ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

めも
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

めも

2017-03-14 01:10
    王は大気の満ちた空を飛ぶ夢を見た。
    宇宙の彼方にあるという星に辿り着くまで後一歩というところで一部の民が叛乱を起こす。
    星輝大戦である。
    宇宙全体を巻き込んだこの大戦は王の夢を阻むだけでなく、
    その身体と力を失うまでに至った。

    これが、今日まで語り継がれる白竜王伝説。
    しかし、この物語には誰にも知られていない続きがある。

    大戦に疲弊した人々はそれぞれの星に篭ることで争いを止めた。
    時は経ち、暗闇に染まる星にヴァイオリニストがひとり。
    ある夜彼夢を見た。
    星雲を掻き分け、より早く、より遠くへ。
    一筋の彗星となり、遥か彼方の青い星へと降り注ぐ。
    いつしか彼はこの夢こそが自分の本当にやりたいことだと感じていた。

    しばしの後、彼は楽団を立ち上げる。
    この名前もない小さな楽団はいずれ、宇宙を震わせる伝説となることをまだ誰も知らない。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。