ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 【ゲーム夜話】初めてのシミュレーションゲーム「信長の野望 全国版」

    2021-04-30 09:444

    どうも、おーけーです。

    【ゲーム夜話】ではゲームに関する色々なことをテキトーに語っていこうと思います。
    あまり詳しく調べずに私の記憶に頼って書くかもしれません。
    記載内容に誤情報があっても御容赦いただきたい。

    第2回のゲーム夜話は
    「信長の野望 全国版」
    です。
    光栄(現・コーエーテクモ)のゲームです。
    自分が戦国大名となり日本全国を支配下に治める―というゲームです。
    ターン制の戦略シミュレーションゲームで8人まで同時プレイができます。
    本作、オープニング(確かエンディングにも?)に出てくる
    「人間50年、下天のうちをくらぶれば、夢幻の如くなり…」
    は、みなさんもご存じのフレーズですね!

    信長の野望は私にとても大きな影響を与えたゲームです。
    兄の友達がこのゲームを私の家にもってきて、何人かでプレイしていたのを見たことがこのゲームと出会ったきっかけでした。
    私の家にはパソコンがありました。シャープのX1(エックスワン)です。
    中学生だった兄とその友達たちが、日本地図に漢字が書かれたエリアを見て、とったのとられただの、数値を見ながら「これが低い」「あそこは強い」だの言って信長の野望を遊んでいたのを見ていましたが、意味がわかりませんでした。

    「これはゲームなのか?」「何がおもしろいのか?」

    当時私は小学校3年生でした。ゲームといえば、ディグダグ、マッピー、ゼビウス等(あれ?ナムコが多いな)自分の操作するキャラクターを動かして敵をやっつけるタイプのものが主流でした。
    (まだ、任天堂ファミリコンピュータも発売される前の事です。)
    私にとってシミュレーションゲームというものがさっぱりわからなかったのです。


    ↑PC版のパッケージです。

    兄が友達から信長の野望を借りてやっているのを横で見ながら、少しずつルールを教えてもらいました。
    他の大名を倒し領土を広げていくゲームプレイをみて、「おお~!すげー!」「つえー!」と面白がっていました。ルールをそこそこ理解した私は兄に「ぼくもやりたい」とお願いし、同時プレイをしてもらうことになりました。

    そして、兄と弟と一緒に3人で同時プレイをしました。
    当時のパソコン誌「ログイン」(今もある?)の信長の野望攻略記事を見て、どの大名が有利なのかを考えました。そして私は兵糧・金、兵が豊富な大名「今川義元」を選びました。兄は長曾我部元親、弟は織田信長でした。



    ゲームは1560年春から始まります。今川義元は最初から41歳で、全国統一するにはちょっと高齢です。


    戦闘画面です。これは美濃での戦闘画面ですが、おそらく稲葉山城を意識して「攻めるのが難しい」地形になっているのだと思います。


    弟は徴兵をしすぎて兵の忠誠度が下がったところに運悪く謀反が起こり、まさかの織田信長早々の退場となりました。

    私は武田信玄、徳川家康を討ち果たし、東海一の弓取りを名乗りました。(ゲーム中に「名乗る」というコマンド・アクション等はありません。ゲームプレイ中に私が勝手に自称しただけです。なお、「東海一の弓取り」は信長の野望設定資料集の今川義元の説明に書いてありました。)
    その後も美濃や飛騨を領土にくわえ、中部地方の大半を領土にしました。
    しかし、そのころ兄は九州、四国、中国、近畿地方を制圧しており、近江・尾張(兄領土)と美濃・三河(私領土)のあたりでいよいよ兄との対決になりそうでした。

    戦力的にも兄の方が強く、戦っても負けそうでこわかった私は、「自分(今川義元)の寿命による死のあとに入札(信長の野望・全国版では、大名が死ぬと跡継ぎはなく、隣接国がお金で空いた土地をとっていくことになります)で領土を(兄が)とること」を提案しました。
    兄は「あぁ、それでもいいよ」と提案を受け入れ、結局兄弟戦争はおきませんでした。
    私が寿命で亡くなるまでの時間も、私の領土になっていない北陸地方を兄が侵攻することで、長曾我部軍の版図拡大を滞らせることもありませんでした。

