『描かない漫画家』痛々しくて見てられないのに他人事と割り切れない 【スキマ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『描かない漫画家』痛々しくて見てられないのに他人事と割り切れない 【スキマ】

2013-01-31 18:17
  • 4
『描かない漫画家』4巻が発売されてました。
今日のスキマも白泉社の漫画だけど別に回し者じゃないよ。
ほんとだよ!



『描かない漫画家』の主人公、器根田 刃(本名 渡部 勇大)は、漫画を描いたことがないのに「1か月後には連載作家の仲間入りかあ~」だの「原稿料無しで絵は描かない主義だ」だののたまう、酷いビッグマウスのクズ野郎だ。

やるべきことは何一つやらないで、自分が成功しない責任を他に押し付けて、他人の成功は妬み、本当にクズ中のクズなんんだけど、でも、ね。

なんだか、自分の中にも、こういう一面、あるっておもっちゃうんだよね。

あのアレですよ。おかんに「早く宿題やりなさい」って言われて「今からやろうと思ったのにやる気なくなったわ~」とか言う感じ。経験あるんじゃありませんか?
あの感じをひどくした男なんですよ。刃ってヤツは。

でもやたら自分のプライドは大事にするというか、何かにつけて他人が迷ってるところに、上から目線で叱咤するんです。自分が上位だと言わんばかりに。
とにかく痛いヤツなんです。



こんな感じで。漫画の持ち込み予約の電話したら、編集者の都合でダメになったので編集者に説教しているシーン。(漫画は描いたことがない)

でも、この漫画の面白いところはこういう痛々しい部分だけではないんですよ。
登場人物の女性達が悩んで塞ぎ込んだ時に、刃がやたら良い事言って説教するんですよね。
もちろん、いい格好したいだけの表面的な説教で、全く説得力は無いわけですが。しかしそのタイミングが恐ろしく良いというか、その説教がちょうどその、女性達の悩みにマッチして、彼女らが立ち直っちゃうんですよ。

結果、女性達はどんどん成長していって、刃に惚れてしまう。
でも逆に、当の刃は成功して行く女性達に嫉妬して、どんどんいたたまれなくなっていってしまう。
このすれ違いが面白い。

最新4巻では超大物作家が刃に惚れるんだけれど、刃の説教を「的はずれな漫画論」と言ったりと今までの女性とはどうやら違うようで……この先どうなるのか非常に気になります。


こちらは4巻の裏表紙。本人曰く、将来のダンプ連載作家(確定)との事。酷い。
広告
×
えっ、スキマ毎日書くの?!
81ヶ月前
×
こういう漫画だったんですね!
ちょっと興味湧きました。
ミサワの最終形態みたいな?w
81ヶ月前
×
面白そうw
見かけたら読んで、面白かったら買います!
81ヶ月前
×
面白いよ!
81ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。