【日韓問題】日韓問題は歴史問題ではない
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【日韓問題】日韓問題は歴史問題ではない

2019-04-21 00:31
  • 25

さて、本日は「韓国人にとって実は歴史は重要ではない」について解説していきます。



関連動画

youtube版
https://youtu.be/2gguS09EY64


youtube版
https://youtu.be/StPglNFdHxE


本日の更新動画


youtube版
https://youtu.be/BECcLp2FtRY


注意
・この動画は「日韓の価値観の違い」を扱っています

・うp主のスタンスは「価値観に善悪や優劣は存在しない」というものです

・相手が不法を働いているからとこちらが不法をして良い理由にはなりません

・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たら
どう思うか」という客観性を常に持ちましょう。

・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください

・キャラ崩壊あり

・動画の拙い部分は生暖かく見守ってください、そのうちなんとかします


以下は動画のテキスト版になります。

レイム マリサ
ゆっくりしていってね


レイム
さて、今回は日韓問題なので私が解説していくわね。


マリサ
なあレイム、今回のお題の日韓問題は歴史問題じゃないってどういう事だ?
あれが歴史問題じゃないならなんなんだよ。


レイム
あれね、実際のところ韓国人達の内心の問題や韓国内の政治の都合で引き起こされている問題でしかないのよ。


マリサ
でも韓国が「歴史」の件で日本を批判しているのは事実だろ?


レイム
実際にはあれって本当の意味での「歴史」じゃなく、彼らの「その時の感情の発露」でしかないのよ。


マリサ
なんかいまいちピンと来ないな。



過酷な植民地支配


レイム
まあ論より証拠よね、まずはこちらを見て欲しいわ。

【社説】大韓民国臨時政府100年周年と信じ難い光景
朝鮮日報 2019/04/12
https://web.archive.org/web/20190412125157/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/12/2019041280053.html

 4月11日は大韓民国臨時政府樹立100周年だった。1919年3月1日に韓民族が一致団結して独立万歳を叫び、4月11日に中国・上海で亡命指導者らが大韓民国臨時政府を宣言した。韓国の歴史上初めて民主共和国を選択した。それからの100年は「奇跡の歴史」だった。臨時政府が樹立されたとき、韓国国民の相当数は餓死を逃れるのに必死だった。窓のない土壁の家で暮らし、住宅街のどぶには汚物やごみがたまって腐っていた。世界で最も貧しく、最も絶望的な植民地だった。解放後は6・25(朝鮮戦争)南侵で国土と国民が台無しになる大惨劇まで起きた。

 ところが全国民が一つになり、信じられない底力を発揮した。大韓民国の経済発展の歴史は、今から振り返ってみても、一つ一つが全て奇跡のようだ。1950年代中盤の時点で60ドル(現在のレートで約6700円、以下同じ)しかなかった国民1人当たりの所得は、昨年3万ドル(約335万円)を超え、国の経済規模は世界第11位になった。人口5000万人を超える国の中で所得3万ドルを超える国は、世界に7カ国しかない。大韓民国を除いたほかの国々は全て、かつての帝国だった。韓国は、産業化に成功した後、民主化まで成し遂げた。100年前に、日本の弾圧を避けて外国で臨時政府を立てるしかなかった指導者らは、この奇跡のような祖国の繁栄を想像できなかっただろう。先人らが今日の韓国を見ることができたら、感激の涙を流すのは疑いない。

 臨時政府100年の記念日は、この「奇跡の歴史」を全ての韓国国民が祝い、記念する日であるべきだった。しかし訪米中の大統領は、代読される記念の辞の1通すら残さなかった。それは難しいことなのか。到底理解し難い。米国議会すら「100年前の臨時政府樹立は韓国の民主主義の土台」だとして、韓米同盟決議案を発議した。文大統領は「2019年は大韓民国建国100周年」だとして強い愛着を示していた。しかし昨年4月の南北首脳会談以降、「建国100周年」は突然姿を消し、肝心の臨時政府100周年の日には記念の辞すら出さなかった。大統領直属の委員会は、ソウル都心に主な独立運動家の大型肖像画を掲げながら、臨時政府の初代大統領だった李承晩(イ・スンマン)は省いた。こんなことがあり得るか。大韓民国を「生まれてはならなかった国」とけなしていた勢力が権力を握り、ありとあらゆる場所で奇跡の歴史を否定し、消し去ることにあくせくとしている。国民が目覚めていてこそ、韓国の奇跡の100年と韓国という国そのものを守ることができる。


