【ひや族大移動】狂気と狂喜のバスツアーに参加してきました【ようかい図鑑】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ひや族大移動】狂気と狂喜のバスツアーに参加してきました【ようかい図鑑】

2019-03-08 19:51
  • 2
2019年3月2日(土)、
『ひや族大移動!ちく☆たむ・タニシのようかい図鑑バスツアー in KAWAGOE』
に参加してきました!



ちく☆たむ・タニシの『ようかい図鑑』とは、
けものフレンズのペンギンアイドルユニットPPP(ペパプ)の声優さんである、
築田行子さんと田村響華さんお2人の声優ユニット「ちく☆たむ」が
「ホラーの世界にふれてみよう」をテーマに事故物件住みます芸人の松原タニシさんと
ホラーを学んだり学ばなかったりするニコニコ生放送(&nicocas実験放送)の番組。

同番組は、
ニコニコ生放送 けものフレンズ presents『どうぶつ図鑑』でとんでもない盛り上がりを見せたちく☆たむが
松原タニシさんをゲストに迎えて放送した昨年の夏のニコ生特別番組
『ひやーい!築田行子,田村響華が地下心霊監獄から生放送/ホラー百物語』をきっかけに生まれました。

 

木曜日の22時から毎週放送されているこの番組、
どうぶつ図鑑からちく☆たむを応援している、動物が大好きなファン達 通称:どうぶつ図鑑民 と
タニシさんをはじめ、怪談や心霊現象、ホラーが大好きなファン達 通称:ホラー民 が入り乱れる
非常にカオスな時間になっており、著者も生きがいといっても過言ではない存在の番組になっています。

ひやっとしてこわーい!合わせて「ひやーい!」
という番組のディレクターさんが考えた造語から、ひやーい旅→ひや旅→ひや族(書き間違い)
どうぶつ図鑑民もホラー民もごった煮にしてようかい図鑑民は「ひや族」なんて呼ばれていますね。
ちく☆たむ・タニシ、3人合わせて「ちくたむし」なんて呼び方も。

前置きが長くなりましたが
そのようかい図鑑、略して『よう鑑』(以下よう鑑とする) のバスツアーが今回開催されました。
(企画されるまでは知らなかったのですが)ホラースポットの宝庫である埼玉県「川越」に
ひや族みんなでバスに乗って遊びにいこうというわけです。

田村さんの「言うだけタダ!」精神でちく☆たむ・タニシ、ひや族たちみんなの力で実現した企画です。
旅行を企画実施してくださった株式会社クールジャパントラベルさんありがとうございました!
みんなひや族!夢をみて語って実現するってステキですね!

Twitterのハッシュタグ、#よう鑑 #ひやーい #ひや族大移動 #ひや写 等をみてもたのしいのですが
ひや族の一員である著者にも何か書き残せることがあればと記事にしてみました。

(以下、時系列で旅の出来事・土産話)

【7:40】新宿駅西口LOVEオブジェに集合

朝早くに電車に乗って新宿へ
ツアー集合場所である新宿LOVEオブジェ周辺に到着すると100人近いたくさんのひや族たち
この人たちが番組でいつもコメントしてゲームして一緒に遊んでいるみんななのか。

ひとみしりの著者、
ちく☆たむの「好きなものが同じ人と友達になれないわけがない」の言葉を勇気に
ここまでやって来ましたがドキドキが止まりませんでした。

著者がインターネットからのいわゆるオフ会(?)のようなものに参加したことがあるのは
どうぶつ図鑑の生放送を生でみに池袋ニコニコ本社ニコぶくろスタジオに現地参加した1回と
ニコニコ超会議参加くらいでしょうか。超会議は皆勤賞だったりしますが基本ソロ参加です。

【8:00】川越へ出発・築田行子の毎度おさわがせラジオ

かわごえ!よーいドン!

大型バスに乗ってます♪バスは2台体制、
著者は1号車で乗車前にちくたむしイラストの特典缶バッジと
川越の観光マップ、謎解きMAPをいただきました!



