[感想] TV版リトルウィッチアカデミア 2話 パピリオディア
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[感想] TV版リトルウィッチアカデミア 2話 パピリオディア

2017-01-19 00:20
    こんにちは、ヘルシアです。

     名古屋ではこの土日に大量の雪が降り、暖かい正月とは一体なんだったのかと、寒さに凍える日を過ごしておりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

     リトルウィッチアカデミアの2話は、ダイアナ・キャベンリッシュの登場回でしたが、どのような印象を持たれましたか?

     主人公アッコの希望を真っ向から砕きにかかってくる姿は、敵対する人物のようにも見えましたが、私は好意的に見ています。


    ■3人目の主人公
     彼女もまた、シャリオとの繋がりを持っているキャラクターの一人です。おそらく、アーシュラ先生と並ぶぐらいに、今作で脚光を浴びると期待しています。

     1話の魔法ショーで、カメラが幼少時のアッコを映す前、その後方のダイアナを映していました。隣に座る男性がお父さんでしょうか。

     最初に公開されたWeb版では、ここまで明確にシャリオとダイアナをつなげる描写は、無かったです。

     つまり、TV版ではダイアナのシャリオに対する想いも、掘り下げる方向なのでしょう。今回で言えば、120年に1度しか唱えないような呪文を言えるあたり、彼女も実はカードを持っていて、練習していた口があるのかもしれません。そういうところが、彼女の可愛いところです。


     彼女は、伝統ある名門の魔女家系の娘という立場があるため、周囲からの期待が異様に高いです。学校の教育方針を見ても分かるように、伝統を重んじる傾向にある魔女社会において、彼女はまさに社会の象徴であり、彼女の成功こそ希望になります。

     しかし、ダイアナはその立場を利用しているわけでも、甘んじている様子も見受けれないところが、好印象でした。

     確かに、アッコに放った言葉は彼女を傷つけてしまいました。しかし、スーシィにかけられた魔法を解いたり、記念樹を救ったのは自分ではないと素直に申し出ていたところが、ダイアナの良いところです。

     おそらく、アッコを馬鹿にしているわけではなく、未熟な者への接し方を少し厳しくした、ぐらいの感覚が彼女に合っていると思います。

     また、先生の間違いを正したり、話の流れとはいえ記念樹を救おうとしたところなど、総合すると、彼女なりに出来る範囲で正しいことを行いたい、という行動原理があるようです。

     先生や周りの生徒から、彼女への期待は異様に高いです。おそらく親もそうでしょう。そして、彼女もその期待にに応えるように、今の人格が形勢されたはずです。

     しかし、見た者に希望を抱かせるパピリオディアを見上げたダイアナからは、何とも言えない哀愁を感じました。勝手に期待する周囲に、応えようとする自分、目の前にはシャリオになりたいと素直な心を持つアッコ。ダイアナの複雑な心境を感じるお話でした。


    ■アーシュラ先生とシャイニィロッド
     Web版や映画版では、ショーの運営が得意な教師役だったアーシュラ先生が、TV版では教師としての威厳が出せない頼りない先生として描かれました。

     フィネラン先生に「早く威厳のある教師にならなのかしら」と愚痴を言われる様子も、新人教師感が漂います。

     TV版では、それぞれの成長を描きたいように見え、であればキャラクターの未熟さが大切だと思います。

     シャリオのショービジネスのような不安定な職を離れ、教師という固い職についたのであれば、その落差について行けないところが、アーシュラ先生の未熟さでしょう。


     アーシュラ先生が、個人的にアッコの指導を行うといった展開は熱いなと思いました。

     アッコにとっては、アーシュラ先生が(シャリオであれば)本来の憧れの人です。

     正体がバレるときに、アッコがどんな反応をするのか、アーシュラ先生がアッコにどんな言葉をかけるのか。夢を目指した人間と、夢から逃げた人間の会話など、作品の価値が問われるシーンを心より楽しみにしております。


     ところで、アーシュラ先生はなぜシャリオを引退したのでしょうか。

     今回で、シャイニィロッドが使える時、使えない時というのが判明しました。朝起きて、何となく杖をふったり、魔法を使いたいと思っても駄目な様子です。

     シャリオの言葉「信じる心があなあたの魔法」というキーワードを元にするなら、術者が何かを信じたときに、発動するように見えます。

     1話の森で杖が登場した時と、パピリオディアの孵化の時の状況から類推すると、未来に希望があると信じたときに、発動するのでしょうか。

     あと数回ほど、魔法を使っていただいて考えたいところですが、もしその「信じる心」がキーになるとするなら、杖を持たないアーシュラ先生は信じる心を失ったということになります。

     TRIGGERの作るお話なので、重たくはならないと思いますが、アーシュラ先生の背景に潜む闇は、少し深そうに見えました。


    以上
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。