• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • コロナショックから7か月経過して

    2020-10-20 02:0310時間前



     2020年も10月に入り、残すところもう3か月も無くなってしまいました。

     現段階でもコロナの影響は社会のいたるところに散見しますが、少なくとも株価の上では、日本も米国も3月のコロナショック以前の株価の水準に戻ってきています。


     私もお客様にアドバイスを行う立場として振り返ると、お客様には3月10日の時点で、

    「相場の上下で一喜一憂しないように。今回の下落も株式市場ではよくある調整の一つだと捉えるのが賢明です。」

    「こういう下落時には、しっかりとポートフォリオのリバランスを行う事で(株式を買い増して)市場の変化に合わせる」

    という事を述べています。


     その後具体的には3月末から、お客様に上記内容を説明しながらリバランス(株式購入)作業を行っていきました。


     多くのお客様は、素直にリバランスに応じていただき、その時に購入した株式は現段階で20%近く上昇している状況です。


     ちなみに

     米国NYダウ 21,917ドル(3月31日)⇒28,679ドル(10月13日) 30%上昇

     TOPIX 1,403(3月31日)⇒1,643(10月14日)17%上昇

    となっています。


     やはりこうした大幅な下落時のリバランスは有効なのだと感じる次第です。

     一方で、3月末にリバランスの提案を行ったにもかかわらずなかなか実行できずに今まで来てしまったというお客様もいらっしゃるのが事実です。


     こうした方も、株価が戻ってホッと一息ついているのだとは思いますが、金融資産を長期的に増加させるという意味では、効果的ではありませんでした。


     現在の状況を見ているとNASDAQを中心に、ハイテク株がバブル化しそうな懸念も見受けられますが、こちらもバブルで大きく株価が上昇するようなことがあればまたリバランスでウェイトを落として対応するという事が相場の上下に一喜一憂せずに資産を形成していく手段だと考えます。


    株式会社マネーライフプランニング
    代表取締役 小屋 洋一


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


    無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

    https://mlplanning.co.jp/diagnosis/


    ■小屋洋一の資産運用メール講座■
     資産運用についてメール講座で学びませんか?
     これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
     資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

    詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/
  • 株の玉手箱 極端な悲観論が後退、見直し買いに期待

    2020-10-20 01:4410時間前



     既存成長株がコロナ禍により、極端な悲観論が先行し売られた銘柄の見直し買いの期待できる銘柄をご紹介したい。

    ------


    【10/13】『極端な悲観論が後退、見直し買いに期待』

    フレアス(7062)[マザーズ]


    【事業紹介】

     あん摩マッサージ指圧師によるマッサージサービスや訪問看護サービスを提供する。マッサージ事業の利用者数は過去5年で約3割増加(拠点は1.9倍に増加)全国に約100の事業所を構えるまでに成長した。ベテラン施術師による研修制度と厳しい品質管理体制のもと、全国300名を超える直接雇用のあん摩マッサージ指圧師(国家資格)が働いている。

     高齢者など自力で病院に通うのが難しい方の住まいに国家資格を持つマッサージ師を派遣し、関節拘縮の軽減などの高度な医療マッサージを行っている。星野リゾートが運営する宿泊施設への派遣も手掛けるほか、看護師による訪問介護事業も展開。


    【沿革】

     鍼灸マッサージ師として在宅マッサージの事業を山梨県でスタートした。
     その後、2002年4月に訪問マッサージ事業を事業目的とし、山梨県甲府市に「有限会社ふれあい在宅マッサージ」を設立。翌年2005年4月「株式会社ふれあい在宅マッサージ」に組織変更した。

     2011年3月、東京都に東京本部を開設し、4月に「株式会社フレアス」に商号変更した。

     2017年4月、「株式会社星野リゾート」と業務委託契約を締結し、ホテルブランド「界」でのマッサージサービス提供を開始。翌年には、星野リゾート「リゾナーレ八ヶ岳」でのオイルマッサージ(VINO SPA)サービス提供も開始。

