みもと「恋する名画【1】」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

みもと「恋する名画【1】」

2020-01-26 08:02
  • 4


「モナ・リザ」を始めとする、古今の名画をモチーフにした百合短編の連作という異色な企画力が光る、みもと先生による「恋する名画【1】」が発売になりましたね!!!

1巻目に登場する名画は、ピカソ、ダ・ヴィンチ、アングル、岡本太郎、ミレー、クリムト、モネ、ムンク、フラゴナール、ルノワールといった巨匠たちの作品。
それらをモチーフに、歪んだ友情、美への憧憬の芽生え、純粋な献身、不器用な恋、隔てられた想い、スレ違ってしまった存在同士、ド直球ラブ!、独占欲の暴力的解放、再会による再生、性愛なき恋慕など、ハッピーからダークまで多彩な百合が楽しめました(巻末の後日談もよかったです!!!)
また、作品ごとに、モチーフとなった名画についてのみもと先生の解説(?)が書かれているのですが、それを併せて読むと、さらにまた多角的な魅力が味わえるのも素晴らしいですね(アングルにおける正確なデッサン力とデフォルメについてなど…)

このような連作が可能になったのは、様々な名画についての知識と百合に対する発想力を併せ持ったみもと先生の実力と、時にはヘテロな名画(フラゴナールなどはその典型ですが、実際そのほうが多いはずです)を百合へと読み替えることに違和感よりも、むしろ自然さを感じるようになった情勢が上手く噛み合った結果だと思っていますし、それは「百合」を受容する側も成熟してきた証ではないでしょうか。

とにかく、「女性同士の恋愛を肯定的に描くこと=百合」自体が特殊ではなくなり、さらに幅広い発想や設定が可能になってきたことは、素晴らしい変化だと思いますので、みもと先生には、これからも百合の持つ多面的な魅力を描いていってもらいたいですね。


広告
×
おーらんどー様、冬は寒いのが当たり前ですが暖冬と言われても寒さの体感は変わらない中、こんにちは。面白い作品ですね。画家のセレクトもなかなかクセがあって面白い。是非、僕の大好きなベルギーの近代画家の作品も取り上げて欲しいです。アンソールとかマグリットとかデルヴォーとか。特にデルヴォーの絵は「人魚の村」「森の中の駅」という見ているだけで勝手に百合妄想スィッチが入ってしまう作品が多いので。しかし、モナ・リザはナット・キング・コールの唄にもあるよように「冷たい微笑みを浮かべて、近づく男たちに見向きもしない」からでしょうか、百合として取り上げられるケースが多々ありまして、ニール・ジョーダンの監督作品「モナリザ」でもラストでモナリザと主人公が思いを寄せた黒人娼婦が実は、など、クリエーターたちに実際はこの方、百合な方だったのではないか?という妄想を抱かせてしまう、そういう微笑みなのかも知れませんね。みもと先生には今後ますます、その絵を見たら百合妄想がどんどん膨らんでしまうような作品をお願いしたいですね。
4週間前
×
>>1
DICKEY様、どうもです。
本当にこの作品は企画力の勝利で、これまでのテーマ別などとは全く違う形の百合連作が可能だと示してくれた意義は大きいと思っています。

あと、アンソールやマグリットはさすがに厳しいとは思いますが、デルヴォーあたりは出てきそうですね。

で、この作品を読んでハタと気付いたのですが、私の百合好きの原点には、ヨーロッパの裸婦群像があるのかもということです。
アングルの前代未聞な(!)裸婦群像である「トルコ風呂」やフラゴナールの先輩であるブーシェの「ディアナの水浴」、クールベの「眠り」など、名画という建前ゆえに(!)未成年でも目にすることが出来た、エロティックであっても下品ではない(重要)「女性同士の関係」には強い印象を受けた覚えがあります。
もちろん、それらの作品を「男性目線の性的な搾取」と一蹴する向きもいるとは思いますが、個人的にはそれだけではない魅力があると思っています。
4週間前
×
>>2
おーらんどー様、それ!よく分かります!何故か幼少期でもヨーロッパの裸婦が複数人数で描かれた絵画を見た時に、男性的な性欲(男性なので当然、現在でも女性に対する性欲はありますが)を感じることが無く、むしろ、その絵画の中の世界だけで、その中の登場人物である女性たちだけで物語が展開しているような、そんな思いに駆られていました。無論、その当時は百合という概念を意識した事はありませんでしたが。全ての芸術は遡れば、必ずどこかに、容易くは見つからない所に、女性の女性に対する思慕を込めたメッセージが隠されているのかも知れませんね。
4週間前
×
>>3
ありがとうございます。

ヨーロッパ絵画でも裸婦像は単体のほうが圧倒的に多いと思いますが、単体の裸婦像が見る側の男(俺嫁厨?)を意識させるのに対して、群像の裸婦像が丁度「百合」と同じように見る側の男(や時には女性)を意識させないように見えるのも、何か興味深いものがありますよね(ポルノにおいても、ヘテロと百合ではある種のギャップがあるという…)
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。