レイム
記事では、日本併合時代の朝鮮人の事を「韓国国民の相当数は餓死を逃れるのに必死だった」とか「窓のない土壁の家で暮らし、住宅街のどぶには汚物やごみがたまって腐っていた。世界で最も貧しく、最も絶望的な植民地だった」とか書いているわね。


マリサ
ああ、こういうのなんか聞いたことあるぜ。
併合時代の朝鮮人は欧米列強が行った植民地支配より苛烈な弾圧と搾取を受けたってやつな。


レイム
そうそう、朝鮮人は人間扱いされず、人並みの生活が出来たのは積極的に国や民族を売った売国奴の親日派だけでって話も、韓国人達はよくするわね。


マリサ
その歴史観に問題があるってことか?


レイム
マリサ、まず結論を急がず次を紹介するわね。
次はこちらね

[寄稿]長い列 - 独立運動100周年に見た2本の映画
ハンギョレ新聞 2019-03-08
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/32973.html

 ああ、行く、行く、ついて行く/忘却の中にある間島と遼東平野へ/飢えた命抱えついて行く/泥を飯に、下水を飲めど/馬具でもあったらぐっすり眠れたものを/人間を作った神よ、一日も早く/いっそ飢えた命を奪い去れ!

 (李相和「もっとも悲痛な嗜欲」1925年より、金應教訳)

 スクリーン一杯に広がる真っ青な大海原。空高く一羽の海鳥。自然の広大さと美しさを謳歌するかのようだ。その海面に一つの点のような船が浮かんでいる。カメラが近づくと、救命胴衣をつけた人々がぎっしりと乗っている。地中海を渡ろうとする難民たちを満載した船なのだ。乾ききった砂漠。冷たい雨が降りしきる辺境の鉄道駅。軍事用鉄条網で無慈悲に隔てられた境界。氷雨に濡れたまま呆然とたたずむ人々。腹を空かせ、寒さに震え、疲労と睡眠不足に苛まれている。まさに「泥を飯に、下水を飲んで」いる人々の列である。

映画を観ている間ずっと、私の脳裏で李相和の詩句が反復していた。1920年代に朝鮮半島から満洲へと流れる難民の群れ、2017年に中東からヨーロッパを目指す難民の群れ。二つの列は100年の時を隔てて1本につながっている。長い列は全世界に及び、いつ終わるとも知れないのだ。「ああ、神よ。いっそ飢えた命を奪い去れ!」

 その映画はアイウェイウェイ(AI WEIWEI)監督の長編ドキュメンタリー作品「ヒューマン・フロー/大地漂流」(HUMAN FLOW2017年ドイツ)である。アフガニスタン、バングラデシュ、ガザ、からヨーロッパ諸国、トルコ、米国・メキシコ国境地帯にいたるまで、世界23カ国40カ所もの難民キャンプを巡って制作された。「難民問題」の最前線を一望のもとに収める、巨大なパースペクティヴ。その映像は美しく、凄絶である。画面に時折、監督自身が効果的に姿を現す。たとえば難民キャンプの散髪屋で頭を刈ってもらっている姿、アメリカ‐メキシコ国境地帯でオートバイに乗った国境警備官にのんびりとした口調で話しかける姿。古代中国の仙人のようでもあり、田舎の農夫のようでもある。その姿が、このテーマの長大な叙事詩的尺度を感じさせる。