     マッサージや看護といった人と人とがふれあうサービスを届け「ふれあいで明日を拓く」ことが、社名の「フレアス」の由来。


    【強み】

     強みはマッサージ師の教育制度が充実していること。親方の技を見て技術を習得するのが当たり前のマッサージ業界において、初年度に100時間の研修期間があり珍しい。

     医療マッサージ事業は積み上げ式のビジネスでもあり、利用者が増えるほどにマッサージ師が効率的に顧客の住まいを訪問できるため、利益率の改善余地も大きいと言える。

     在宅マッサージは、医療保険サービスとして、主に重度要介護者など、いわゆる寝たきり状態の高齢者に対する身体機能の改善に資することから潜在的な需要が大きい。

     国家資格を有するスタッフが施術するマッサージにおける業界では、首位もシェアは3.7%程度に過ぎないために、継続成長が期待できる。更に星野リゾート等の法人と直接契約する新規事業として、ラグジュアリー分野へのアプローチも強化し拠点網の拡大に入っている。

     6/1で株式会社レイスヘルスケアよりマッサージフランチャイズ事業を営む株式会社オルテンシアハーモニーの全株式を取得し子会社化した。これにより、直営店1拠点、フランチャイズ加盟店165拠点の合計166拠点が増加する。


    【決算】

     8月13日に決算を発表。21年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は1億7100万円の赤字(前年同期非連結は3700万円の黒字)に転落した。

     決算説明会の資料によると今期も引き続き、フランチャイズ事業を強化する。後期高齢者の増加に備え、事業展開のスピードを加速するため、M&Aなども活用し、フランチャイズを本格展開する予定。

     2021年3月期業績予想は新型コロナウィルス感染拡大を原因とする、介護施設の外部者立入制限が大きく影響するものの、介護施設の再開見込やフランチャイズの成長を見込み、売上高は前期比2.0%の減収、営業赤字を見込むものの、雇用調整助成金等により経常は黒字着地を見込む。


    【株価動向】

     株価は8/13以降悪材料出尽くしから戻り歩調を継続。コロナ禍での悲観論は後退し、今後も株価は上昇トレンドを継続すると思われる。


    (あすなろ産業調査部 藤井勝行)


    ■【無料銘柄毎日更新】■
    https://1376partners.com/lp?ad=okuchikafujii


    株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法人日本投資顧問業協会


    (提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じるおそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断にてお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成しておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)
  • 有料メルマガライブラリから(354)「短絡的に乱高下する株式市場はチャンスだが予測で動くのは危険すぎると感じる」

    2020-10-20 01:4210時間前
    4b6aa9d4ed9eb2999828f96cc5ef96ae_s.jpg



     有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
     自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
     なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


    =コラム「短絡的に乱高下する株式市場はチャンスだが予測で動くのは危険すぎると感じる」
     (有料メルマガ第174回・2012/5/1配信号)

    ※2012年5月現在の内容です。留意してお読み下さい。


    【前略】


     株式投資は株式相場とも言うように「相場」です。株式は企業の資金調達の大切な手段で、まっとうな経済行為だともいえますが、株価が乱高下するから投資家が寄ってくるのであって、株価が変動しなければほとんどの投資家は株式投資などには関わろうとしないと思います。つまり、どのような綺麗ごとを言ったところで、株式投資というのは「相場」です。そして『相場を張る』という言葉があり、この言葉に表れているように、いわゆるバクチの面も色濃く持っている投資対象です。

     しかし、投資対象である企業の業績や資産背景や財務内容などについては、インターネットも発達し、金融庁の管理するEDINETや企業のホームページで、私が株式投資をスタートした時よりも、ずっと企業内容を調べて理解しておくことが出来るようになりました。

     ただし、株価の変動の大きな要因のうち、まったく分からない、そして調べる資料も無いものがあります。それは需給、すなわち投資家たちの動向です。特に自分が投資している銘柄に直接投資している投資家たちの質は調べようがありません。この点が株式投資の最大のバクチ部分だと痛感するこのごろです。

     しかし、投資家の思惑で短期的には大きく上にも下にも動く株価も、ある程度の期間が経過すると、企業の財務内容と業績など(=企業価値)を反映する適正な株価に戻してくると、長年の経験で実感もしています。

     株式(投資)は射幸性がたっぷりありますが、冷静に、そして無理をしないで、真剣に向かい合っていきたい魅力的な投資対象だと思っています。これからも投資家の思惑で投売りされて割安すぎると感じる銘柄を、研究銘柄やコラムで取り上げていきたいと思います。


    【後略】


    経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


    ■□この有料メルマガの全文が読めます!

     旭化学工業(7928)研究銘柄レポート+コラムの構成です。
     コラムでは当時のバリュー銘柄や優待銘柄を取り上げています。
     以下のリンクからどうぞ。(一部無料で読めます)

      こちらから ⇒ http://bit.ly/rin20120501


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)