あらおし悠「百合お嬢様の優雅じゃない魔法少女生活」(ラノベ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あらおし悠「百合お嬢様の優雅じゃない魔法少女生活」(ラノベ)

2019-12-08 08:17


    二次ドリ文庫でのH百合ラノベの第一人者、あらおし悠先生の新作、初の魔法少女ものである「百合お嬢様の優雅じゃない魔法少女生活」が登場ですよ~。

    比較的上品なお嬢様系女子校に通い、校内では憧れの的となっている美少女桃ですが、実態は美少女アニメなどが大好きな「百合オタク」(さらにはリアルな女の子も好きというのはポイント高いです!)
    そして桃と校内の人気を二分するのが、爽やかスポーツ系美少女橙果で、二人は何かと周りからライバル視されていますが、少なくとも桃は橙果を全面的に敵視してはいません。
    そんなある夜、桃は異常な感覚に引きずられるように街に出て、そこで「蜜魔」と呼ばれる少女を発情(!)させ、その性欲を吸う魔物と、「蜜魔」を捕らえるために異世界から来たものの、逆に「蜜魔」に襲われていた少女メロと出会い、成り行きで「魔法少女マジカルピンク」(トホホ)となって「蜜魔」を捕らえ、メロを助けることに(しかも「蜜魔」によるメロの発情を鎮めるための百合Hを含めて)
    それ以来、メロに協力して、異世界から逃げ出してきた10体の「蜜魔」を捕らえることになってしまった桃ですが、「蜜魔」を捕らえる度に襲われた少女たちともHする羽目になり、さらには謎のクール美少女魔法戦士ラクスが現れたり、橙果が「蜜魔」に襲われて、「マジカルピンク」として桃は橙果とHしてしまったりと、桃周辺の混乱はさらに広がりますが…。

    ということで、あらおし先生といえば、「主人公総受けの百合ハーレム」が定番でしたが、この作品は趣向を変えて、桃を含めた四人の少女たちの入り組んだ想いを、ファンタジー設定を活かしながらのHも含めて一方的なハーレム展開とは違う形で描いていて、とても新鮮に楽しめました!!!

    特に主人公の桃は、受け一辺倒だけでなくHでも積極的なところもいいですし、それぞれが1:1で想い合っていて、お互いに大事なもの(!)をささげ合うところをしっかり描きながら、四人一緒の想いもあるというのもよかったですね~。

    さらに今回は、初の魔法少女ものということですが、実は以前からあらおし先生ご自身は魔法少女ものを提案されていたけれど、ボツ続きでようやく描くことが出来たとのことですが、それだけあらおし先生の百合が売り上げも含め評価されてきている結果だと思うと嬉しいですね。

    あと、今回の「蜜魔」に関しては触手もののような疑似ペニス的な描写はありませんし、もちろん、その他も男絡みやふたなり、道具なども一切なしの従来の百合路線を踏襲してくれていて、安心して楽しめるのもよかったです。

    あらおし先生には、今回の新境地も踏まえ、ますますH百合ラノベでご活躍されることを期待したいと思います!!!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。