[感想] アイドルマスターSideM 8話 海・合宿・315の夏!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[感想] アイドルマスターSideM 8話 海・合宿・315の夏!

2017-11-27 23:42
    こんにちは、ヘルシアです。

    ■難しい話
     まとまった感想が難しい話でした。

     大きくは、序盤のマイルストーン的なお話だったと思います。

     現時点で315プロに所属しているアイドルの弱みを見せたり、入社から時間が経って成長した姿を見せたりといったところです。

     特に弱みでは、冬美旬がクローズアップされていたように見えました。

     彼は今までHigh×Jokerの委員長的な役として強い部分を見せられていましたが、今回で料理が苦手という弱いところが見られました。そういうところが、可愛い所だと思います。
     (男性にそのような評価が良いのかは、別ですが)

     逆に、ピエールはスタミナチームで存在感を出すなど、強くなった姿が見られました。
     (可愛くて強いのね!嫌いじゃないわ!


    ■Jupiterについて 
     忘れがちなんですが、天ヶ瀬冬馬は17歳です。(時系列的に、18歳の可能性もありますが)

     High×Jokerとほぼ同じなんです。

     Episode of Jupiter や、961プロの頃を知っていると、成人しているように見えて仕方がななかったのですが、合宿のはしゃいだ姿が、年相応に見れて、嬉しかったです。

     終盤、北斗がプロデューサに「想像していなかったよ、こんな風に皆で過ごせるなんて」と話をしていましたが、過去を振り返るとこの言葉の重さを感じます。

     961プロは、アイドルとは孤高であるべきだという方針を取っていました。

     そして、961プロを辞めてフリーで再出発していた頃も、自分(Jupiter)の力だけでがんばっていました。

     彼らは、アイドル生活が始まって315プロに所属するまで、仲間が居なかったのです。

     つまり、自分たちしか居ないのが、彼らの常識だったのです。

     いや、765プロを見れば、仲間を作って楽しく過ごす姿が想像できるだろ? と思われるかもしれません。

     しかし、人は体験したことがないことを、想像することができません。

     下衆な例ですが、童貞はセックスのある生活を想像することができません。

     その生活の中で、自分がどんなことを感じるのか、どんな苦労があるのか、どんな楽しいことがあるのか。

     きっと北斗の目には、夕日の光以上に、あの光景が輝いて見えたのではないかと思います。

     同時に私も、1stライブのJupiterの公演を見た時のような、感慨深さと感動を覚えました。

    以上
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。