1日いっしょになるバスの席が隣のひや族、
勇気を出して話しかけると夜行バスで今朝到着した方で著者と同じでボッチ勢だとか
旅先でもいっしょにまわってくれるといってくれて最初からツアー参加してよかった状態。

後でわかったことですが9割9分のひや族がけものフレンズからのファンだったようで
ぐんまちほー行きジャパリバスツアーにも参加したフレンズでいっぱいでした。
みんなバスが好きなひや族なんだね!わーい!バスバス!

出発直前に添乗員さんが参加者の誰かを探しているようでしたが
どうやら2号車のひや族が1人こつぜんと神隠し!?後から知りましたが最初からひやーいです。
冗談は置いておいて、くわしいことはわかりませんでしたが無事でいてほしいですね。

移動するバス車内でみんなとおしゃべりしていると
ほどなくして『築田行子の毎度おさわがせラジオ』なる大人気ラジオ番組(?)が車内放送。
2、3日前に録られたもののようで
バスツアー参加抽選時に募った心霊体験、恐怖体験、人から聞いた怖い話ふしぎな話などが紹介されました。

著者が応募した「CD音楽をMDに焼いたら無いはずの『おやすみ』という声が入っていた」体験が
築田さんに読まれていやぁほんとう嬉しかったなぁ。
ちく☆たむのどうぶつ!よーいドン!もiTunesに入れて聴いていますがよく耳をすませるともしかすると...!?

・読まれた恐怖体験(実話)
[高校生の頃だったでしょうか、レンタルしてきた音楽CDをMDに入れて夜中に聞いていたのですが、
大好きなあるアニソンの曲の途中にはっきりとした何者かの声で「おやすみ」という音が入っていたのです。
深夜にテスト勉強か何かをしている時だったのですが、ビクッと思わず背後を確認したことをよく覚えています。
もちろん元CDの曲には「おやすみ」の声は入っておらず、とても怖かった思い出です。
MDのその曲は消した覚えも捨てた覚えもないのでもしかするとまだどこかに...。]

ひや族の雨男のおじいさんいつも雨降る不思議体験の話から
築田さんは意外と雨女でタニシさんは風男(タニシが来ると突風がふく)も面白かった。
確かにあの日はちょっと風が強い日でしたね。タニシさんひやーい!
それでも前日までと翌日は雨でツアー当日のみ晴れでしたさすちくたむし!

2個のキーワードから妖怪を連想して当てる
大人気企画(?)ようかい連想クイズたのしかったですね。
(家)+(有名人)=(座敷童) は、え?って感じでしたがこういう企画も生放送ですると楽しいかもです。

他にも、川越の公民館前に妖怪あずき婆が出ることだとか
覗いてはいけない場所を半分だけ覗いたひや族が顔面半分だけデッドボールを食らった話だとか(笑)
過去のよう鑑の演奏会の再放送だとか、川越の見どころ、食べ歩きをすることを漫談、
ラジオ後には3人からの激励の直接の電話があったりとたのしいバス移動でした。



【10:00】川越八幡宮での集団参拝・やさしおのお祓い

かわごえ!到☆着!

川越八幡宮にひや族みんなで参拝するため徒歩で移動。
大型バスが入れない住宅地をド○クエのパーティもビックリの長蛇の列。
まさにひや族『大移動』でしたね。近隣住民の方たちはひや族をどうみたのか。

神社に到着後、手水舎にてこれまた長蛇のお清め。
順調に都市伝説と化していくひや族たち。

集団参拝の為に拝殿へ入室。
100人近いひや族みんながぎゅうぎゅうづめになった社内、なぞの一体感を感じましたね。
著者の各種イベント初の最前列がまさか川越八幡宮参拝になるとはたいへん光栄でした。

築田さん田村さんタニシさんが昇殿。
ひや族を代表して玉串拝礼と旅の安全を祈祷、
そして番組で選定したのちのち登場のお清めの塩『やさしお』のお祓いをしていただきました。



いつもならお三方が登場すれば歓喜の渦のひや族ですが、神社の中、みんなシンッ...と静かに見守っており
流石よう鑑のファン達だなぁとかなり感動してしまいました。

が、神主さんがお祓いでバスツアー名『ひや族大移動!ちく☆たむ・タニシのぉ...』と読み上げてからは
絶対に笑ってはいけない集団参拝。いくちゃんや何人かは\デデーン/OUT!

