萩埜まこと「熱帯魚は雪に焦がれる【5】」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

萩埜まこと「熱帯魚は雪に焦がれる【5】」

2019-07-21 08:08


    水族館部という特別な部活を舞台にした先輩後輩の関係を描く萩埜まこと先生の「熱帯魚は雪に焦がれる」も、すでに5巻目ですね。

    水族館部一般公開も何とか無事終了し、ようやくそれぞれの居場所を見つけたような小夏と小雪、そして、そんな二人を見守る周りの人たち。
    しかし、冬休みに突入して、小夏のほうは父に会うため東京へ行ってしまったため、手持無沙汰だった楓は小雪とばったり出会い、初めてこの二人だけで話す機会が。
    そして、徐々に現実味を帯びてきた小雪の卒業に、小夏は???

    ということで、今回は何か、小夏は脇役(!)で、小雪と楓が前面に出てくるという、意外な展開とともに、小雪の揺れ動く想い(「寂しい!」)が丁寧に描かれていましたが、これから先が小夏と小雪の関係がどうなっていくのか、まだまだ楽しみですね~。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。