三月「わたしの友達が世界一かわいい【1】」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

三月「わたしの友達が世界一かわいい【1】」

2016-03-27 06:20



    ©KADOKAWA CORPORATION 2016
    すでにキューンコミックスから「ひなこのーと」も出されている三月先生による新作百合コメ四コマ、「わたしの友達が世界一かわいい」の記念すべき第1巻が発売ですよ~。

    女子高の生徒会長を務める小春が、ある日、校内で猫を追いかけて木から落ちてきたまりあを偶然助けたことから、まりあに懐かれるようになって、というお話になっています。

    この二人、一応キャラ紹介では小春がネガティブ中二病、まりあがゆるふわヤンデレ、と紹介されていますが、それほど拗らせている訳ではないので、ダークな雰囲気にはならず、終始、不器用な(でも時々天然タラシ(笑))小春がグイグイくる(でもナイスバディで、意外と女子力高し)まりあに振り回されながらも、まんざらでもなくなっていく様が一番の見所ですね。

    あと、小春の生徒会における後輩である結城と和泉も、優等生な小春に憧れるライバル同士ということで、いつもいがみ合ったりしていますが、「喧嘩するほど、なんとやら」な感じだったり、生徒会顧問の桂先生と天野先生(もちろん二人とも♀)が、ずっと一緒な幼馴染みで今も同棲中な(!)大人百合ップルだったり、まりあの双子(!)の妹のえりぃとりりぃが(特にりりぃ)まりあに激ラブだったり(泥棒猫!)と、バラエティに富んだ百合ップルに事欠かない作品になっているのは素晴らし過ぎますし、三月先生の四コマでも独特なトーンを多用したキュートな絵柄もすごくマッチしていると感じましたね。

    ともあれ、これからもかわいい女性たちのドタバタ百合ん百合んをよろしくお願いしたいと思います。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。