• 1/13(水)List続き

    2016-01-14 00:05
    要素を削除
    演習問題1
    {3, 1, 4} の要素を持つ動的配列 lst を宣言し、要素数・キャパシティを表示した後、Clear() で全要素を削除した後、再度、要素数・キャパシティを表示してみなさい。

    問題なく回答した。

    2.{3, 1, 2, 2, 1, 2, 3, 3, 2} の要素を持つint型動的配列 lst を生成し、Remove(2) を使って要素 2 をすべて削除し、lst の内容を表示しなさい。 ただし、配列初期値に依存するようなコードは不可とする。

    勘違いしてました。Removeは要素数でしたね。インデックスではありません。
    問題がややこしいかも?

    3.{0, 1, 2, ... 9} の要素を持つint型動的配列 lst を生成し、RemoveAt(ix) を使って、偶数番目の要素(1, 3, ... 9)を全部削除し、結果を表示しなさい。

    んーわからないので答え見ました。先頭から何番目を削除するときは後ろから削除しないとダメ!!

    次回はこの続きからやりましょう〰!!
  • 広告
  • 1/11 List

    2016-01-11 22:36
    要素の追加演習問題5と6終了
  • 1/9(土)Listの続き

    2016-01-09 22:57
    要素を追加
    演習問題を追加したようなのでここからやります。
    1.list<int> lst を作成し、for文で 0, 1, ... 9 を末尾に追加した後、lst の中身を表示して確認しなさい。

    別解:(リスナーさんより、1行でかける)

    var lst1 = Enumerable.Range(0, 10).ToList();
    foreach(var i in lst1) Console.WriteLine(i);

    3.C++ でも同様の処理を記述し、速度比較してみなさい。

    openmpの時間計測関数なら両方おなじ関数つかえるかな?
    同じ関数でC#とC++で比較??したほうがいい??

    次回は要素を削除の演習問題に進みます。