• 【はじめてはんぺん】第1食:キャンプ

    2019-11-19 01:19
    いただきます!おでん商会のはんぺんです。

    新企画「はじめてはんぺん」始まり始まり。
    毎回「そういえばやったことないなー」ってことを
    友人の力を借りながら実際に体験して紹介するよ。

    記念すべき初回は「キャンプ

    僕=陰キャ。アウトドアの対義語です。
    そんな僕でもちゃんと楽しめたから安心してこの記事を読んでほしい。いいから読め。

    ◆参加メンバー
    はんぺん】もやしヒョロガリ偏屈野郎。飯盒炊爨の「爨」の字が気になっている。
    田楽】キャンプ大好きおじさん。テントを所持するほど割とガチ勢。痛風気味。
    巾着】キャンプ経験あり。よくおばさんに間違われる。
    マーダー】リア友。キャンプ初心者。連続殺人鬼みたいな見た目をしている。

    場所:本栖湖キャンプ場
    移動手段:車(田楽のカーシェアリング)

    1:そもそもキャンプって何が必要なんだよ

    敷居が高いのはまずここ。なんかお金かかりそうだしめんどくさそう。考えただけでだるい。
    ということでプロキャンパー田楽に教えを乞うたよ。
    正解はないのであくまで個人的見解として捉えよう。

    ↓とりあえずあればなんとかなるリスト(すべてAmazonで購入)
    ◆ランタン ¥3,000
    ◆ヘッドライト ¥2,000
    ◆寝袋 ¥2,400
    ◆マット ¥3,000
    ◆組み立て椅子 ¥3,000

    計13,400円

    (テントや調理器具はレンタルできる場所もある。今回は田楽が持っていた)

    ▶思った以上にコンパクト。一瞬発注ミスかと思った。


    自然災害も多い昨今だし、別にあって困るものはない。
    個人的にはランタンが有能。分解すると懐中電灯にもなる。


    ▶万一のために酔い止めも用意しよう。人生で初めて乗り物酔いした。
    キャンプ場は山なので、道中はマジで蛇行。
    ※けして田楽の運転が乱暴だったわけではないぞ。


    2:服装はどうすんのよ

    なるべく動きやすくてあったかい服装で行こう。

    【望ましい服装】

    ▶ダウンはあったかい。腰に携えているのはナイフ。ニンジンではない。

    【誤った服装】

    ▶完全になめている。申し訳程度のフリースはまさかの白。こういうクソガキは無条件に殴りたくなる。

    3:食事はどうするんだよ


    キャンプ場にはレストランや食堂はない。
    つまり現地で何か調理しなければいけないのだ。
    (※ちなみに僕は冷凍食品を解凍しようとしてボヤ騒ぎを起こしたほどのでくのぼう

    ということでキャンプ場に一番近い大型スーパーに来た。

    ▶「カレーに使う野菜はこれでOK」とマーダーくんが渡してきた。
    なんでむき出しなの。今収穫したの?あと絶対足りないよ。


    買い出しの際は、目的地より少し手前のスーパーに行くことを勧める。
    キャンプ場近くだと大型スーパーでもこの有様だ。結局お水でお茶を濁した。


    ▶ここで着火剤や薪も買っておこう


    ▶こんなに長いレシートはカラオケの鉄人くらいでしか見られない

    偏差値の低い男4人が買い物をすると出費がかさむ。

    割り勘というワードが僕らを油断させた。2%アップした消費税も痛い。

    ▶車のカギをなくした田楽。日常茶飯事だから誰も焦らないぞ。


    4:ついたらどうするんだよ

    いよいよ到着。暗くなる前にテントを設置しないと地獄を見ることになる。
    そう思った矢先、事件は起きた。

    ▶車が大木の根っこに乗り上げて身動きが取れなくなった。
    JAFと警察をお招きした現場検証が始まる。


    田楽「対物事故になるんでしょうか?」
    警察「樹木ですね」
    田楽「JUMOKU」


    ▶意気消沈気味の田楽もテント設営開始

    ▶ついに完成。ちなみにはんぺんは警察とJAFの対応に追われていてそれどころではない。

    ▶これはタープといって屋根だけの場所。ここで飯とか食う。ちなみにはんぺんは事故現場で田楽を待っていてそれどころではない。

    ▶火をつけるのは至難の業。ちなみにはんぺんはZOZOTOWNで買い物をしていてそれどころではない。

    5:夜だ!


    日が落ちてあたりが真っ暗になったらいよいよ本番だ。

    ▶はんぺんとマーダーくんで作ったカレー。全然おいしくない。

    (奥)【目をほじっている田楽】カートゥーンネットワークに出てきそうな表情だ
    (手前)【腹部が異様に発光したはんぺん】映画「エイリアン」ならまもなく死ぬはずだ


    ▶田楽が作ったアヒージョ。なんかムカつくから塗りつぶした

    ▶まるで森の番人かのように火に薪をくべる巾着。ハグリットを彷彿とさせる。

    ▶もちろん肉も焼く。周りに鎮座するのはフランスパンだ。

    ▶夜が更けたらお酒を酌み交わそう!

    ひとしきり楽しんだら寝袋とマットをセットしてお休み。。

    思った以上にちゃんとしてた。

    真夜中~夜明けにかけては本当に寒いので毛布とかセーターを持ち込もう。
    震えを通り越して痙攣した。

    朝はマイナスイオンを感じながら起きれるのもキャンプのいいところ。
    朝食を食べて、片づけをしよう。
    何より、協力が大切だ。

    ▶人が淹れたコーヒーと人が起こした火でそれっぽく見せている。罪悪感はないのか。



    ということで、「キャンプ編」いかがだっただろうか。
    思ったより楽しかった、というのがインドアな僕の率直な感想だ。
    初めての人は経験者と行くことをオススメする。
    道具をレンタルして様子を見るのも良いだろう。

    個人的には、もう少し暖かくなったらまた行きたいかな、、
    タケシくらいガタガタしてたから。マジで。

    もっとおしゃれに決めたい人はグランピングなんていかがでしょう。
    あ、そっち行きたいな。次回はそうしようかしら。

    ちなみにキャンプ代は田楽がまとめて払ったんだけど
    本日今現在も全員が踏み倒している。草。

    ごちそうさまでした!
  • 広告