あらた伊里「とどのつまりの有頂天【2】」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あらた伊里「とどのつまりの有頂天【2】」

2019-07-21 21:29


    離島にある全寮制女子校の有頂天高校を舞台に、変人百合ップル(!)ばかりの弱小部の寄り集まりである「有頂天部」のメンバーにされた美古都と猫崎さんの恋心をコメディタッチで描いた、あらた伊里先生の「とどのつまりの有頂天」も2巻目をもって一応完結です(詳細は後ほど)

    海に行ったり、美古都の実家にお邪魔したりと、なんだかんだと「有頂天部」のみんなで行動するうちに、実質両想いなのに、最後の一歩が踏み出せない猫崎さんの幼い頃のトラウマに起因した葛藤をメインにしながら、獅子丸と辺銀、タクヤと夜空、それぞれの馴れ初め(!)や想いもしっかりと挟んで、すれ違い続けた美古都と猫崎さんもようやく大団円でしたね~。

    あと、猫崎さんへのルームメイト椿の想いも描かれたり、タワリシの番外編が載っていたりと、全体的に百合度も高くなり大満足でしたよぉぉぉ(まあ、本来のコメディよりシリアスが勝ってしまっていますが、これはこれで)

    ということで、百合漫画大賞2019で一位を獲得した人気作なのに、これで完結は残念、と思っていたら、なんと雑誌を電撃大王(やが君やふたりごはんの掲載誌ですね)に移籍して、リニューアルとのことで、一安心ですね~。

    あらた先生には、新天地でも更なる百合を目指して頑張っていただきたいと思います!!!
    とりあえず、お疲れ様でした(ペコリ)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。