きららミラク12月号
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

きららミラク12月号

2014-10-18 17:45

    アニメ化も順調な川井マコト先生の「幸腹グラフィティ」では、きりんと椎名もリョウと同様に、それぞれの志望校のオープンキャンパスを体験したみたいですが、その後、二人の様子が変なこと(きりんの食欲が無くなる(?!)くらい)に気付いたリョウですが。
    結局、リョウの愛のこもった(!)食事が、進路で悩む二人にとっては、一番のエネルギーだったという、三人の関係がいい感じでしたね。
    単行本第4巻は、12/25発売です。

    はりかも先生の「うらら迷路帖」では、いつものように、四人揃ってお使いに出た千矢たちでしたが、急な嵐に巻き込まれ荒れ寺に逃げ込んだものの…
    いつも以上にはしゃぐ千矢、逆に雷が怖くて固まるノノ、そして紺は「水止舞」と称して変な踊り(笑)を踊り出し、一番まともなのは小梅という(とほほ)
    しかし、そんな中でも、うらら見習いとして、凶兆を知ってしまったらどうするか、という答えを四人だから見付けることができたという展開は、よかったですね。
    そうそう、黒猫は凶兆なんていっても、カワイイものはカワイイのですよ(ふんすっ)

    CUTEG先生の「スイート マジック シンドローム」では、いつも通りのほんわかした一日が始まるかと思いきや、プリンの様子がいつもと違っていて…
    そして、唐突にプリンがお菓子の国に帰れなくなった原因である、プリンが出てきた入れ物が見つかることで、甘子とプリンはどうなるのか、ついにこの作品もクライマックス間近でしょうか(泣)
    こちらも単行本の第3巻(完結巻?)は、12/25発売です。

    タチ先生の「桜Trick」では、間近に迫った文化祭のポスターを描くことになった春香たちですが。
    壊滅的な春香の絵画センスはもはや画伯級ですが(爆)、今回はそれとは別に、コトネ(過去に絵の先生となにかあった?)と雫の絵を通じた想いがしっかり描かれていたのは、見逃せませんでしたね。
    単行本の第5巻(!)は、12/25発売ですよ~。

    クマノイ先生の「リメインズ・JC」では、桐島の運動不足解消(?)も兼ねて、高層ビル探検に行くことになったJC四人組。
    それにしても、桐島の作った弁当に、ドックフード(!)まで、宮田の食べ物に対する執念はたくましいの一言ですね(しかし、それが野犬という危機を招いた訳ですが(苦笑))

    そと先生の「ハルソラ行進曲」では、すっかり寒くなって、寒がりな朱莉は完全防備状態ですが、工業高校は実習時は着替えるという盲点が。
    そして、何気に朱莉の手を握ったり、冷え性のツボと称して身体に触りまくりなサヤは知能犯(?)ですね(笑)
    しかし、工業高校では染色などもやるんですね。
    まあ、化学工業系もありでしょうから、当たり前なんでしょうが、なんか新鮮でした。
    待望の初単行本は、10/25発売です。

    ゲスト登場のキキ先生の「ビビッド・モンスターズ・クロニクル」は、高校生の夢子がネットゲームの「ビビッド・モンスターズ・クロニクル」(通称ビビモン)に挑戦するお話。
    初心者で勝手が分からず困っていた夢子(PCネームは「ボン・キュ・ボン」(爆))は、偶然あんこというプレイヤーに助けられますが(女の子にケモ耳アイテムを付けさせるのが大好きとかGJです(笑))、そのあんこは夢子の身近にいることが分かって…
    という、他にも「じょそ天」さん(?)の正体とかが女性だったりしたら最高なんで、これからを期待したいですね。

    こちらもゲスト登場な奥たまむし先生の「宮守♡タイフーン」は、今まで祖母と母の三人だけで山の龍神様のお社で暮らしていた天音が、修行のため(?)名門女子校(もちろん寮生活!)に行くお話。
    なんですが、天音は「気」が強過ぎて、触れただけで相手の「気」を取り込んで(!)しまうほどで(しかも天音は無自覚!)、そのため、学校で出会った優等生の勇美、寮の同室でボーイッシュな先輩のななみといった少女たちが、天音にトキめいてしまう(?!)という展開になってしまっていますが、単なる百合ハーレムものにはならないことを祈りたいところですね(切実)

    小守ゆきち先生の「202号室の×××ちゃん」では、待望の一人暮らしを始めた晶でしたが、アパートのお隣さんのナノが実は宇宙けーさつ(?!)で、それを見てしまった晶は監視対象(!)としてナノに付きまとわれる羽目に。
    で、何気に学校生活に興味深々だったナノが、ちゃっかり晶に付いてきてのドタバタっぷりがお約束な感じですが、楽しかったですよ~

    ゲスト登場の矢澤おけ先生の「Noir Babies」では、人にご奉仕(?!)することが、なによりも大好きな少女のまりなは、憧れの生徒会の手伝いをすることになったものの、生徒会長のジュリを始め、役員のリリとミミには秘密があって、それを知ってしまったまりなは、これ以上、自分たちに関わらないように言われてしまいますが。
    さて、まりながジュリたちと、どう付き合っていくのか、見守っていきたいと思います。

    ゲスト登場の電竜ライ先生の「フェリス★ファミリア-王立魔法建築学校-」では、憧れの魔法建築学校に入学したリンゴですが、ミーテ、ジェーン、レビンといったクラスメートに、曲者っぽい先生(♀)も登場して、入学早々、課題に挑戦することに。
    個性的な面々に囲まれたリンゴですが、真っ直ぐなところは好感できますし、魔法と建築がどうつながってゆくのかも興味深いですね。

    ちろり先生の「箱庭ひなたぼっこ」では、ハーブに詳しい橘先輩ですが、今回は彼女が園芸にハマった意外な(?)きっかけのお話でしたが、後輩三人の反応もそれぞれで面白かったですよ~。

    しんと先生の「ゆずりはコーポレーション」では、宿敵(?)静流との対決に備えるゆずりはたちですが、今更ながら静流たちのことを全く知らないことに気付いて(苦笑)
    しかし、苦労などすることなく、意外にも静流自身が相棒(?)の天才少女(!)ジニーとやっている事業の中身をゆずりはたちに見せてくれるのですが。
    ということで、静流は自信満々なのに対して、ゆずりはたちに逆転の機会はありそうですか(疑問形(笑))


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。