演奏で大切なリズム♬
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

演奏で大切なリズム♬

2020-04-11 16:41
    ブログのご訪問ありがとうございます!

    これからは、放送、演奏などでアドバイスいただいた事、
    自分の考えなど書いていきたいと思います。

    私もまだまだ出来ていない事ばかりなので、偉そうに書くな!
    思われるかもしれませんが、今までたくさんのインプットを
    いただいているので自分でもアウトプットして少しでもどなたかの参考になれればと思います。

    忘れっぽい事もあり(;´∀`)
    解釈が間違ってしまっている事もあるかと思いますがご容赦ください。



    ・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚

    今回は昨年ピアノを弾き始めた頃から、今まで何度も教えてもらったことも含めて
    演奏のポイントをいくつかまとめました!

    き語り、セッション をするうえで大切なこと
    ①リズム ②メロディー ③ハーモニー
    こちらの3つが重要です!一番大切なリズムについて書いていきます。

    リズムが不安定だと演奏がずれてしまい、聴いているほうも違和感を感じてしまいます。
    音程がもし間違ってしまってもリズムを崩さなければ止まらずにスムーズにセッションすることができます。そして聴いてる方にも心地よい演奏と感じてもらえます。

    リズムを身に着けるために
    必要な3つのポイントがこちらです。

    Point1 奏したい曲を覚えるのにはまず「原曲を聴く

    これは当たり前の事なのですが、私の中では弾き語りする事が楽しいほうが先にきてしまい二の次になっている部分です。原曲を聴いて、曲の速度(BPM)、流れ、キメなどを理解する事でコード弾きだけでなくて、イントロのピアノソロや間奏の盛り上げができるようになればもっと魅力的なセッションができるようになります( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎

    Point2 内リズムをつくる

    セッションではボーカルさん、ドラムさんやベースさんのリズムに合わせて演奏するイメージですがそれに頼り切ってしまうと、自分の演奏が少し遅れてしまったり、ボーカルの方の歌い方によっては全体を乱してしまうことがあります。弾き語りの時であっても、セッションの時であっても身体のどこかでリズムをとる事が自分を崩さないため、まわりとのズレを調整するために大切なことです。

    そして体内リズムを作るためにはメトロノームを使う事です。
    今はスマホアプリや動画でもメトロノームに代るものがあるので便利ですね。また、今後 NETDUETTO が SYNCROOM になることでメトロノーム機能も付くそうなので楽しみですね!これも二の次になってしまい出来ていない事なので、私も取り組んでいきます٩( ‘ω’ )و

    Point3 ード表記どおりに弾けるようになること

    セッションでは主に、ネット上にある「コードwiki」「楽器me」「U-FRET」などを見ながら演奏しています。これは個人的な意見ですが、特に「コードwiki」は親切に表記されている事が多いので、このコード表記が理解できるようになれば、初めての曲や知らない曲でもある程度伴奏ができるようになります。これが理解できれば演奏が未熟だったとしても、セッションでぴったり合わせることできます( ¯꒳¯ )b✧


    ベルアップポイント
    9(ナインス)までコードを覚える
    コードについて、基本的なメジャー、マイナーを弾けるようになったら sus4 6 7 M7 9 のかたちを覚えていくことでアレンジした弾き方ができるようになります。ここの部分の理解、まだできていませんが( ´•д•`; )まずはよく出てくる、7 と M7 の位置をしっかり弾けるようにしていきます。

    今回は以上です。

    まだまだ、未熟でできていない事ばかりですが
    こうやってアウトプットする事によって自分の中で整理していき、少しでも身に着けていきたい思います!

    最後まで読んでいただきありがとうございました!
    皆さんの1日が楽しくなりますように ⸜( ´ ꒳ ` )⸝♡︎





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。