後に神主さんも「いったい何の集まりなんだろうか」と内心不思議がっていたようで
それでも最後までしっかりとした儀式で安全にツアーを始めることができました。
川越八幡宮の皆様、ありがとうございました。

【10:30】川越自由散策・謎解き

集団参拝も無事におわり、バスの席が隣になったひや族といっしょに川越の街を自由散策です。



ニコ生やバス内の放送でもきょんちゃんが「食べ歩き」はぜったいしたい!芋餅たべるって言っていたので
まずは芋餅かと思いましたが、通りを歩いていくとそこかしこにウナギのお店が並んでいました。
川越は「いも!」が名物らしいですが、うなぎも昔から有名なようです。
串焼きりんりん屋さんのうなぎのミニ蒲焼、脂がのっていて焼きたてで皮が最高においしかった!

謎解きMAPヒントのとりあえず近いところからまわって行こうということで
電柱がなく青空が広い川越の中央通りをまっすぐ、雪塚稲荷神社へ町並みを見物しながら歩いていきます。



きれいな町並みがつづいていて気付くといつの間にか雪塚稲荷神社を通り過ぎてしまっていたので
ちょっと後ろに戻っていると目の前にちく☆たむ・タカシ(&某D)が!うれしい遭遇でしたね。
来た道をまた彼らについて戻る我々、なんだこれ状態に変な笑いも出ちゃいます。

ちくたむしを少し遠くからみていると何か買って食べてるじゃない!
これは同じものを食べなくてはと食べ歩きに新井武平商店ヤマブさんの「黄金だんご」!
あたたかくてもちもちで甘い味噌の味がバツグンにおいしい!
もういっかいたべたいなぁ。

 

気付くとちく☆たむタニシさんを見失ってしまったので
菓子屋横丁をぐるっとまわってヒント探し。
美味しそうなものやお土産がたくさんのなか時間もなく少し駆け足。

土曜日であることもあって他の旅行者さんもたくさん川越にやってきていましたが不思議なものですね
行く先々で「あ、この人ひや族だ。」と何も言わずともわかり謎解きのヒントをみんなで交換してまわります。

一番遠くの謎解きの地、広済寺
ニコ生でタニシさんがこうさいじの伝説の紹介をしていた気がしていましたがまったく思い出せない。
みんなの味方グーグル先生に相談したくなる衝動を抑えてヒントを探していると「うちわ」の絵を発見。
このデザインの団扇は「てんぐ」の仕業だろうということにして前進
通り過ぎていた川越のシンボル時の鐘を最後に目指します。





青空にひときわ高く蔵造りの町並みを見守る『時の鐘』
これは守っていきたい風景ですね。世代など関係なく懐かしさを感じる鐘つき堂でした。
音は聴けなく残念でしたが、次来たときのたのしみということで、
2時間の散策ではとても時間が足りませんでしたね。

時は鐘なり。
川越、またいつかゆっくり来たいです。



謎解きで見つけたキーワードから暗号を解読!目的地は!?
川越東武ホテル「IANSAI ZUIKO」(いあんさい ずいこ)
?????どこですか?????



あとでわかったことですが、謎解きの出題ミスだったようで(笑)
謎三「KA(S)H(I)YA」(菓子屋)横丁のキーワードがもともと
「DA(G)A(S)HI」(駄菓子)の答え出題予定だったのか、
本当の目的地は、
川越東武ホテル「SANGAI ZUIKO」(さんがい ずいこう)
『三階 瑞光』3Fの宴会場「瑞光」へ集合ということだったんですね。



みんなよくたどりつけたな!ひやーい!
(出題スタッフさんフリップで「ごめん」だそうです!おもしろいからだいじょうぶだよ!)

そういえば結局、謎解きに添えられていた謎二の●○はなんだったのだろう?
だれかパズル(?)が得意なひや族なぞを解いてくれー!



