アイカツの前2作とはなんだったのか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アイカツの前2作とはなんだったのか

2014-12-23 01:23
    たった今シンデレラレッスンをクリアしたからやるぜ
    ふたりのマイプリンセスは相当前にクリアした
    ということでアイカツWレビュー
    シンデレラレッスン(3DS)
    2人のマイプリンセス(3DS)

    シンデレラレッスン
    ・どんなゲーム?
    記念すべきアイカツのゲーム1作目
    発売が2012年11月という(アーケード、アニメ共に同年10月にスタート)
    とんでもないスピードで発売されたゲーム、の割に1期の前半OPでは出てた
    北大路さくらや藤堂ユリカ、一ノ瀬かえでというメンバーは実装されてるけど
    アニメやアーケードとは正確が相当違うからその辺は見もの
    (さくらは先輩という言葉を多用し、ユリカはちょっとツンデレ?の意も見える)
    余談だけどちょいちょいの頻度で出るスプラッシュはこれが初出らしい

    ・ゲームのながれ
    オーディションに向けてアイカツカードを集めるためレッスンを受けるが基本
    単語を並べて言葉を作る女優レッスン、ピアノを引く音感レッスン等
    それをクリアしてカードを集めてオーディションを受ける、の繰り返し
    オーディションは全10曲、オーディションの内容に関しては後述

    ・よかったところ
    キャラとの掛け合いが割と良い、今になってわかるけど
    まだキャラが固まってない感じが見え隠れするのが割と楽しい
    さくらとかユリカとか言った全然前半出る気配のなかったキャラとの
    会話は楽しいしスプラッシュとの会話も新鮮、スプラッシュが準レギュラー並の
    活躍をしてるから地味にスプラッシュ好きな人はお勧めかも
    後は着物コーデが存在してるのも良い、アイカツDCDは来年に和服がメインの
    ブランドが出るみたいだけど着物コーデ自体は相当早い

    ・ざんねんだったところ
    一部レッスンが妙に残念、ランウェイレッスンは何故か通行人がいる設定
    しかもここだけスライドパッドを使う事もある上に動きがぎこちなく
    夢遊病になった主人公を動かしてるようにしか見えない
    アイカツの根本であるオーディションが残念を通り越した何か別のもの
    アイカツといえば3ボタン+スペシャルアピール云々のオーディションなのに
    今回に限りスペシャルアピール等は無し、太鼓の達人よろしくな感じに
    曲も何故か全曲インスト、歌詞がない
    何故かタッチのみ対応

    ・そうごう
    結構中々な出来だったけど子供だましと言われれば何故か納得するような作品
    前述したみたいにキャラの形成が出来てない頃の作品でそれを味わいたい人向けかも

    2人のマイプリンセス(3DS)
    ・どんなゲーム?
    アイカツのゲーム2作目、前作よりレッスン等の規模が広がり
    ドリアカとスターライトでマイキャラを作ってオーディションを進めるゲームに
    2014シリーズが始まってすぐにでは無いけど
    ある程度星座カードが揃い始めた頃に出たから割とカードは揃ってる
    今回から謎のオーディションが廃止、ちょっとアーケードに近い形のシステムに
    スペシャルアピールも一応実装されたけどそれは後述、曲は10曲
    それからカード自体を手に入れる要素が廃止、レッスンで獲得出来るパーツを
    集めてそれを組み合わせてカードを作る仕組み、だからQRでも手に入るのはパーツのみ
    星座プレミアムになるとそれのベースのアイテムが出てきたりはする
    後いち早い要素でViVidkissのカードが数枚収録、入手条件は不明だけど
    ふたご座のカードも数枚収録されたらしい

    ・ゲームのながれ
    基本的にはシンデレラレッスンの頃と変わらずカード(今回は素材)を
    集めてオーディションに出るのがメイン、ドリームアカデミー側と
    スターライト学園側で受けれるレッスン、オーディションが違い
    最終的にはドリアカ側とスタライ側のマイキャラとコンビを組んで
    スペシャルオーディションに挑むって内容

    ・よかったところ
    ボーカルありの楽曲の追加、といっても10曲中8曲がボーカルありのお馴染みな曲で
    2つはなんかよく分かんないインスト、リズムゲームはまた後述するけどそれでも
    進化した方ではある
    ミニゲームも豊富、前作の倍位はあるんじゃないかってミニゲーム量
    個人的にはランウェイのレッスンの時に流れるmove on now!とか結構好き

    ・ざんねんだったところ(メイン)
    リズムゲーム部分の6割、改善されたとはいえアーケードとは程遠い
    と、言うかなんかラッキースターがあるだけ、みたいな感じ
    アケはラッキースターがあるとそれに応じてスペシャルアピールのポイントが上がる
    仕様だけど今作だとただあるだけ、普通のアイコンでもレベルが上ってなんだこれ
    状態、ダンスの部分もなんか1の頃と変わってねえだろって感じの内容
    スペシャルアピールに至っては雑コラよろしくな内容
    前作にあったキャラ変更が出来ない上にフリーモードも廃止
    その上他のメンバーが使えないとか言う仕様
    選択できるのは対戦相手としての既存メンバーのみ
    しかも何を思ったのか4人表示がちゃんと出来てない、と言うか
    メイン2人を中心に写してるせいで見えないのがダメ
    で、曲の最大難易度解放が両方のオーディションを全部クリアすることがノルマ
    難しくはないんだけどと言うかアイドルデイズは順当にプレイしてても
    最大難易度の☆4を全曲出すのが難しいからこのへんはちょい置くけど
    この難しくない流れの要素をクソ難しくするのが素材の概念
    前作のレッスンクリア→アイカツカードゲットの流れのように単純じゃなく
    ランダムドロップのアイテムを使った素材を使ったカードを1枚作れって内容
    後半はイベントが増えるから実質2枚、ランダムドロップも後半に行くに連れ
    激しくなって最終的には1時間やって1回ドロップするかしないかレベル
    モンハンかオンゲかなんかかお前は
    そのせいでQRコードでカードの素材を手に入れてもパーツが足りなくて作れないのもザラ
    しかもやるレッスンにビーズアクセサリを作るとか化粧をする、とか言った内容
    が含まれてて若干内職的な事にもなりかけてる
    私の熱い内職活動!ナイカツ!
    あとはキャラとの掛け合いもちょっと少なくなったのが残念

    ・そうごう
    前作とパワーアップしたとこもあればどうしてこうなったって言える部分も増えた
    どっちにしろゲームとしては危うい出来だしファンアイテムと子供だましの
    二刀流みたいな感じだけど遊べなくはない、遊べる残念ゲーかもしれない
    内職はいただけないけども
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。