多々良小傘はどっちなのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

多々良小傘はどっちなのか?

2019-04-29 22:25
    多々良小傘は多々良なのか付喪神どっちなのか?

    人気の高い小傘ちゃんだが妖怪としてみた時多々良神由来なのか傘の付喪神なのか唐傘お化けなのか判然としない。

    オッドアイで唐傘を背負い人を驚かす妖怪、多々良こがさこの特徴からは多々良神か唐傘お化けどちともとれる。

    多々良神 元は製鉄を伝えた人達と言われ東南アジアもしくはインド系の人たちではないかと言われている。もののけ姫の鞴式の製鉄をしてる集団あれである。彼らは製鉄・鍛冶に関わることが多く良く火花などで目を焼くことが多く片目 鞴の出の作業のため足を痛めることが多く片足。日本では燃料として薪を鉄を製錬するなかで毒がでるので人里離れた場所をということで山に集落を作ることも多くそこから 一つ目片足の多々良神というのが生まれたと言われている。
    ちなみにギリシャ神話にでてくる鍛冶と火山の神へーパイストも単眼片足の巨人(ギリシャ神話神々ティーターンは基本巨人)ことらから流入したという説もある。多々良神とするなら人を脅かすという性質が不明な点になるが多々良神は自発的に脅かすというより人間に驚かれる傾向はあるみたいではあるのでこれかな?という程度のものはある。
    多々良神の系譜だとすると小傘は少名針妙丸と同じ系列になる。(少名彦も同じような由来の神こちらはいろんな技術集団らしい)

    唐傘お化け 百鬼夜行にも描かれる由緒正しきお化け。九十九神由来で妖怪変化になったといも言われるおばけで人をおどかして神になれなかった恨みを晴らしているとか。
    単眼で唐傘に手足(足は一本)が映えた姿で描かれている。
    人を常に驚かそうとしている小傘はこちらに近い気もするがそれならなぜ多々良なのか?
    単純に単眼 単足の妖怪を合わせただけなのか?


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。