[感想] THE IDOLM@STER SHINY COLORS 1stLIVE FLY TO THE SHINY SKY
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[感想] THE IDOLM@STER SHINY COLORS 1stLIVE FLY TO THE SHINY SKY

2019-03-10 23:29

    こんにちは、ヘルシアです。

     このブロマガは、保存に失敗して1度すべて消されてしまったので2度目の内容です。
     
     去年のシンデレラガール総選挙、ミリオンのプロデューサー投票イベントと、副業の方で闇が深まり、ブロマガを控えていたらこのザマです。
     「動画とライブしかブロマガ書いてないから、書き方忘れてる仕打ちなんじゃないか?」と思うところもあります。


     本題ですが、シャイニーカラーズの1stライブの現地チケットがご用意されたので、行ってまいりました。
     
     2日目の昼です。
     
     ずいぶんと長い間、アイドルマスターを追っかけてきましたが、はじめての舞浜アンフィシアター、初めての1st現地ライブです。
     
     ここ最近、嬉しかったことのナンバーワンがこのライブでした。


     さて、ざっくり感想を言うと、やはり歌は歌われて、アイドルは踊ってなんぼのもんだなと、改めて思い知らされました。
     
     歌と踊りを分けろって話ではないですよ。
     
     CDで何回も聴いた歌なのに、ライブで聴いてみると印象が変わる。向き合い方が変わる。
     
     そういった体験を、今回のライブでも行うことができ、良かったという話です。
     
     
     私がシャイニーカラーズで初めてプロデュースしたのは、櫻木真乃でした。
     
     真乃ちゃん、めっちゃふわふわしてるんですよね。
     
     「飛んでいっちゃう子みたいな。283プロだけに、そういうコンセプトを中心に据えるのだろうか」
     
     なんてことを、最初の頃にプレイしながら考えてました。
     
     ただ、個人の感想としてちょっと付き合いづらい子だなと思い、プロデュースを諦めていました。
     
     しかし、今日ライブのイルミネーションカラーズの曲で彼女の強さを垣間見て、またプロデュースしてみたいなと思いました。
     
     細かいフレーズがどこだったかは、記憶が曖昧なので明言は控えたいですが、彼女が強く歌詞を切るところがあり、そういうところに彼女の拘りを発見することができました。
     
     歌は歌ってなんぼ、届けてなんぼなんだなぁと、しみじみ感じております。


     踊ってなんぼの話は、先の歌ってなんぼの話にこじつけたような形ですが、やはりライブで踊る姿は見ていて楽しいということです。
     
     特に、放課後クライマックスガールズの西城樹里の動きがすごかったです。一人、運動性能が違うように見えて驚きました。
     
     「夢咲きAfter school」の時、不思議な動きしてませんでした?
     
     フォーメーションチェンジが多くて、BDが出たら自分が見たものが何だったのか確認したいと思っているのですが、中腰で片足だけジャンプしながら移動してませんでした?
     
     そこから、目で追うようにしてたんですが、彼女は全体的に動きが大きくて、ステージ映えるなあと思いました。ステージ上で「目を離さないで」と訴えることのできるキャラクターって、アイドルですよね。
     
     全体的に、放課後クライマックスガールズは、今までのアイマスにない運動量をこなしている様に見えたので、それが楽しく、今後もこの方向で頑張ってほしいなと思います。
     
     
     1stライブおめでとうございます。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。