【12:30】昼食会・生よう鑑ファンイベント開催

川越散策から急いで昼食とイベント開催の川越東武ホテルへ。
何かあったのかたまたま川越の町中が停電してしまったタイミングだったようで
信号機もまっくら、警察官の方が手信号でがんばってくれていました。
謎解きも中途半端だったのもありますが、いやはや久しぶりに走っていい汗かきました!

お昼ごはん!
かわごえ彩り弁当、国産うなぎにサイボクのゴールデンポーク!まっちゃアイス!
これは贅沢ですね。おいしい昼食を川越東武ホテルさんありがとうございました!



昼食会ファンイベントの席はバスの号車席順だったのですが、
近くの席のひや族の面々がなかなかに強者ぞろいでいいひとたち。
みんないろんな場所からいろんな「好き」をみつけてここに来たんだなと。
フレンズっていいな、勇気を出してバスツアー参加してほんとうによかった。

13時を過ぎて間もなくちくたむしが登壇しました。

タニシさん「これが、ひや族なのか。」
いつもはお互いパソコンやスマホのモニター越しにコメントやお便りでの繋がりだったわけで
画面の向こうの3人が目の前にいる。ひや族って実在したんだ。謎の感動です。
これがオフ会の醍醐味というやつでしょうか。

ちくたむし「石油王!今日はギフトいらないからね!」
石油王とはニコニコ実験放送にて実験中のギフト機能をぜいたくに使い、
毎週大金をギフトに投じる名のあるひや族たちである。

ギフトの累積ポイント数に応じていつもは番組の各企画が解禁されていくのですが、
その日のイベントは全部すでに解☆禁!
みんなひや族、いつもの放送と環境がちがうだけで和やかなやさしい空間でした。

ちくたむしの川越の散策の話からはじまり、
いつも番組内でやっている企画を目の前で3人がすすめていきます。
ちょっと趣向を変えたちく☆たむの恐怖体験がきけたのも貴重でしたね。

田村さんは沖縄に住んでいたころ、
ユタと呼ばれる霊媒師が修行を行う場所の近くに住んでいたようで
当時は霊がセピア色にみえたなど番組でも話していましたが不思議体験がいっぱいでひやーいでしたね。
死神なんて呼ばれる田村さんですが、こんな可愛い子がこんな体験をしてるのかと驚愕です。

築田さんは北海道の山の中に住んでいたころ、(山賊かな?w)
自転車で山道をゆっくり登っていると後ろから気配を感じ振り返るとたくさんの野犬がいた体験。
野犬に追われるいくちゃん。火事場の馬鹿力で山道を猛スピードで駆けあがり助かったそうです。
笑っちゃいけないのだろうけれどものすごい体験だ。(U^ω^)(^ω^ )

著者もバス内のラジオで読まれましたが、
事前に募った100人近いひや族たちのひや物語をちくたむしが朗読・考察していく時間もありました。
ひや物語とは怪談の百物語をもじってひや族たちや関係者の体験をきいていくコーナー。
いつもとちょっと違うところがあるとすれば、そこに集ったひや族たちの生の声が聞けたということですね。

看護師の仕事をしているひや族がおり、
ナースコールが人がいないはずのヘンテコな場所から鳴らされる体験が印象的でした。
その場にいた体験者のひや族に物語を直接つづけて聞いていけるスタイルは新鮮でひやーいでしたね。

ひや族の妖怪絵師の方のお話とちくたむしへのサプライズプレゼントなんてものも自然とはじまり
あぁひや族ってほんといいひとばかりなんだなとまたちょっと感動。

松原タニシさんが毎週やってくれている『タニシおにいさんのようかい講座』もすごく楽しかった!
ホラーなお話をクイズ形式で出題して解説してホラーの世界を学ぶいつものスタイル。
ニコニコのコメントもそうですが、いつも以上にクイズの回答という名の大喜利大会解禁!

『京都バスパニック事件』というある学校の中学生のお仕事体験バスツアーの帰りに
「宇治トンネル」というトンネルを通ったとき事件が起きました。何が起こったのか?

