• KAKU-tail THE@TER for 765MILLIONSTARS!! 少し感想

    2019-02-12 22:59
    皆様カクテルお疲れさまでした。

    カクテルの楽しみの一つに「いろいろな方の感想を見ることができる」というのがあります。
    動画制作者として、これ以上ない楽しみです。

    今回も自分の動画に対する色々な感想ありがとうございました。

    せっかくなので、自分もできる範囲で感想を書けたらと・・・。

    さすがに全部というのは各Pさんの勉強不足が否めないので、
    通して観て気になった数本の動画の感想を残そうと思います。

    偶然この記事を見て、知り合いのPさんがいたら教えてあげてください。


    という訳で、



    1-A kakaoP(星井美希/花束)
    良かった・・・「START」という曲を使って開幕奪取「作戦」という案を捨てて
    本当に良かったw
    あふれ出るオープニング感!今からカクテルが始まるというワクワクが倍増!
    OPを担当した妖狐Pの重厚さと、対をなすもう一つのOP動画と言える出来でした。



    1-B こーすけP(水瀬伊織/熱気)
    Remixいつも聴いています。
    参加者発表のプロローグ動画で、一番驚き喜んだPさんです。
    元々ロックアレンジ系は大好きだったので、非常に楽しみにしていました。
    想像通りのグッと掴みに来るイントロ。
    Aメロ前の盛り上げと、リゾラの新しい一面を発見できました。
    ニコマスに関わるならだれでも参加できることを証明してくれた動画と言えるのでは!?



    1-C 甘香茶P(天海春香/対戦ゲーム)
    自分と同じ春香担当になったもう一人のP。
    ・・・うん、こういうのもカクテルだねw
    でも、真面目な話こういう枠があるからガチ枠は映えるし、自分みたいなタイプには
    絶対に作ることのできない発想はちょっと羨ましい。



    2日目OP 総理P
    ここに自分の動画が写っていることに、嬉しさを感じる反面
    長い年月を感じてしまう・・・
    1日目がミリオンを推し、2日目はニコマスを推す。
    素晴らしい構成といえるのではないでしょうか。
    嘘字幕も秀逸でこのOPは何回も見ちゃいました。あと、きつねPってイケメンですね!



    2-C 井川黒羽根(馬場このみ/今)
    これニコニコより前じゃないっすかねぇ・・・
    発想がすべてで、あぁ初期のニコマスって脊髄反射で動画が出ていたよなぁとか
    ちょっと懐かしくなった動画でした。
    そして数少ない「活動している」07Pとして頑張ってください。



    2-D カイザートP(永吉昴/カレンダー)
    お題の消化がいいなー。カレンダーが一番クローズアップされる日ではないかと。
    ドラマのワンシーンのような世界観はカクテルの2分という縛りと、
    いくつもの動画がある中で輝けるスタイル。
    しっかりとカクテルを理解して作成された動画じゃないでしょうか。



    3-A もじさんP(中谷育/誕生日)
    自分は越境をまったく気にしない人なのですが、
    この越境は自然で、むしろアイマスの動画でこう作れば出てくるよねって感じでした。
    動画自体もゆったりとした作りで、お題が強調された良いカクテル動画でした。



    3-D 双葉P(四条貴音/帯)
    こちらもお題と全力で向き合った素晴らしい作り。
    お題を真正面から受け止めて、美しく仕上げる。それでいて見ている人は次が気になる。
    お題を出した人も納得の作りではないでしょうか。



    4-A 眠子(菊地真/再開)
    真の動画はこうでなくっちゃね。
    かっこいいも可愛いもいいんだけど、爽やかが一番しっくりくる。
    でも爽やかなのに、ちょっとほろっと来るのはなんでだろう。
    人力の素晴らしさもさることながら画作りが上手い。
    4日目はこうなんだと指針を示した1本ではないでしょうか。



    4-B ビリ破りP(秋月律子/生放送)
    律子はアイマスにおいて、立場がいくつもある難しいアイドルだと思います。
    だからこそ作り方によっては一番歴史を語ることができるとも。
    上手に構成し、シーンを吟味してきたなーと感じます。



    4-D ごまゆっぴしょじょん(所恵美/リーダー)
    全力で「どやっ!」とブン投げてきた動画だと感じます。
    ここに至るすべての動画を受け止める最終登場の動画。
    ラスボスであり、イベント参加者の最後のピースでもあるわけです。
    小気味よいカット、コンマ数秒にもこだわりを感じる作り。
    合作だからこその妥協の無さが伝わってきます。
    でもやっぱアイマスだなぁと感慨深くなるのは製作者のP歴がなせる業なのでしょうか。



    カクテルを主催・サポートしていただいた皆々様
    本当にお疲れさまでした。
    合作は経験したことがありますが、それよりも多い人数をまとめるのは大変な労力と思います。
    企画は出来ても、実行することの大変さは想像以上だったのではないでしょうか。
    ありがとうございました!


