ぱれっと12月号
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ぱれっと12月号

2014-10-25 09:10

    表紙は、お馴染み「ろこどる」の魚心くんの中の人コンビのゆいとみらい、バイーンとツルペタな(爆)好対照のタンクトップツーショットが最高ですね。

    で、本編の小杉光太郎先生の「普通の女子校生が【ろこどる】」やってみた。」では、縁のいとこで生徒会長の菫が、次期生徒会役員集めに苦労していため、生徒会に入らないかと聞かれた奈々子ですが、というお話。
    まあ、奈々子は元々ロコドルが忙しくて無理なのは当然なんですが、ちゃんと自分に代わる候補として、クラスメートの野田ちゃんを推薦してあげるところが、義理堅い奈々子らしさが出ていましたし、これまで原作では、単なるちょいキャラポジション(?)だった野田ちゃんや菫、さつきなどがメインの話も、これから読むことが出来るかもしれませんね(これもアニメ化のいいフィードバックといえるかも)

    mizuki先生の「アイドルマスター ミリオンライブ! バックステージ」(長!)は、今全盛のアイドルグループものの奔りともいうべき作品のSSで、元ネタはヤローのPが絡んでくるため百合的にはイマイチでしたが、こちらは756プロのアイドルたちの日常を描くということで、今回もペットをめぐる話題で盛り上がる女の子オンリーとなっていて、とてもよかったですね。

    七月隆文先生&葉乃はるか先生の「残念肉食ウサ子さん」では、ウサ子たちの「肉食の会」(笑)に興味がありそうな、優等生の天花寺さんですが、「白馬の王子さま」を本気で夢見る(!)ポエミーな(?)子みたいで、これまで女の子から3回ほど告白されても全く興味がなさそうなところなどが、ちょっと微妙な感じになってきて、なんか先行きが某四コマと同じにならないかとても不安なんですが…

    稲城あさね先生の「ボウリングッド」では、仮(笑)部員として鈴も入部し、ボウリング部の正式発足を記念してファミレスで親睦会を開くことになった直たち。
    もはやふ~ふ認定(!)の直と琴音はもとより、ノッポで意外とブルジョワだった静香とチビでビンボーな鈴という対照的なケンカップルもなかなかな感じ(?)で、百合な展開が今後も期待できそうですね。

    ichinomi先生の「ハルノカミカゼ」では、すっかりハルたちとも馴染んできた(元)いいちょさんがメインでございました。
    実は、いいちょさんは神木さまだけでなく、先代の神木さまやおハナさん、そしてハルともすでに知り合っていたという、ほっこりするお話でしたが、次回で残念ながら完結とのことです。
    そして、単行本完結巻は12/22に発売です!!!

    冬川先生の「ぶっくまーく」では、いと特製のアイスを食べたはじめですが、味はともかく、虫歯(!)であることが分かってしまい、いつものように女の子四人によるドタバタが始まります。
    で、なんだかんだで、はじめのためを思って、きちんと歯医者に行かせようとしてあげるいとが可愛いですね(あと、無駄に胸元を強調したナース服のしゅんとか(笑))

    ならば先生の「大上さんとケルベロスゥ!」では、すごく大きな(!)大上さんの実家にやってきたケルたち犬耳三姉妹ですが、犬耳なのに大上さんのペットの犬たちが苦手だというケルってどうなの?
    そして、ケルたちにおやつを出そうと奮闘する大上さんに、今までにない面を見て大満足なスゥと、大上さんの笑った写真を捜してアルバム漁りをするものの撃沈状態(笑)のケルとベロという、対照的な大上家訪問になったみたいですね。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。