    やがて今川義元は寿命で亡くなり、今川領だった美濃、飛騨、三河、駿河・遠江、甲斐・信濃、相模・武蔵、下野はすべて、入札によって長曾我部のものとなり、私の信長の野望・全国版初プレイは幕を閉じたのでした。

    とても満足でした。
    このゲームプレイをきっかけに親にねだって、信長の野望・全国版(X1版)を誕生日に買ってもらいました。
    14800円だったと思います。


    PC版のパッケージに入っているものです。このころは5インチFDが主流(出始めかな?)でした。

    こんなに高いもの(ましてPCゲーム)を小学生に買いあたえるなんて…と今の私は思ってしまいます…。親は金持ちだった…。
    しかし、これをきっかけに戦国時代にはまり、歴史を勉強するようになったのも確かです。
    各大名の名前、日本の都道府県の旧名、歴史的事実だけでなく、日本の地理(都道府県名だけでなく、河川・山も)もこの頃憶えました。
    信長の野望・全国版には設定資料集みたいなものがついていて、それは信長の野望・全国版に登場する全大名について解説がされている冊子でした。
    それを読んで、織田信長や徳川家康、上杉謙信、武田信玄等有力大名を知りました。
    こういうのは、今も好きですね。
    小学館の「日本の歴史」(小学生向けの本です)も、信長の野望から始まった歴史ブームがきっかけでたくさん読むようになり、興味をもって学ぶことができました。
    今も「楽しかった思い出」として私の中に残っています。

    やがて、信長の野望・全国版の次の信長シリーズ「信長の野望・戦国群雄伝」が発表されるのですが、
    ・配下の武将がいる
    ・籠城戦がある
    が追加されました。これはとても画期的なものでした。
    私は大興奮でした。結局、小学生で経済力のない私はこれを買うことはできませんでしたが…。

    ―というわけで、信長の野望・全国版は、私にとって、初めてのシミュレーションゲームであり、歴史ブームの火付け役でもあり、さらに自分の「勉強動機」のあげるためのきっかけにもなった、とても意味深いゲームなのでした。
    光栄さんありがとう!
    …まぁ、その35年後にコーエーテクモさんの株で160万の損失を被ることになりますが…。


  • 広告
  • 【株式投資】投資経過報告(1月~3月)

    2021-03-19 23:492
    どうも、おーけーです。

    ずいぶん暖かくなってきました。お彼岸ですね。
    花粉症の私はここのところ、鼻水、くしゃみ、喉痛になやまされていてちょっと憂鬱です。
    (´;︵;`)
    株式市場はanomalyによれば、「彼岸底」…つまりこれから上昇基調になっていくわけです。

    そんな「期待の春」を前に私のポジションがどうなったのか少し書かせていただきたいと思います。

    昨年12/30時点で、持ち株はすかいらーくホールディングス<3197>スクウェアエニックス<9684>のみでした。

    まず、すかいらーくホールディングス<3197>から書きます。
    すかいらーくは12/30時点で40万の含み損を抱えていました。
    昨年末から今日3/19までの日足は次の通りです。


    あがっていますね!  (^^♪
    つまり、含み損が減ったということです。
    まぁ、まだ23万くらいありますが…。  (◞‸◟ㆀ)

    しかし、この銘柄はあまり悲観していません。
    というのも、上下を繰り返しながらも底値が上がってきており、着実に回復してきていると思われるからです。
    現物株なので返済期限もありません。
    決算短信によれば、2021年は通期で黒字になる予定なので、私の含み損が解消される程度には株価が回復するのではと期待しています。

    次はスクウェアエニックス<9684>です。
    昨年末から今日3/19までの日足は次の通りです。



    すごい騰落です…。これ日足ですよ…。 (°д°)
    スクエニは年末時点で少しだけ持っていたのですが、1月初めのすぐに損切りしてしまいました。
    しかし、めげずに何度も売買しました。全部買いです。
    1月中旬に25000、下旬に45000、2月上旬に▲35000、3月中旬に250000、
    えーとだから合計約285000のプラスとなりました。 \(^O^)

    騰落率が高かった上に、日経平均がかなり高く推移していたので、いつ落ちるかかなり心配だったこともあり、あまり長い間持ちませんでしたね。
    だから、利益が大きかったのは3月中旬だけでした。まあまあの結果かなと思います。

