土室圭「徒然日和【1】」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

土室圭「徒然日和【1】」

2018-04-21 19:53
  • 2



©ICHIJINSHA All Rights Reserved.
土室圭先生による、地方の高校を舞台にJK四人組の何気ない日常を描く百合姫連載作「徒然日和【1】」が登場です。

小春は高校入学の日に、同学年が二人しかいない(!)ような田舎の別の中学に通っていた知り合いの七椰と実里に同じクラスメイトとして再会、さらに小学生の時に仲良しだったものの親の転勤で別れてしまった真冬とも再会することに。
こうして、仲良しJK四人組によるお花見に、部活選び、雨の日に一緒に下校、などなど特別ではない、でも本当は特別な日々が描かれていきます。

特に小春と真冬は、幼馴染み再会カプとしてすでに鉄板扱い(?)になっていますし、七椰と実里も通学が遠くて大変ということで七椰の親戚のアパートに二人揃って入居しているという設定な上に、本来二人は別の部屋なのに実里が七椰の部屋で世話焼き女房的にナチュラルに同棲状態なのはグッドですね。
ただ、七椰とは部活選びで知り合ったイケメン(?)女性教師の草壁先生が絡んでくる予感もあったりして(苦笑)
あと、最初は都会育ちなクール美少女と思われていた真冬が、実は四人組でも一番成績が悪いというポンコツ(苦笑)だという意外な面もあったり、七椰が実里のヒモ状態(!)だったりと、ほのぼのハートフルだけでなく、適度なコミカルさがあり、青春ものにありがちな変にノスタルジックなところもないのは好感が持てましたね。

百合姫が月刊化後に日常系で狙った(?)作品は残念ながら長続き出来ませんでしたが(溜息)、仕切り直し(?)とも言うべきこの作品は何とかまだ続いてくれそうなので、土室先生には引き続き肩肘張らない少女たちの想いを描いていってもらいたいものです。


広告
×
おーらんどー様、30分以上進行しながらしゃべり続けることが困難になり年を感じてしまう中、こんにちは。こちらの作品も、王道まっしぐらですね!良いです!こういう何気ない日々の中に見つける幸福感を綺麗に描き出す作品は、素晴らしいです。実際自分に照らし合わすと(男性と女性である時点で比較してもしょうがないのですが)、高校時代など、汗臭いのと早弁と漫画の回し読みくらいしか思い出せません(男子校だったので・・・)このままこれからも、四人で素敵な思いで作りをしていって欲しい作品ですね。
27ヶ月前
×
>>1
は、は、は、私は男子校ではありませんでしたが、取り立てて学生時代には思い入れはないですね。

その点、この作品などは、学生時代を特別視するような鼻に付く青臭さが感じられず、それでいてしっかり学生百合ならではの魅力が描かれているのがいいですよね。
ただの日常を淡々と描いているようで、多角的な視点によって、物語をダレさせないところも上手いと思います。
27ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。