あるひや族の回答「うしろから野犬が追いかけてきた」
築田さんの恐怖体験をからめる惚れ惚れする痛快なボケ感動です!ひやーい!
(事件の真相はグーグル先生に聞いてみてください)

『教えて!ちくたむし!』という新コーナーでは
ひや族たちがちくたむしに直接質問できる時間がありました。
ちく☆たむにいつもは聞けない質問をきく絶好のチャンスであるはずなのですが、
タニシさんへの質問が多めでしたね。タニシさんも僕らのアイドル!

「タニシママ出演の予定はないんですか?」
どうぶつ図鑑のある伝説の回にて、
出演者と放送作家のお母さんが突然登場するサプライズがあったことがあり
よう鑑のゲストとしてタニシさんのお母さんの登場も期待する声がありました。
みんな家族ぐるみ大好きだよね(笑)

タニシさんが通っていた大学の後輩(タニシさんの後から入学)でクリスチャンからお坊さんになった
タニシパパならゲスト登場の可能性があるとか(!?)



ちく☆たむ「どうぶつ!よーいドン!」のCD発売につづいて、タニシさんを迎えた
ちくたむし「じょうぶつ!よーいドン!ドン!ドンと来い超常現象」の発売切望の声GJ

番組のディレクターさんへの「なんで最近あんまり発言がないの?」な質問。
いろいろあるのでしょうが笑わずにはいられない楽しい時間でした。

番組内やSNS、ファンコミュニティなどで準備をすすめてきた
『死神とリコーダーと松原タニシ feat.ひや族みんなで大演奏会』すごかった!
魂のセッション、それぞれが持ち寄った様々な楽器で題名のない魂の演奏!

著者も握ると音が鳴るぬいぐるみで演奏しました!
いろんな音が聞こえるあのひやーいな空間とみんなの音色には一生わすれない一体感を覚えました。

ニコ生で予告されていた『よう鑑の羊羹』お渡し会でファンイベントは幕を閉じます。
3人がそれぞれデザインした羊羹パッケージでアンケートによりタニシさんの絵が採用されたのですが、
サプライズで3つのイラスト全部のようかんがつくられ配られました。



しかし盛りだくさんの詰め込み過ぎのファンイベントで大々満足ですね。
イベントはカメラで録画もしていたようなのでいつかニコ生などでみられるのでしょうか?
もしかすると川越の幽霊が映像に映っているかも...!?
ひやーいそれもたのしみです!

時間と運営の問題だとは思いますが、ちく☆たむの本日の妖怪とオリジナル妖怪のイラストコーナーと
深夜に贅沢にピザを注文ピザ解禁ぴざーい!がなかったのは仕方ないですね!
次回!次回しましょう!

【15:15】多摩湖へ出発・よう鑑の羊羹

ちくたむしファンイベントの興奮も冷めやらぬまま最後の目的地『多摩湖』へバスで出発!

バス車内で隣の席の人とやってねとちくたむしが言っていた
タニシさんデザインのよう鑑の羊羹合わせをさっそくやってみました!
不器用だけれど図工とか好きなタニシさん、ナイスなアイデアさすタニです。かわいい!



味は「いも!」「まっちゃ!」「おぐら!」
創業60年の老舗製餡メーカーさんありがとうございます!すごくおいしかったです!

みんなファンイベントで大興奮だったからか、移動中は一時の休息。
幸せな疲れで満たされたバス移動になりました。

【16:30】多摩湖に到着・ひや族全員参加で大だるまさんが転んだ

本バスツアー最後のホラースポット(?)『多摩湖』に到着。

大きな観覧車のある多摩湖隣接の西武園ゆうえんちの駐車場にバスは停車しました。
けものフレンズが最初のきっかけでここに集った我々、
アニメけものフレンズの最終回を著者は思い出しながら降車します。

もうお馴染みの長蛇のひや族大移動で駐車場から多摩湖方面へ
もうすぐ夕暮れ、自由なクールジャパントラベル添乗員さん、ひや族は広場に集められます。
察しのいいひや族は何が始まるのかもう気付いていました。↓

『リアルだるまさんがころんだ解☆禁』

nicocas実験放送にて実験中の視聴者参加型ゲーム「だるまさんがころんだ」
いつものよう鑑放送内でも特に盛り上がるniconicoのゲームですが、
それを多摩湖の広場でひや族みんなでやろうというわけですね!

