邪武丸「化け猫システム【3】」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

邪武丸「化け猫システム【3】」

2014-10-26 16:54

    百合ファンには「える・えるシスター」でお馴染みの邪武丸先生による、「猫とメガネと微百合」なコメディ「化け猫システム【3】」が順調に発売されましたね。

    母の故郷で、なぜかすべての猫が人語をしゃべり(!)、時には「ひとねこ」と呼ばれる人型に進化(?)することもある不思議な早苗町にやってきた、引っ込み思案過剰な少女まなと彼女の飼い猫でちっちゃい「ひとねこ」サスケ(♀)を取り巻く、ちょっぴり変わったプリティでラブリィな日常を、やんわりと描いてくれています。

    まあ、「える・える」のようにド直球な百合ではないのですが(たまにヘテロカプも登場したり…)、人間と「ひとねこ」、人間同士、「ひとねこ」同士といった具合に、強弱濃淡、様々な女性同士のつながりが、絶妙なコミカルさを交えながら展開されているのがいいんですよね。
    特に巻頭の第12話では、生徒会に勧誘されたまなの親友の瑞葉の勧誘を断る理由が、幼馴染みの恵絡みだと、周りはみんな察してくれたのに、肝心の本人は…、という百合度高めのスレ違いラブ(苦笑)が堪能できましたよ~。

    あと、前巻での水着(!)に続いて、今回はまなたち三人娘+いいんちょの巫女姿(!)も堪能できますし、何やらまなとは因縁浅からぬ謎のゴスロリ少女も再登場していましたが、邪先生ご自身が書かれているように、(下手なラノベのような)どシリアス展開には決してならないそうですから、安心してこれからもまなたちの成長を見守っていきたいものですね~。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。