[感想] リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[感想] リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード

2015-10-25 22:42
    こんにちは、ヘルシアです。

     友人に進められて、映画「リトルウイッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード」を見てきました。Trigger製作と聞かされたので、まあ間違いは無いだろうと少し期待しておりました。

     映画は2部構成になっており、1話は2013年にアニメミライで公開されていた映像のようです。アニメミライ公式がPV上げてました。



     主人公「アツコ」が、幼いころに見た魔法使いのショーで活躍する「シャイニィシャリオ」に憧れて、魔法使いの学校に通うお話。しかし、実際の魔法使いの社会ではシャイニィシャリオの評価は悪く、アツコの憧れも周囲から馬鹿にされる。それでもシャイニィシャリオを信じるアツコは、憧れの魔法使いになるため、実践形式の授業としてダンジョンに潜ることになるのだが。というあらすじです。

     1話は読み切り漫画の様に話が詰め込まれていた。主人公の憧れから、魔法使い学校の生活、ライバルの登場と、対立、そして活躍。映像は25分程度なので、話の展開が早く感じる。ドラゴンボールもびっくりな速度。TVアニメなら3話分(75分)だと思います。

     難しい表現が無い分、純粋な面白さを楽しめました。今風の萌えは無く、主人公達のコミカルな可愛さが受け入れ易い。ライバルが主人公と同じ様な心の持ち主だと分かると、イヤミなキャラクターも微笑ましく見える。担当の先生の裏事情もほんのりと見え隠れしたので、できれば二度みて、先生の表情の変化など注目したいところだった。

     公開が2週間程と短いが、1話は映画館で見なければならない程のダイナミックさは無いので、間に合わなければ、Blu-rayなど買って見て頂きたいなと思う。ちなみには私は予約した。



     以上が、1話目の感想。次に2話目。
     ニコニコの公式チャンネルに予告編も上がってた。


     こちらが今回映画用に製作された話です。1時間程ありました。
     副題の魔法仕掛けのパレードの通り、迫害された魔女の歴史を振り返る暗いパレードを、アツコが憧れるショーのような楽しいものに変えてしまおう!という内容。その間に、新しい仲間を迎えたり、いつも一緒の友人と喧嘩をしたり。1話で表現しきれなかったそれぞれの個性を出しながら、映画らしい迫力ある映像が楽しめました。

     2話目は、1話目以上にスクリーンに映るままの感情を素直に見ることができて、気持ちが良かったです。アツコがやりたい事をバンバン言ってるけど、空振っていく様も、友達と喧嘩別れして一人思い悩む様子も、決心からパレードを成功に導いていくのも、友達と仲直りし涙する様子も。最後は私も一緒にちょっと泣きました。

     魔法モノは、小難しかったり、教育臭さを感じたりして敬遠していたのですが、本作品はそのままを楽しめる、気持ちの良いお話でした。劇場アニメで終わるのは惜しい、テレビアニメで今回スポットの当たらなかったキャラクターの話も見たい。そう思える作品です。

     もう今週で公開が終わってしまいますが、機会があれば、ぜひ見ていた期待なと思います。
     
    以上

    ---------------------------------------------------------------------------------------
    2015/10/25 投稿後追記1

     やっぱり、ネタバレもしながら書きたいという思いも有りまして、追記します。

    ■ダイアナ・キャベロンディッシュ
     先に触れた、主人公のライバル。主人公が落ちこぼれに対し、こちらは学校始まって以来の優等生という全く好敵手にならないですが、少年漫画的にライバルです。
     お察し頂いているかと思いますが、この子もシャイニィシャリオのファンの一人。しかし、伝統ある魔法使いのお家柄、表立って公言できないというもどかしい心境を持っています。そういう心境が、すごく私好みです。TVシリーズで赤面しながらシャイニィの台詞とか言うシーンがあると、幸せです。
     きっと、1話のステージで、観客を見なおせばそれらしい人物が見つかるかもしれません。BDで確認致します。ヨーロッパの出身ということも有り、1話は日本公演だったはずなので、居ない可能性も有りますが。
     シャイニィシャリオの活躍に惹かれたアツコに頑張って欲しい反面、シャイニィシャリオに泥を塗って欲しくない気持ちもあるようで、作品中ずっと複雑だったんでしょうね。パレードのパトロールも半分はアツコの監視が目的だったはずです。
     そんなことを思い、2週目あるいはBDでは、彼女の思いをニヤニヤしながら見るのが、一興かなと思いました。

    ■アーシェラ先生、シャイニィシャリオ
     パンフレットでネタバレされていますが、元シャイニィシャリオ、ご本人です。それだけでポイントが高い。そもそも、魔法ショーのスターをやめて、先生になるに至った経緯は何でしょうか。若い頃の過ち?後ろ指を刺されるの辛くなった?ゴミ捨て場に杖が捨てられて居たということは、彼女は彼女の夢を諦めた様に取れます。いずれにしても、この辺りもTVシリーズで語られて欲しい物語だと思いました。
     1話、アツコが龍からクリスタルを守っていた時に、最後にシャイニィシャリオとして格好良く登場するのかと期待したのですが、少し髪の毛が赤くなった姿が映ったきりでしたね。主役はやはりアツコということでしょうか。私としては残念です。
     2話のショーとしての盛り上げ方も、過去の経験が生かされている演出だったのでしょう。アツコたちを直接的に助けず、先生としてのポジションに固執したのも彼女なりのけじめでしょう。アツコがシャイニィシャリオの衣装に変身したのを見ると、世代交代を感じました。
     そんな妄想をしながら、アーシェラ先生を見ておりました。先生が活躍する話も欲しいなとTVシリーズ楽しみにしております。(くどい)

    以上
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。