【思い出のRPG】ロールプレイングゲーム♪やったことない人も♪
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【思い出のRPG】ロールプレイングゲーム♪やったことない人も♪

2013-09-07 23:45


    「……そうね おとこのこは いつか たびに でるもの なのよ」



    「あなたの思い出に残るRPGを教えてください!」

    ファイナルファンタジー14の発売を記念するブロマガの企画。
    ゲームジャンルの中でも特にロールプレイングが好きな私が記事を投入!

    ロールプレイングゲームという言葉がまず大好き♡
    『roleplay』という言葉はつまり役割演技のことである。

    学習法であったり心理療法としても使われる役割演技は、
    擬似的な場面で、登場人物を演じ、ある結果を疑似体験するもの。
    それがゲームになっているわけです。

    ここに世界という劇場の舞台があって、主人公達をプレイヤーが演じ、
    冒険という経験を共に積み、勝利をつかむ!
    それがロールプレイングゲームなのです。

    記事タイトルにもしましたが、
    ロールプレイングゲームと聴いてすぐ思い出されるのが、

    スーパーファミコンソフト『スーパーマリオRPG』のTVCMです^^
    (9月7日はCMソングの日!)



    マリオシリーズでお馴染みのパックンフラワー達が軽快に歌うこのCM。
    一度聴くともう耳から離れずつい口ずさんでしまいますw

    思い出のRPGといえばこのマリオRPGになるでしょうか?
    たくさんの出会いを経て、友と別れ、でも前に進むマリオには感動を覚えました。

    任天堂と旧スクウェアが共同で開発したこのタイトル。
    幻のコラボなんて言われますが、
    マリオという主人公とジーノというお星さまの物語は確かにそこにありました。

    永遠のライバルであるクッパと仲間になる数少ないマリオシリーズだったり、
    マロというカワイイ仲間のふかふかちゃんがいたり、いい思い出です。

    ロールプレイングゲームを盛り上げるのは何もストーリーだけではありません。
    マリオRPGといえばそのBGMも思い出の1つです。

    ニコニコ動画でも『危険な○○シリーズ』とか『森のキノコにご用心』なんて
    いまでもよく視聴しますw



    またあのゲームに触れたくなりますよね^▽^

    で、ここで大問題が発生しました!?
    あなたの思い出に残るRPGを教えてくださいの特設ページをよく読むと、

    『RPGは日本の宝だ!というわけで、あなたが今までプレイして一番思い出に
    残っているRPGをブロマガで紹介してください!』

    ん?『あなたが今までプレイして』!?
    そう、主、ゲームを直接プレイしたタイトルが極端に少ない!?

    昔から友達がゲームをしているのを横からいっしょに見るのが好きだったんです。
    実は語ってきたマリオRPGでさえ、ちゃんとプレイしたのはミニゲームくらい。

    でもそれでいいと思っています。
    先にも書きましたが、ロールプレイングゲームとは、
    劇場の舞台で演技をする主人公たちに成りきるゲームジャンル。

    劇場には舞台の役者もいますが、観客席には視聴者がいるんです。
    ロールプレイングゲームは劇場の物語!

    観客として舞台をみたRPGは
    ファイナルファンタジー、ドラゴンクエスト、ゼルダの伝説・・・等など。

    ニコニコ動画でも巨大コンテンツであるゲーム実況がありますが、
    主もゲーム実況動画、生放送はけっこう見ます。
    生主としてもMOTHERシリーズを地味にやっていたり。



    ニコニコ動画はうp主、生主と視聴者、リスナーが一緒に盛り上げる劇場。

    大好きな本に『ドラゴンクエストへの道』というものがあります。
    マルチウィンドウシステムをゲームに採用したのは
    ドラゴンクエストが初らしいのですがそのウィンドウにレベルを表示する話で



    周りでいっしょにゲームをしている人と
    いっしょに楽しむためレベル表示は絶対に必要と判断されたらしいのです。

    前置きをすごく置きましたが、
    結局わたしのプレイした思い出のRPGとは何か?

    『ポケットモンスター』でしょうね。
    ポケモンとは『少年の夏の日の1日』を体験するロールプレイングゲーム。

    伝説の勇者の血を引いている者が運命のいたずらで魔王を倒す大冒険をする。
    じゃなくって、どこにでもいる特別な1人の少年が夏休みに小さな冒険に出かける。

    映画スタンド・バイ・ミーやゲームMOTHERに憧れてつくられたポケモン。
    私が好きな物語はこれかもしれません。

    でもポケモンは周りの人といっしょに楽しむゲームじゃない1人用ゲームだよね?
    ちがいます。


    「ねーねーあたくしのポケットモンスターと勝負しない?」

    ポケモンは通信ケーブルの時代からみんなとつながるゲームでした。
    今や同時間に世界の裏側の友達ともつながる時代。

    そんなポケモンも最新タイトル『XY』発売まであと1ヶ月ほど。
    主もYの方を予約させていただきました(`・ω・´)ゞ

    「夢と冒険と!ロールプレイングゲームの世界へ!レッツゴー!後でまた会おう!」


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。