アンサガ豆知識的なものとかプレイ中に考えてることとかを初心者向けに残しておこうというやつ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アンサガ豆知識的なものとかプレイ中に考えてることとかを初心者向けに残しておこうというやつ

2019-06-20 09:54
    ・まずはじめに
    ガチ勢は見ないで下さい、見たら殺します
    僕は説明書とか持ってないのでもしかしたらだいたい書いてあるのかもしれません
    知っていれば得する場合があるって感じのことを書いてくつもりですがアンサガなので好みにもよります。それはこうじゃないの?って思った人はそう思えるってことはガチ勢なので殺します。

    ・LP削りの判定順
    連携の場合の判定は例えば3ナブラの場合(3連射によるHP削り→3連射によるLP削り→ナブラによるHP削り→ナブラLP)となるのでHPいっぱい残ってる相手には3ナブラより高速連射のが削りがいいという場合が結構あります。というか3ナブラまで打つような相手はHPもLPもいっぱいあるんだろうからHP削り切ってない段階なら高速連射がほぼ勝ちます。

    ・LP削り判定が増える条件
    「最大HPを超える攻撃で判定1増加」 「ダメージが499を超える攻撃」 「999を超える」
    なので連携すれば最大超えるなーって場面なら連携した方が得だったり
    LP削りはその攻撃の攻撃回数(でたらめ矢は2、2連射なら2、3連射なら3)のうち命中した回数と上記の判定の回数で例えば5だったらその攻撃のLP攻撃力(AとかBとか)を5回判定して連携率と合わせて計算って感じ
    鳥(LP2)に最大HPを超える短剣単発する人ほぼいないのは連携率の話なのでまた別
    ただこれは被弾にも当てはまるので防御力と相談して云々の場合もありけりだから考えてね

    ・与えるダメージが増える
    術ならHPが多ければ多いほど、技ならHPが少なければ少ないほど攻撃力が増します
    あと地味に技や術使うとHP減ります
    ボス前とかで術師がHP減ってないのにとりあえず待機で回復とかするとHPが減っていたアタッカーの攻撃力が下がる(厳密には上がった状態ではなくなる)ということを覚えておきましょう、使いどころとしては樹海のジャンボモク前とかであえてアタッカーで罠を受けたり。

    ・連携後連携、3人連携
    前の行動が連携だった場合に連携すると連携率にボーナスがかかる。なので連携後かどうか常に意識してやってると役立つこともある。主な使いどころとしてはルーラー戦で2ナブラで締めた次のターンは弓弓ナブラナブラナブラにして連携後連携の2ナブラを叩きこむことでナブラの分のダメージが999超えたりそもそもの連携率の高さで削りやすくなったり
    普段の戦闘でも使える場合が結構あるから頑張れ
    3人連携では連携率が大幅に上昇する。これは敵を含めてもいいので上手く使おう。
    1人連携で108% 2人連携で120% 3人連携で140%くらいに思えばいい
    鳥ランク1に技50の竜麟短剣を1人連携で1発入れても倒せないことがあるけど技10の牙短剣で2人連携すると100%倒せるとかそういうレベルに連携率ってのは大事

    ・宝
    1シナリオで拾った宝のLvの10の位の合計が40ごとにパネルの強さにボーナスがかかる
    壊した場合どうなってるのかは知らない、調べてくれ
    宝箱を開ける時に 鍵開け、普通に開ける、体術、武器 と選択できるけど
    体術とか武器の場合にも鍵開けみたいにリールが出てそのリールの難易度は例えば体術なら力
    武器なら武器威力とそれを使うステータスで決まるので例えばLv50の宝箱とかでもダマ斧大木断とか鋼玉短剣高速突きとかで開けるとリールが〇だらけにできる

    ・敵をいっぱい倒すとパネルが強くなるって話
    敵には1体ごとに点数みたいなのがあってそのシナリオで倒した点数が100点を超えるとパネルのLvが強くなりやすい
    具体的な数字は下記参照 左から種族名、ランク1、2,3,4、5
    獣   4 12 21 25 37
    獣人  5 13 23 26 35
    鳥   5 10 19 24 31
    虫   3 10 20 27 33
    植物  6 12 18 28 33
    水棲  6 13 21 26 35
    魔族  7 11 22 29 35
    不死  8 13 21 28 36
    不定  6 13 20 27 34
    こんなん覚えられねーと思うので5,10,20,25とかで計算するといい

    ・マップに合わせた歩き方
    基本的にマップごとに出る種族ってのが決まってるので(偏りはあるけど)例えば不死魔族スライム植物しか出ないマップ(エスカータ道中のやつ)ならこなし入れるメリットが薄すぎるみたいなやつ
    こなしなしで同じマップ往復したりする時(マイス3鍵やアーミック鉱山やヴェントダグル地下)に外交の有無にもよるけど出る種族と行き先の黄色・青色からそこにいる種族を判別して他の敵とまとめてぶつかっちゃう方が早い時とかわざと1歩戻って複数エンカにしない工夫もあったりもするけどハードル高いので頑張れ
    自分が歩き方を意識してるのは他にはパッと出てくるので
    ヴェントのリース塔は外交相手が昆虫くらいなので往復しない場合は昆虫の移動周期に重ならないよう黄色に踏み込むターンをずらすことで外交失敗リスクや外交する時間カット
    樹海も昆虫くらいなのでオナ軸ずらす
    ローラのナクルも同じ←あと水棲エリアはこなし使って先に黄色見えた方に突っ込むといい

    ・ルーラー戦の色々

    ・HPを防具として使う  レベカンダールやティフォカンダールという呼び名があるようにイスカンダール戦法(HPが高いため防御を固めて最大HPを超えられないようにしてLP削られ判定を減らす)というのがあったり現在HPがある程度残ってるとLPが削られにくいのを利用して壁を選択する時にLPだけじゃなくHPの残り具合も加味して選ぶことで安全度が増す
    これマイスやるなら必修科目

    ・相討ち戦法  最終とかのターン途中に壁のLPが残り2とかの場合にルーラーの行動がまだ残ってるくさい時にナブラから打つだけじゃなく壁が死んでしまう前に弓ホールドしちゃうことでほぼ殺されていたであろう壁の行動まで使えるしワンチャンでルーラーが滅殺滅殺とかで壁を切り刻んでくれたらどうせ死ぬ人がいっぱい攻撃吸ってくれてお得

    ・閉じで動いてほしいのに術使ったのに全然吐いてくれなかった(><)
    弓ホールドできるならしてみれば2魔魔剣とか実はルーラーがホールドしてたりとかもある
    文句言っても結果は変わらないのでまだケアできるならすりゃいいだけ

    ・レスキューしないという選択
    気絶だったりの時に絶対レスキューするのではなく例えば第一の6T打開が微妙な時とか逆に余裕すぎる時とかに確実に拾えるわけでもない作業に1手使うより放置して壁として使えるならそのまま使ってもいい
    気絶からの復帰はステータスの「体」数値に依存したランダムなのでパネル交換で上げておくと起きやすくなってたりする、まあ早いと次ターン、だいたいその次のターンには起きるので何が何でも愚直に拾うのではなく放置も選択肢に入れるということ
    ちなみに悪夢とか混乱は「心」依存、悪夢ってのはカオスウェイブでLPが減らなかった時に云々


    とりあえずここまで、1つずつ意識できるようにしていきましょう(*^_^*)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。