    すべての感想は書けませんでしたが、参加された皆様もお疲れさまでした。

  • 広告
  • KAKU-tail THE@TER for 765MILLIONSTARS!!に参加しました。

    2019-02-11 22:33

    「KAKU-tail THE@TER for 765MILLIONSTARS!!」4th night C

    twitter等をしていないので宣伝できなかったこと、運営の皆様、申し訳ありません。


    という訳で、生きていましたし、P免許更新も完了。
    投稿せずとも動画自体は作っていましたし、動画も見ていました。

    今回のカクテルは参加を迷いました。



    こちらに参加しているカジカPと「出るの?」などと牽制を入れあっていました。

    ミリオンライブ自体はプレイしておらず、ミリシタからのプレイだったため、
    キャラは知っていても深く理解が出来ていないため、
    「まつりや朋花は、理解度的にちょっと難しいなぁ」なんて話もしていました。

    結果、カジカPはああなったわけでw

    まぁ参加してから勉強しようと思い、参加申し込み最終日に駆け込んだ結果・・・

    運営<お前、春香担当だから

    マイガー...orz

    となったわけです。


    で、動画についてですが。

    カクテルに参加するときは、全力で変化球を投げるのを目標にしているので、
    いつもと違う雰囲気の物を毎回作っています。

    今回もお題はこじつけようと早々に決め、プロット作成をしていましたが、
    まぁ、曲が決まらない。
    アマテラスに決まったのは動画が半分(前半のミリオンパート)出来てからでした。
    まったく違う曲で仮組みしていたものが、明後日の方向から飛んできたアマテラスに
    決まったわけです。

    動画内容は見ていただければですが、
    この「劇場版アマテラス」は、原題「かわいい真が俺に告白するはずがない」著:onoPを
    元に作成されています(未刊行)

    大まかには、

    TVの企画で告白応援をすることになった春香。
    いろいろな女の子の告白応援をするうちに、自分の気持ちに気が付いて・・・

    と、よくある感じのラブコメです。

    39プロジェクトからオーディションで
    歩・奈緒・紬が選ばれて、告白する女の子役を演じています(審査員onoP)

    奈緒は幼馴染
    歩はダンスの先輩(細かくは大学のダンスサークルの先輩)
    紬は同級生(上京前にちょっと仲の良かった男の子)

    に、それぞれ思いを伝えるという内容です。

    奈緒はあっさり成功します。歩は臆病になり春香の後押しで告白しますが
    告白には失敗します。先輩には長く付き合う彼女がいたってところです。
    (その時の歩の涙の演技でファンが増えたのは別のお話)
    春香は応援することに少し恐怖を覚えますが、プロデューサーの後押しと、
    紬の引っ込み思案ながらも純粋な気持ちに心動かされ応援を再開。
    見事、紬の告白は成功します。

    そして、後押ししてくれたプロデューサーの身近さに気が付き・・・

    後半の765プロパートはオーデション(出来レースの疑い)で真と千早が選ばれました。

    自分の事になると、どうすればいいかパニックになった春香は2人に相談します。
    千早は戸惑い、真は大喜びで相談に乗ります。(動画のシーンがそこ)

    いろいろな「作戦」を3人で考え、最終的に王道のラブレターとライブでの歌のメッセージ。
    プロデューサーに内緒でソロライブの最終曲を「アマテラス」(劇中作詞:春香)に変更。
    そしてライブ後、真と千早の根回しで2人きりになった春香とプロデューサーは・・・

    という大まかなプロットを組んで、予告を作成しました。

    いつもは映像を組み合わせて作るものを、ノベマス風にならないように別の映像で作る。
    それがこうも手間がかかるとは。
    切り貼りメインの自分には数秒作るのにヒーヒー言いながら作っていました。

    まぁいつも通り技術的には何も難しい事はしていません。
    難度の高い事は出来る人にお任せすればいいのでw

    楽しんでいただけたらば幸いです。


    最後に一言。

    カクテルの運営はいつも、その日の最後にしたり(2・6)
    最終日のラスト前(7th・今回)にしたり胃が痛むことをするの!?

    でも過去一番はSPの初OPを担当した時だけど(あれはマジで怖くて胃が痛かった)


    では、今度はデレの動画で会えたらいいなぁ


  • アイマスS4Uへの期待

    2015-02-16 21:40
    ガラケーの自分もアニメ版シンデレラガールズのおかげで、

    シンデレラの各アイドルへの興味が湧いてきた今日この頃。

    現時点、全アイマスキャラクターで考える

    onoPの考える理想のクインテットはこちら!



    (なんとなく趣味が露呈している気がしないでもない)

    絵を描いていただいた隣近公園様に感謝。

    そんなわけで、ずーっと楽しみにしていた「渋谷凛」がDLCに登場予定。

    (長かった・・・)

    G4Uでシンデレラアイドルのモデルも出てきたので今後みんな出てくるのかなー

    しかし、このペースではどう考えても後半アイドルがかわいそう。

    とはいえ全員が出ないなんて悪夢は無いと思いたい。

    きっと、まとめて複数が出るとか何かあると信じています。

    そうじゃないと、「多田李衣菜」こと、だりーなの出番が・・・

    S4Uへの期待は、シンデレラガールズの放送中に各アイドルをどんどんつぎ込んで欲しい。

    さらには各ユニット曲も、対応アイドルをDLCしていれば追加で観れるとか・・・

    まぁ難しいとは思いますが、期待は広がります。