 中国のアーティスト・アイウェイウェイは2008年北京オリンピックのメインスタジアム「鳥の巣」の設計に参加して世界にその名を知られた。同時に彼は、人権運動にも奮闘する反骨の社会運動家である。そのため2011年には当局によって北京の自宅に軟禁されたが、翌12年にはドキュメンタリー映画「アイウェイウェイは謝らない」(アリソン・クレイマン監督)で、厳しい監視下にあっても自己の信念を貫く姿を全世界に示した。

 その後ベルリンに移り、「難民」を正面からテーマにする作品に取り組んでいる。私は2017年、横浜トリエンナーレの主会場である横浜美術館の壁面全体に無数のオレンジ色の物体が貼りつけられて、折から台風の風雨に打たれて激しく揺れているのを見た。アイウェイウェイのインスタレーション作品であった。実際に難民たちがそれに乗って海を渡った(あるいは渡るのに失敗した)ゴムボートを使用したものだ。

 「もし芸術家たちが社会の良心を裏切ったら、人間であることの根本原則を裏切ったら、いったい芸術はどこに立っていられるんだい?」(AI WEIWEI SPEAKS with H.U.Obrist, 2011)。

 「社会の良心」「人間であることの根本原則」このような考えは、現在の私たちの社会では軽侮されるか、少なくとも疑いの目を向けられているのではないか。このような素朴とも見える人道主義を、これほどの確信をもって、これほど力強く、これほどの説得力で語る存在はアイウェイウェイの他に見あたらない。「人道主義」という名の防波堤はいま、地上のいたるところで決壊し始めている。いっそ人間に絶望してしまいたくもなる。だが、それと同時に、農民が何百年と変わることなく、干ばつで荒れた畑を営々と耕してきたように、良心や人間性を私たちに思い出させる人々がつねに存在し続けてきた。そのことにも、アイウェイウェイによって気づかされるのである。

 もう一本、最近見た映画の話をしておきたい。クリスティアン・ペッツオルト(Christian Petzolt)監督の「TRANSIT」(日本語タイトルは「未来を乗り換えた男」)である。原作はアンナ・ゼーガース(Anna Seghers, 1900年 - 1983年)の小説。この小説家の名をずいぶん久しぶりに聴いた。彼女の作品が、いま再読され、映画化までされたことに興味を掻き立てられる。やはり時代がそれを求めたのであろう。ドイツにはその求めに答える映画製作者がいたのだ。

 1920年代から作家として活動を始めたゼーガースは、28年にドイツ共産党に入党。33年、ナチスが政権を取るといったん逮捕されたが、結婚によってハンガリー国籍に変わっていたため釈放され、亡命してフランスに逃れた。1940年にナチスの勢力がフランスに及ぶと、次の亡命先を求めてマルセイユへ移り、41年にメキシコへ亡命した。この作品はこうした彼女自身の命がけの実体験に基づいて、マルセイユで書かれたものだ。

 「TRANSIT」とは通過査証のことである。当時のマルセイユは戦争とナチスによる迫害を逃れて他の国に渡ろうとする人々がひしめき合っていた。この人々は、通過査証をはじめ各種証明書の取得のための煩雑な手続きと、冷酷な官僚主義に翻弄され苦しめられた。このようなカオスの中で出遭った男女の、哀切きわまるロマンスが描かれる。サスペンス風の作品でもあるので筋書きをこれ以上書くことは慎んでおこう。ただ、故郷を追われた者たちの極度の不安をこれほど深くつかみ出して見せた作品は稀であるとだけ言っておこう。

 この映画の優れた着想は、70年以上前の歴史を描きながら、マルセイユの街や行き交う車両、港を出る船などはすべて、現在のものであることだ。難民たちが身を寄せ合って暮らす低所得者用住宅は現在のものであり、そこに住む人々は中東系、アフリカ系の人々である。一斉取り締まりに襲いかかる警察の車両や制服も現在のものである。一般に観客の多くは、映画の中に見たものがどんなに悲惨な出来事であっても、それを過去のことと了解することによって、わずかに安心を得ようとする。だが、この映画はそのことを許すまいとしているのだ。1940年代のヨーロッパ難民たちの運命は、現在の難民たちの運命である、この映画は過去を描きながら現在を問うているのである。