    ちなみに、この1月~3月までの間に太陽誘電も少し売買しました。
    こちらも60000くらい利益がでました。

    四半期分の利益としては、まずまずだった思います。
    あまり欲張りすぎずに長く持ちすぎず、押し目が来たらひろうようにしていたことが良かったと思っています。

    最後に―
    最近、銀行株の株価上昇が著しいですね!
    三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)は0.1円単位でしか株価が変動しないのですが、今年に入ってから200円ほども株価があがっています。
    私、MUFGの株も持っています。
    メインの証券口座はSBI証券なのですが、kabu.com証券の口座ももっており、
    そちらの口座で現物の銘柄が塩漬けされています。
    その塩漬け銘柄の1つがMUFGなのでした。

    今月中にも私のMUFGの評価額がプラ転しそうです!
    2017年秋以降の株高中に、日銀が金利を上げるか?というタイミングがあったのですが、
    そのときに現物で買いました。
    ところが日銀は金利を据え置き、失望売りで700円台だった株価はあっというまに400円台までさがってしまいました。
    以降、金利があがることは望むべくもなく、「10年くらいは売れないかもなぁ。配当利率高いし我慢しよう」と、完全に諦めていました。
    3年くらい塩漬けしていましたが、まさかこんなに早く刈取り機会が訪れるとは!
    (∩^o^)⊃━━━━━☆゚.*·。
    結局今回の株価上昇も日銀きっかけだったわけですが…。

    MUFGでは配当もそこそこもらえたので、キャピタルゲインは得られなくてもいいかなとも思いますが、しばらく銀行株あがっていきそうですね!
    これは逆指値入れて株価上昇を折っていく形で利益の最大化を試みたいと思います。
    \(^o^)/

    というわけで、投資経過報告でした~!
    またねー!  (^-^)ノシ

  • 【闘病記】癌摘出手術について知っておきたい4つのこと

    2021-02-12 20:394
    どうも、おーけーです。

    やはりまだまだ「手術経験がある」という人は、一般社会において少数派であると実感しています。
    私は手術をこれまでに5回したことがあります。
    5回のうち3回は腫瘍摘出のための手術です。
    回数こそ「すごく多い」わけではないですが、それでも手術のときの入院準備や心の準備、手術前の色々な検査の意味や順序、術後負担を減らすための過ごし方など、手術やその周辺知識(あくまで「素人の経験知」ですが)が少しわかってきた気がします。

    私も最初は手術について不安や恐怖感を抱いていたことは確かであり、
    「もし最初からわかっていたらもっと楽だったのになぁ」と思うわけです。
    これから手術を受ける人に伝えておけば、役に立つかもしれない知識を今日は書こうと思います。

    手術の準備や術後の体への影響・負担軽減のための方法は、その術式や部位、摘出する癌の大きさや進行度によって、大きく変わってきます。
    私の場合、胸腺カルチノイド・副甲状腺腫をとるための開胸手術、膵神経内分泌腫瘍(膵体尾部)をとるための開腹手術だったので、これらに基づく経験知を紹介します。

    ① 手術そのものは痛くない
    手術中は麻酔が効いているので、まったく痛みはありません。
    手術前に複数の種類の麻酔を打ちます。これが痛いことはあると思います。
    ただし、麻酔も麻酔医さんにうまさによってだいぶ違うと思います。
    少なくとも私はそう感じました。

    麻酔以外にも採決や点滴用のカテーテル、排尿用のカテーテル(尿道にさすやつ)も麻酔で意識がない時にやってもらえると楽です。
    以前1度だけ、麻酔のかかっていない状態で採血・点滴用のカテーテルをつなげるための12cmくらいの針を右手首から刺したことがありました。
    ズブズブっといれていくのですが、これは痛かったですね。まぁ、想像するほどではなかったですが。
    排尿用の管も意識がある状態で刺すのは相当痛いと思います。こちらは私は麻酔がかかった状態でしかいれられたことはありません。

    手術中の痛みを心配することは全くありません。

    ② 基本的に同じ部位を二度手術しない
    基本的に一度手術した場所をもう一度手術することはしません。
    もう少し正確に言うと、一度手術した場所をもう一度手術するのを外科医はとても嫌います。
    理由は、一度目の手術が終わった後に癒着がすすんで二度目の手術はリスクがあがりむずかしくなるからです。
    癒着とは切った組織や器官が再生するときに、本来ならばくっついていない別の組織や器官にくっついてしまうことです。
    つまり、二度目の手術でメスを入れたとき、色々な肉と肉がくっついていたりすると、癌が切除しにくくなったり、目的とは違うものー例えば、神経などーを切ってしまうこともあり、
    癌の摘出がとても難しくなってしまうそうです。

