俺が悪いのは確かだが、それならあなたもそうだ!という反論に潜む罠。((;゚Д゚))ワナワナ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

俺が悪いのは確かだが、それならあなたもそうだ!という反論に潜む罠。((;゚Д゚))ワナワナ

2020-04-01 03:09
    反論の形の話をしたいと思います。
    誰かが言います。「お前はひどいやつじゃないか!」
    と言われた彼は思わずこんな反論をしてしまいます。
    「俺は確かに悪いかも知れないが、お前だって悪いことには変わりないだろ!」

    私は、この手のやり取りをたくさん見てきましたが、後者のこの発言は大抵の場合、「無自覚で自分の罪を肯定してしまったという証言をした」という事に気が付かずに、或いは恐らく「平等意識」をこじらせた結果、「やってもいないことを認めた形」で発せられる場合がよくあります。

    上記に依らない場合に起こってしまう形が「そんなことはやっていないので、取り合わない」という方法です。ないことの証明は、悪魔の証明といって、不可能であるという話を皆さんも聞いたことがあると思います。話はそれてしまいますが、この「ないことを証明するのは不可能」って、間違ってませんかね?
    ゼロである証明ってできないんでしたっけ? (゜Д゜;)三(;゜Д゜)エート?

    閑話休題。

    この平等意識をこじらせていますと、色んなものに悪影響を及ぼします。皆が、同じものを、同じだけ与えられる・・・というのは平等な感じがひとまずしますし。欲張らないのであれば異を唱えることもないだろうと錯覚してしまう人が多いわけですが、その近視眼的な解釈で、相手とイーブンの立場であると言いたくなったのか何なのか、あろうことか「やってもいない罪を認めた上で」なにか反論を試みようとしてしまうのではないかと考えています。

    もしかすると、相手は、「やってもいない罪」を負わせようとしていたのかも知れません。或いは相手とて、「平等をこじらせているだけ」で平等というものを誤解したまま、何かを論述しようとしているのかも知れません。



    ああ、解ってくれとはいわないが、そんなに俺が悪いのか。



    そらあかんやろ普通。( ・`ω・´)w


    ↓私のラジオごっこの場所の一つ(*゚∀゚)丿↓
    ニコ生コミュニティー:なんで、つまらない のか。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。