 3・1独立宣言100周年である。李相和は1900年、つまり20世紀の始まりの年に生まれた(アンナ・ゼーガースと同い年である)。彼が10歳の時に日本による「併合」が強行され、19歳の時に3・1独立運動が起きた。彼自身友人とともに決起を計画したが事前に発覚して挫折。1923年に東京に渡ったが、同年9月関東大震災に遭遇した。多くの同胞が虐殺される現場を経験し、自身も自警団に捕らわれて命を落としそうになったという。冒頭に掲げた詩は、1920年代の日帝による農村収奪の結果、流民となって北へと故郷を去っていく人々の姿をうたったものだ。この人々が中国朝鮮族の源流のひとつだ。同じ時期に南に流れ海を渡った人々が在日朝鮮人の源流である。私の祖父もその一員だった。1920年代の朝鮮人農民と21世紀の難民はつながっている。李相和とアイウェイウェイはつながっている。


 「3・1独立宣言起草者」の一人韓龍雲は〈「民籍のない者は人権がない 人権のないおまえに何の貞操か」と 凌辱しようとする将軍がいました〉とうたった(「あなたを見ました」『ニムの沈黙』初版1926年)。

 「民籍」は日帝が統監府時代に朝鮮民族に押しつけた制度だ。それに抵抗した人たちには、「人権」がない。現在も難民や移民たちはさまざまな証明書の所持を義務付けられ、煩雑な手続きと屈辱を強いられている。証明書のないもの(フランス語で「紙のないもの=サン・パピエ」)には「人権がない」のだ。韓龍雲の詩句は現在まで続く難民たちの苦しみを予見している。なんと天才的な洞察! 韓龍雲とゼーガースは続いている。詩人たちにそうした洞察を要求する状況がいまも変わらず、いやますます精緻かつ苛酷に続いている。

 韓龍雲は8・15解放を見ることなく死んだ。「ツバメの群、はるか飛び来るを待つ」とうたった李陸史は、中国大陸で抗日独立運動に従事して、日本の領事館警察に捕らえられて、北京で獄死した。「死ぬ日まで一点の恥もなきことを」とうたった尹東柱は、日本の同志社大学で学んでいた時に「独立企図」の嫌疑で検挙され、解放半年前に福岡刑務所で獄死した。これら詩人たちはかろうじて詩によって私たちにメッセージを残したが、多くは言葉を発することも出来ないまま無惨に命を奪われた。

 3・1独立運動から100年――私は早春の東京で2本の映画を見て思う。ああ、なんと長い難民たちの列。なんと多くの涙と血。この膨大な犠牲にもかかわらず、いまもまだ全世界で苦しみが続いている。日本では歴史修正主義者が権力を握り、国民多数の間に植民地主義の心性が、むしろ増殖している。闘いは終わらない。
徐京植(ソ・ギョンシク) 東京経済大学教授


レイム
こちらの記事では、1920年代に日本が朝鮮で行った土地の収奪により、多くの朝鮮人が流民となり満州や日本本土へと流れて行ったと書かれているわ。


マリサ
これも聞いたことあるな、要するに当時の朝鮮人はひたすら日本人から搾取されるだけの存在であり、一部の売国奴以外は土地も財産も奪われまともな教育もされず、奴隷として弾圧されていたって話な。


レイム
そう、そしてこうした苛烈な支配の中、奴隷として日本に連れて行かれた人々は200万から800万人いたとしているのね。


レイム
そのうえで、次にこちらの記事を見て欲しいの。

ソウル鍾路では今、「京城ファッション」が人気
朝鮮日報 2019.03.22
https://web.archive.org/web/20190403192838/http://life.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/22/2019032280025.html

