小鳥さんに「嘘つき」って言われたい人生だった
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

小鳥さんに「嘘つき」って言われたい人生だった

2014-08-17 00:27
    こんばんは、ヘルシアです。 アイドルマスター9thライブ名古屋1日目お疲れ様です。
    打ち上げへ行けるほど交流関係がないので、自宅直帰しビール片手にブロマガを書いております。

    Twitterでちらほら内容が出ていますが、個人的に今の印象だと以下3点

    ・トロッコはおもしろかったけど、2階席から乗り出してる人がいて危ないぞ?
    ・小鳥さんの「嘘つきッ」
    ・エンディングは、はるちは

    趣味が多分に漏れていますが、大満足です。
    他にも大阪公演の時から説明されていた各ソロ曲とカバー曲の組み合わせなどありますが、きっとファミ通さん辺りが、明日の朝までにセトリを含めた記事を出すと思うので、ここでは言及しません。

    ■トロッコについて
     ライブ内ではトロッコと呼ばれていましたが、街宣車のようなものです。ガールズの方が、会場を移動しながら演出を行う為の、移動式のステージです。高さも2Fぐらいあるので、後ろの方にいてもガールズの皆さんがよく見えました。その演出は素晴らしかったです!
     ただ、2F席に近い所までいくので、テンションの余り乗り出す人がチラッと見えまして。事故が起きたらまずいなぁ、と思ったりもしました。

    ■小鳥さんの「嘘つき」
     待ち受けプリンスに樹里さんが出るのは大阪公演で知っていました。知っていましたよ。でも、そのセリフを小鳥さんが言うなんて、想像してなかったんですよ。小鳥さんなんですよ。いいですか、小鳥さんの「嘘つき」ですよ。アイドル勢の若い「嘘つき」じゃなくて、それなりに言葉に重みのある小鳥さんに「嘘つき」って言われるんです。
     その破壊力凄まじく。重質量砲ぐらいの威力はあります。分からない人は、小鳥さんの年齢を超えると分かります。この声を聴くためだけにBDを買う価値があると思います。

    ■エンディングでみたはるちは
     SSAの時は見れなかったのですが、今回見ることが出来ました。

     SSAの時とは
     

     エンディングで、ガールズの方々が二人一組でステージ階段上から捌けていく時、二人が手をつないで駆け上がっていったのです。その瞬間は数秒でしたが、私にはものすごく長く感じました。ああ、SSAの時に見れなかったはるちは。なんという至福の時があったのか。ここがアヴァロンと。ただ手をつないで階段を上がるという光景が、コレほど心に来るものかと、自分でもびっくりしました。


    物販で朝早かった上に、お酒がまわり始めたのでそろそろ、眠気が来ました。
    書きなぐった様な文章で失礼しました。
    それでは、2日目を楽しみましょう。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。