突然のぷよぷよ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

突然のぷよぷよ

2020-01-25 00:52
    突然ですが皆さんはぷよぷよってやったことありますか?
    初めてで連鎖組めたことありますか?

    ある人はすごい
    僕無理だった

    今から2年前の2018年3月、ふとようつべである動画が目に入りまして、それで暫くの間そのどうがを見ていたのですな。したらば、もうこれがすごいのなんのって。後で知りましたが、この動画、タイトル通り巷ではテトリスの神って呼ばれてる人と不定形の神って呼ばれてる人との対戦動画でした。神VS神ですって。すごいですね。
    まあどうすごいのか。なんか言葉にできないの。

    それもそうですね、ぷよもてとも上部まで、上から下まで余すところなく活用してるんですから。

    ところで、ぷよぷよのルールってご存知?上のばってん埋まったらまけ。そうならないように自分の画面でなんとか同じ色同士を4つつなげる。4つ以上繋げるとそれらが消えますから。そんなゲーム

    だと思ったら大間違いです
    なんとか繋げるんじゃないし、そもそもそうならないようにってところが違う。
    相手を埋めるために繋げる、それも連鎖という形で。

    ここでもう一度聞きたい
    連鎖組めたことありますか?
    無理じゃありませんか?

    私はそうでした、無理でした。自力で3連鎖なんて不可能だと、そう感じ、考え、それまでを生きてきました。
    ただ、その動画をみた日から、私の中に活力が生まれてきたんです。やる気ってやつですね。
    ぷよぷよ、楽しそう、やってみたい。
    他にも動画みてみましたら、世の中広いのか狭いのか、上級プレイヤーの動画がわんさかありまして。その動画たちの中にはプレイヤーが同じ人のものも。

    まあ、そんなことはいいとして、その3月にパソコンで、もといsteamでもぷよぷよが出ると聞いて買ったわけですが、最初全然でした。
    中学の時にゲーム内のチュートリアルで階段6連鎖はできるようになってたんですが、時間がかかりすぎる。

    階段ってのは、ぷよの置き方、連鎖の種類の1つです。
    これがまた難しいんです当時の自分には。いくら6連鎖できるっていってもほとんど運まかせのような気がしてならない、そんなぷれいんぐ。
    ほんである時、ぷよテトのsteam版やってる人たちで対戦募集したりするdiscordの集まりを知り、そこで募集かけてやってみました。
    その時、通話しながらお相手の方とやったのですが、とてもお強い。当時の私はGTRを練習しようと努め始めたばかり、そんな私に、実際にやりながら説明も同時にしてくださいました。
    そのおかげもあり、GTRがどんな感じでやるといけるのか、わかった気になりました。

    と、まあ身の上話は置いといて、これ以上はめんどいし長くなりますので。

    本題に入ります。
    連鎖、組みたいですか
    全く組めない人、組んでみたいですか。

    私は前述の通り、連鎖組めない人でした。
    それが今では最高16連鎖です。
    どうやって組めるようになったか。
    かんたんです、以下に大まかにまとめときます
    ①人に教えてもらう
    そのまんまです。これ実際に2P側操作してもらって、それ見ながら同じように組むのいいかも。自分は1Pでね。そのうえで、説明も聞きながらってのがいいかも。

    ②動画見る
    最近は単純なプレイ動画だけでなく、組み方講座の動画が増えてきました。かくいう私もその動画を上げている人の一人。
    まあ、組み方講座の動画だけでなく、プレイ動画もかなり参考になります。
    なんでか。これ後述します。これに関しては、一度自力で連鎖を考えることをしてからじゃないと、私のいいたいことが伝わらないと思うから。

    ③練習する
    調べた形を組めるようにひたすらシミュレータ等で練習します。それだけ

    ④自分で連鎖を、もとい消え方の流れを考える。
    これが一番効果あったように思います。そう思う理由は一旦置いといて、
    どういうことか。例えば、右端に青1つあったとしましょう。それ、どうやって消しますか?
    青をあと3つ以上繋げたら消えますが、どうします?そのまま直に繋げますか?
    どうせならこの青、なにか別の色が消えたあとに続けて消えるようにしたくありませんか?連鎖にしたくありませんか?
    かんたんです。また別の色を想像しましょう。赤のあとに青が消えるって流れで考えてみましょう。
    赤が消えて青が4つ揃うような形、どんな形になるだろう、そうやって頭の中で考えます。頭の中で考えるだけでなく、ノートやシミュレータなどで書き起こしてみます。するとどうでしょう。自力で連鎖を考えることができたではありませんか。
    では次に、実際に組んでみましょう。さっき、赤の上に青があって、それが赤が消えることによって下の青の上に繋がり、連鎖になる、という形だったとします。
    一度、自分の頭でシミュレートできた連鎖の流れ、形というのは、特に消え方というのは、経験上かなり実践で大きいと思います。たかだか2年の若造が、と思われるかもしれませんが、試してみてください。全く組めなかった人、やってみて。ほんとに連鎖組めそうになってるはず。
    そう、大事なのは連鎖の流れ、消え方なんです。ここで、②で後述するといったことにつながるんです。どういうことか。プレイ動画、要するに人のプレイってのはその消え方や流れが詰まりに詰まって、どのタイミングで見ても見れる、最高の教本なのです。形だけでなく、流れが大事、私はそう言いたい。

    それを、流れが大事っていうことを踏まえた上で、各種動画、プレイ動画や講座を見てみてください。そして、どんな消え方の流れにするか、思いつきそうなときはそれを脳内で形に可能な限り、またノート等で自分の納得する領域まで表現してみてください。
    きっと、いや、絶対、連鎖できるようになってます。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。