    尚、放射線治療でも照射部位に癒着がおきます。よって、放射線治療をした場所も外科医は手術したがりません。

    しかし、「基本的に」と書いたのは、必ずしも「二度手術しない」わけではないからです。
    一度手術した場所を二度手術するーのは、患者がそれを強く希望していてかつ、外科医が「手術する(できる)」と判断したときです。
    上述したとおり、「二度手術しない」理由はあくまで「外科医が嫌うから」であって。それを嫌わない外科医も存在します。
    そういう外科医の先生にお願いして切ってもらうことは可能です。
    つまり、医師の見立てや意志次第なのです。
    実はこれ、がん患者にとってはとても重要な情報です。
    ある病院の医師から「手術ができない」と言われても、別の病院の医師は「検討しましょう」、「リスクは大きいですがそれでも良いのであれば…」という回答がえられることも十分にあります。
    ただし、できるかできないかわからないような難しい手術をできそうな病院・医師はコンビニのようにそこかしこに存在しているわけではないし、診察を受けるだけでも予約を取ってからになりさらに検査をしてから手術可否の結果を聞くことになるので、多くても一カ月に1,2回くらいしか病院めぐりはできないでしょう。仕事をしていたら、病院は日曜日が休みなので、さらにスケジュール調整が大変です。
    私はやりましたが…。

    ③ 医師であっても癌は直接目視で確認しないと具体的なことはわからない
    こんなことを書くと医師の方に怒られそうですが。
    癌であるか否かを判断するための検査は多数あります。
    しかし、いざ手術でとるとすれば、それがどこにあるのか、どの程度大きくなっているのかをわからなくてはいけません。
    しかし、それは実際のところ医師であっても正確にはわからないのです。
    検査でわかるのは「大体の位置」「それが癌であろうこと」くらいのものです。
    だから、腹や胸を切り開いてみて、予想していたより大きかったり、転移があったりすれば、摘出部位を予定より広げることもありますし(前述したとおり同じ場所を2回手術はしないので、1回手術が始まったら「全部取りきる」のが基本です)、「副甲状腺を1つ切り取ったが血中カルシウム濃度がさがらないから2つ切った」など、医師が予定を変更したことで、患者が事前に聞かされていた手術の内容とは異なる結果となることもあります。
    さらに言えば、検査で細胞レベルの癌細胞が存在することがわかっていても、それは目視できないので手術ではとることができません。この場合化学療法で治療するか、経過観察(何もしないで成り行きを見守る)ことになると思います。

    ④ 手術後は元の体に戻らないことも多い
    怖い書き方ですが、事実です。
    手術は基本的に癌治療の第一選択肢となります。
    それは「癌を体からなくす」手段であるため根本的な治療法といえるからです。
    しかし、それは手術前後で体に何も変化がないことを意味しません。
    癌の摘出手術はかなり広範囲の器官・組織を切り取ります。
    (前述したおり、一度手術した部位は再び手術されません。よって、癌の取り残しがあっては絶対にいけないのです。)
    切り取られた器官や組織は再生されません。
    人間の体の中に無駄なものなどありません。よって、少なからず「摘出した臓器がなくなったことによる身体的影響」を受けることになります。
    「癌はとったし、時間も経ったからもう大丈夫なんじゃないか」と思う人も多いかもしれません。
    しかし、血流が悪くなっていたり、ヘモグロビンが減って呼吸に多少の難しさを感じるようになったり、心拍が上がったまま下がらなくなったり…これ、全部私の術後の症状です。
    手術後に元の体に戻らなくとも、体が生活環境に適応してきたり、自分が負担に慣れてきて苦に感じなくなる等で生活上支障なくなるーこのような状態を(元)がん患者が「がんが治った」と表現するのだと思います。
    実際には、術前より体にかかる負担は増えているし、体力・運動能力も落ちていることがほとんどだと思います。


    4つの「知っておきたい」ことを紹介しました。
    あらためていいますが、あくまで私見です。
    これらを知っておくと癌患者が治療方法を選択するうえで役立つ…かもしれないなと思い、記事にしました。
    文にまとまりがないのは許してください。

    それでは。