プリパラ めざせ!アイドル☆グランプリNo1!はこの上ない出来だった
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

プリパラ めざせ!アイドル☆グランプリNo1!はこの上ない出来だった

2015-10-23 02:47
    本当は昼位に書こうと思ったけど色々あって今
    とりあえずコーデとストーリーは全部埋めた
    プリパラ めざせ!アイドル☆グランプリNo1!(3DS)

    ・どんなゲーム?
    アーケードのプリパラの移植版、移植に伴ってライブがソロライブになったりステージが
    簡略化された代わりに、移植だけではなくオリジナルストーリーはじめ
    前作から続投されたプリコレやマイデザイン、前作では通信対戦限定だったランウェイの
    独立化やミニゲームなどが追加、ライブやミニゲームやランウェイをこなすことで
    溜めたガチャコインでガチャをすることでコーデを入手していく
    (スターランクの概念はなし、アクセも450固定)
    マイキャラパーツもオリジナルのパーツに加え既存メンバーの髪型とカラーが追加された
    これはアーケード側にコンバート出来るようになる様子

    ・よかったところ
    ストーリー、キャラと遊んでるような感覚 ストーリーは全7話と少なめだけど
    既存キャラの11人とのコミュのようなイベントが4個設定されているため実質
    50弱のイベントで遊べるのでストーリー自体のボリュームは前作とあまり変わらない
    と思う、会話なんかも急にカラーバットで頭を殴られる気持ちにさせるような会話が
    多く、「これがプリパラだ」と思わせるような感じがしてなかなか秀逸
    グラフィックと移植性 アーケードのように、とは言わないけどグラフィックに関しては
    相当高水準、アーケードと大差ないグラフィックだし移植に関してもカメラワークが
    少し変わりズームなんかが割と多くなった立体視にも対応してるのでこのズームは
    奥行きを感じさせるのがプラス、曲数も豊富で遊んでいて飽きさせない出来
    サイリウムチェンジも発光は抑えられたけどその分ステージが補助してるので中々よし
    アーケード連動 アーケードとの連動でマイキャラのパーツをコンバート出来たり
    プリコレで作ったコーデやゲーム内で作ったチームを3DS側で呼び出せるのはプラス
    コーデに関しても今は入手しづらくなった2014シリーズのコーデが入っているので
    その辺も個人的には大きいと思ってる、また3DSなのでアニメは見てたけど今まで
    人目が気になってアーケードで遊べなかったと感じてた人にもオススメ出来る

    ・ざんねんなところ
    収録曲 分かってたけど収録曲は21曲、その中でアニメで使用されたライブ曲は4曲
    前回もそうだったけどこの辺は版権の問題で仕方がないとしか言いようが無い
    その代わりアニメ曲はアーケードで、ゲーム曲は3DSでも、みたいな折り合いはついてる
    ランウェイ用のリミックス曲は全部で4曲、これは前と変わらない様子
    一部モーション 元々ダンス→ランウェイ→サイリウム状態ダンスの流れが変わったので
    少し変わるのはともかく一部ちょっと違和感を覚えるような部分が
    一番違和感を覚えたのがドリームパレードでモーションを再生してるだけのようにみえて
    しまうような部分もあったり(最初はちゃんとしてるのに後半から少し違和感を覚える)
    コーデ数 コーデ数が本当に少ない、コーデの数はアクセ、トップス、ボトムス、シューズ
    合わせて264、前作が1400以上収録してたのは置いといてプリティーリズムシリーズ
    のコーデセット数の中でも一番少ない
    (その代わりコーデが固定で400や600種類だったので組み合わせ的にはそれ以上)
    一部ブランドが中途半端 ブランドは一応現行のシリーズが全部出ているとは言え
    無理矢理ねじ込んだ感が強く特にプリズムストーン、ココフラワーは
    サイリウムレアのワンピ、シューズ、アクセ3種類のみ
    シルキーハートとホリックトリッククラシックに対してもサイリウムレアとプリパラレア
    以外は未収録、マリオネットミュー以降の収録が雑だったりする
    メイキングドラマ 個別に見ると再現性は高く個人的に評価が高いメイキングドラマ。
    だがしかし、一部ブランドにはメイキングドラマが存在しない、存在しないという言い方
    に語弊があって実際は未収録、シルキーハートはときめきプレゼントフォーユー
    キャンディアラモードモアはもぎたてスイーツパーク、ホリックトリッククラシックは
    解放乙女ヴァルキュリアという取ってつけたような感じ、しかもココフラワーに関しては
    レッツゴープリパラという不遇にも程があるような内容、地球が恋するうたうたいは
    ステージですらボーナスコーデが全部なので何故いるのかわからない感じ
    その他一部やりにくい部分 例を挙げるならステージ変更が出来るが実際は半分固定
    なのであんまり意味は無い、しいて言うなら属性が全対応に出来る位
    曲もブランドではなくステージ依存なのでエビバデビルエブリデビルがクールではなく
    ラブリーになってる部分も難点
    ボリューム 全体的にストーリーをクリアするだけなら5時間以内で終わる
    コンプリート要素をやったとしても10時間以内で収まってしまうのでそこは考えがち

    ・そうごう
    プリパラのゲーム1作目はしっかり作られてる反面少し物足りない部分ともうちょっと
    改善してくれ、という部分が目立つけどしっかり遊べて楽しめる良いゲームである
    プリパラのゲームとしても女児向けゲームとしても正直100点は付けれるようなゲーム
    と言いたいくらいこのゲームは面白いのでアニメを見てる人でゲームも興味あるけど
    人の目が気になって遊べないと思ってる人に向けた1作、本作はDL版も出てるから
    買おうと思うだけならDLでも良いのでアニメを見てる人は是非、と言える1作







    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。