具体的にすることでごまかされ、抽象表現(本質)は、ないがしろにされる。の話。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

具体的にすることでごまかされ、抽象表現(本質)は、ないがしろにされる。の話。

2020-04-10 15:38
    みなさんは、もしかして「話は具体的にしないといけない」と思い込んでいませんか?

    [具体的な話ってw だから何の話なのよpgrw]

    と、思った方。ようこそ私のブロマガへ(*゚∀゚)丿

    そもそも、このブロマガは、その殆どの記事が敢えて具体的には書いていません。なぜかと言いますと事細かな具体事例を書いてしまうと、その話それぞれの「個別の話」というだけであり、あっというまに「そのやり方」や「解決方法」などに十人十色の様々な異論反論が出てしまうだけでそれらの疑問や「案」は単に「解決方法はたくさんあるんだなー」といった、まるで童話の「ろばを売りに行く親子」のようになってしまうだけなので、あえて「結局どうしたいのか?」という本質に直接関わる「抽象論」を綴ってきています。

    実はこの「話は具体的でないと絶対にいけない、抽象的な話はだめに決まっている」という誤解は根深いものがあり、なぜなら、時折「嘘つき」や「詐欺師」達が具体的な部分は誤魔化すということがよくあり、「何故そうしたいのか?したのか」という目的の本質ばかりを言い募ることによって「言語明瞭意味不明瞭」などという状態が起こり、そういう経験などを踏まえて、「計算ドリル脳」又は「膨大な具体事例によるエビデンス抽出の理屈」などに"ナチュラルに立脚"してしまいがちになり、あろうことかそういう「原理主義者化」してしまっているのだと思います。

    その何が危ういのかといいますと、具体と抽象は対義語の関係性にあるのですが、短絡的な思考、つまりこの場合は「具体論原理主義」に陥っていますと、あろうことか「目的の本質」が消失状態に陥り、何故そうするべきなのかという本質部分が、せいぜい「感情論」だけが残り、残念なことに「人間の本質とは感情である」などという意味不明な「野生への回帰」が起こり、本質とすげ変わる場合があると考えています。(話についてこれてますかー(゜Д゜;)三(;゜Д゜)w)

    [じゃあどうすりゃいいのさ、具体的におなしゃす]

    という部分ですが、簡単なので覚えておいてくださいね。

    具体的にどうするのかを抽象的に確認しながら具体的に進めれば良い、のです。

    反対語の関係性にあるからと言って「表裏一体」ということであり、反目し潰し合う概念同士の関係性ではないのです。偏って片方だけを盲信していた(具体が正しいという誤解をしていた)ことが問題だったわけです。

    このブロマガは「抽象的」に書く努力をしているのですがその理由は簡単にもう書きましたが、お解りいただけましたでしょうか?

    具体論原理主義が横行している昨今ですので、それらに対応させようとしますと、膨大な具体事例に依るエビデンスの抽出作業を、このブロマガや生放送でやる事態に陥り、それは大変すぎることなので、それをここでやるつもりはないからなのです。

    多分、具体原理主義者の人たちは「データ」「一次資料」も好きだろうけどなぁ。・・・だから例の状態が起きるのだろうなぁ。そういうのは各人がネット検索して内容を吟味してくださいね(*゚∀゚)

    (笑って誤魔化す)




    ↓私のラジオごっこの場所の一つ(*゚∀゚)丿↓
    ニコ生コミュニティー:なんで、つまらない のか。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。