ニコ生でもちょこちょこ話題にはあがっており
著者が一番たのしみにしていた言うだけタダ企画だったので開催が決まり内心歓喜していました。
どうやら急遽開催が決まったようです。

しばらくすると多摩湖の向こうから蛍光色のメガホンを持ったちくたむし登場。
ずらっと並ぶひや族とそこに立ち向かうちくたむし。本当に何かの合戦が始まるような雰囲気です。

タニシ「皆さんにはこれから殺し合いをしてもらいます(だるまさんが転んだ)」
動いたところを見られた者に死よりもひやーいな最期が待つデスゲーム!?

だるまさんがころんだ、ダルマ鬼はタニシさんで、ゲームお馴染みのフェイントは1回のみ。
口頭で「フェイント!」というなんともシュールな特別ルール。
ちく☆たむの2人はジャッジガールとなり、動いてしまったひや族に川越八幡宮でお祓いしてもらった
例のお清めの「やさしお」をかけます。

鬼タニシさんにタッチできたひや族には、
川越の菓子屋横丁で購入したというなが~い麩菓子で番組おなじみのほれほれタイムのプレゼント。
ほれほれタイムとは、松原タニシ流の飯テロのようなもの。
いつもはピザ解禁時にピザミルフィーユ生地の断面をみせびらかしたりします。

西武園ゆうえんちジャイロタワーに乗っている一般人のみなさまに手を振ったりしている間に
とうとうリアルだるまさんがころんだが始まりました。



100人近いもう良い歳のひや族たちが本気のだるまさんがころんだ。
ちく☆たむにお清めの塩をかけてもらいたい衝動を必死に抑えながら動きません。
動かないたくさんのひや族は世界を一時停止したようなシュールな現代美術作品のようで笑ってしまいます。
あの作品の中の1人になれてあんなに誇らしかったのも久しぶり。

鬼タニシさんのだるまさんがころんだが意外にも上手で
普通に脱落していくひや族。わざと動いてちく☆たむやさしおを自ら浴びるひや族。みんなひや族。
まわりの通行者さんたちにはもはや完全に『ひや族が妖怪』にしかみえなくなっていたでしょう。

タニシさんとうとうタッチされてゲーム終了。
勝利したひや族は羨ましいかなちく☆たむにロング麩菓子のほれほれタイムをしてもらっていました。

まじめに童心にかえって本気で遊んだ、最高の思い出になりました。
ドワンゴエンジニアさん!だるまさんがころんだ楽しいです!いつもありがとうございます!

最後は結局、またまた長蛇の列をつくりひや族みんな順番にちくたむやさ塩をかけられ拍手にて閉幕。
そういうのマゾっていうんだよね?いやほんとしあわせな時間でした。

ひや族は都市伝説になれたかな?


【17:00】多摩湖散策・ひや写撮影

だるまさんがころんだも終わり、黄昏時も間近の多摩湖を散策して催しは最後です。

多摩湖も大きな声で言えませんがホラー豊かな場所なようで
写真をいっぱい撮ってまた番組で心霊写真のお話ができたらなんて話していました。
Twitterのハッシュタグ #ひや写 で呟けばちくたむしが心霊写真を検証してくれるかも!?



霊が写るかうつらないかは家に帰ってから確認するとして、
その時間の多摩湖にうつる夕日と雲が幻想的でほんとうにきれいでした。

築田さんが初めて作詞に挑戦した、タニシさんも田村さんもひや族みんなも大好きな曲、
「君とひこうき雲」の歌詞が自然と唄われるようにひこうき雲のしっぽものびています。





心霊写真なんてものも、小学生の頃などはなぜかクラス中で話題になっていた時期があった気がします。
わすれかけていた何かを思い出せそうな多摩湖散策でした。

あ、目の前を仲良くおしゃべりして歩くちく☆たむ、めちゃくちゃ可愛かったです。
タニシさんは想像以上にひや族の輪に馴染んでいて、すごく距離が近い存在に感じました。
隣の席のひや族とも1日を通して仲良くなれたし、いやぁバスツアーって本当にいいもんですね。

