    この時点では甘さがまだまだ勝っていたのもあり、すっきりしたくて
    アップルフレーズルを頼んだ、とかそんな感じだったと思います。
    まあこの時点ではだいぶクラックラきてましたね。


    で、こちらがコラボ記念のコースター。
    私が足を踏み入れたのは青いコースターがもらえる店舗だったのですが、
    どうやら私以外にも結構駆け込みのお客さんがいたようで、青いコースターは
    訪れた1日前に完全になくなってしまったのだそうです。
    欲しかったなぁ・・・。

    で、寄った店舗のバーテンダーさんが他の店舗に寄った際、そっちには
    赤いコースターが割と余っていたそうで、せっかくだからとその一部をもらってきたもよう。
    それで私は赤いコースターを手に入れることができたんですね。

    1日前に行かなかった理由が、今年の初めあたりに初報のあった
    時効警察の新作の特番を見たかったからなのですが、
    まさかこんな神回避になるとは思わなんだで。

    ありがとう時効警察。みんなもみてください時効警察。金曜の11時15分からです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。