【18:00】新宿への帰路につく・田村響華の Believe in yourself

写真もたくさん撮ってバスに乗車、スタート地点だった新宿への帰り道です。

多摩湖を出発する直前に、ちくたむしが1号車2号車の順にバスに乗り込んできて
今日一日のひや旅についてお話してくれました。
「家に着くまでがひや族大移動だよ!」なんて言ってくれてなんていいツアーなんだ。

ほんとうにいろんなことが1日のうちに狂気のように起こり、
それでもすべてが狂喜の最高のバスツアーとなりました。

次回、ひや族大移動2!ぜったいに開催してほしいしぜったいにまた参加したい!
とりあえず今は、ちくたむしとスタッフさんひや族みんなに感謝です。ありがとうございました!

行きのバス内ラジオは築田さんがパーソナリティでした。
帰りのバス内ラジオは田村さんの番組『田村響華の Believe in yourself』です。

いつかのどうぶつ図鑑でスーツ姿で登場した田村さんを彷彿とさせる
ニュースキャスター田村の声を聴いているようなすごくおしゃれな放送でたのしかった。
朝のラジオと同じくひや族たちのひや物語を朗読・考察してくれました。

『響華の館』なる回答者は何の妖怪っぽいかを占う妖怪診断のコーナーよかったですね。
タニシさんも築田さんも共に「座敷童」っぽいことがわかりました(笑)
座敷童が2人もいるこの番組!もっともっと盛り上がること間違いなしですね!

そういえば、よう鑑では「占い」系のホラーはまだ取り扱ってこなかったかも?
ちく☆たむのお二人はおみくじなんかも好きだったと思うので今後も楽しみだなぁ。
小学生のころ同級生の女の子に手相占いの怖い話を聞いたことがある。ひや物語応募してみようかな!

【20:00】新宿駅西口で解散・家に着くまでがひや族大移動

新宿のビル群がみえてきて、お世話になったバス達ともお別れです。

モノに魂が宿る、モノに名前を付ける、付喪神とかもったいないお化けとかいろいろありますが、
たった1日でバスにこんな愛着がわくとは想像していませんでした。
なんだか修学旅行を感じた最後です。

バスが隣の席でいっしょに旅先をまわったひや族、いっしょに狂喜したひや族みんなありがとう。
大移動ロスでちょっと物悲しい感じですが、きっとまたいっしょに旅をしましょう。

とりあえず、著者は3月9日、京都水族館さんへ旅してきます。
また会えたらいいね。



ひや族の前にニコ厨でもある著者、ひや族大移動バスツアーには
「ニコニコ動画を地上に(だいたい)再現する」ニコニコ超会議のコンセプトのような
「ようかい図鑑を下界に(だいたい)再現する」そんな雰囲気を感じて感動しています。
(去年の超どうぶつ図鑑たのしかったなぁ...超ようかい図鑑も待っているよよよ)



夢のような時間でした。
ゆめだけど!ゆめじゃなかった!

帰りのバス内ラジオで紹介されていたひや物語に
「読者につけまわされてやめてしまった当時のブログを結婚後なにげなしに開いたら結婚式の日付の日に、
結婚おめでとうきれいだった、というコメントがつけられていた。」という恐怖体験がありました。

そういえば自分もずっと更新していないブログをやっていたりしたなとその恐怖体験をきっかけに
ほんとうに久しぶりに筆をとったわけですが、ひさびさすぎてすごい文面になってしまった。

またときどき、旅の記録などが書けたらいいですね。
それではひや族のみなさま、またお会いしましょうノシ ひやーい!
広告
×
半年前の記事ですが、謎二が解けたので

5つの丸は右手の甲から見た指を表していて、
●は指を折っている状態、〇は指を立てている状態
●●●●〇→小指だけ→約束、恋人
●〇〇●●→人差し指、中指でピース→平和
●〇●●〇→人差し指、小指でキツネ
12ヶ月前
×
>>1
なるほど!
それで「キツネ」だったんですね!
おもしろい!
半年前でも旅の記録ブロマガを読んでくれてすごく嬉しいです!
ありがとうございます!
12ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。