 鍾路に「モダンガール」がやって来た。

 3月3日午後5時、ソウル市鍾路区益善洞。古い韓屋(韓国の伝統家屋)の間にある狭い路地には多くの人が集まっていた。トレンチコート、デニムジャケットを羽織った人たちの中に、赤いドレス姿の女性の姿があった。いわゆる「京城ファッション」だ。ドラマ『ミスター・サンシャイン』や映画『お嬢さん』にも登場した1930年代のファッション。ちょうどそのとき、グレーのチェックのスーツを着てベレー帽をかぶった男性、濃いピンクのタイトなドレスにクローシェ帽姿の女性が手をつないで歩いてきた。カフェではハイネックの白いロングワンピースにレースの手袋、コルサージュでおしゃれをした女性たちがゆったりとお茶を飲んでいた。今や鍾路は「京城ファッション」全盛時代だ。

 以前まで、このエリアを支配していたのは韓服(韓国の伝統衣装)だった。記念撮影をする韓国客にとっては天国のような場所だ。2016年に益善洞の路地が「注目スポット」に浮上し、改良韓服を着た人たちが出没するようになった。王宮に出掛けるときに必須の服装であり、三清洞デートの公式ドレスコード。しかし、益善洞にあるカフェの店主は「今では韓服姿でここを訪れる人はだいぶ減った」と話している。

 その代わり、新たな流行が生まれた。敦化門国楽通りから鍾路3街駅4番出口に至る「汎益善洞」エリアでは、「京城ファッション」専門レンタルショップだけで4店舗が営業中。京城衣服、益善衣装室、鍾路ブティックなどの商号からして、開化期の洋装店コンセプトを前面に押し出している。あるレンタルショップの関係者は「一日200人近く立ち寄るなど、本格的な『トレンド』に生まれ変わったのは今年初めから」と語った。

 大学生ホン・ミンギョンさん(22)は「100年もの歴史を誇る近代通りを背景に『あの時、あの時代』の感性を体験しに来た。京城ファッションは飾りが多く色合いも華やかで、体型を補正することができ、写真うつりもいい」と語った。大邱から遊びに来たというキム・ヒョナさん(24)は「敵産家屋が残っている大邱や群山でも、『モダンガール』がコンセプトの写真館や開化期のインテリアを施したレストランが流行している。近代家屋が密集している通りを中心に、レトロブームが吹き荒れているようだ」と話した。

アン・ヨン記者


レイム
記事では、現在韓国で1930年代のファッションをするのがはやっていて、そうしたファッションの事を「京城ファッション」と呼び、そうした服の専門店まで出来ているらしいのね。
要するにレトロブームってやつね。


マリサ
いやちょっと待て、この時代って韓国では「韓国国民の相当数は餓死を逃れるのに必死だった」とか「窓のない土壁の家で暮らし、住宅街のどぶには汚物やごみがたまって腐っていた。世界で最も貧しく、最も絶望的な植民地だった」ってことになっているんだよな?


レイム
そうなのよ、そして当時こんな「モダンファッション」が出来たのは、彼らの言い分通りなら「親日売国奴だけ」なはずなのね。
次にこちらを見て欲しいの。

警察の銃弾と武装隊の竹槍で壊れたからだ…「なぜ私は4・3後遺障害者でないのか?」
ハンギョレ新聞 2019-01-17
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/32589.html

済州4・3企画、椿に尋ねる 2部(14) 
 
畑から戻ったところを警察の銃に撃たれた 
北村里のチャン・ユンスさん 
2回申請したが脱落…「なぜ落ちたか分からない」 
 
赤ん坊の時、武装隊の竹槍に刺された 
高内里のキム・ジョンアさん 
日本で暮らし申請のニュースを知らず昨年申請 
済州4・3実務委員会、昨年12月34人通過 
4・3中央委員会を通過して初めて後遺障害者に認定

 済州(チェジュ)4・3事件の真相究明および犠牲者の名誉回復に関する特別法は、済州4・3当時の「後遺障害が残った人」を犠牲者に含めている。彼らは、済州4・3を経験した済州島民のうち、討伐隊や武装隊により負傷して後遺症を抱えて生きている「4・3後遺障害者」たちだ。しかし、彼らの中には、後遺障害者申請をしても明確な理由なく脱落した人々がおり、後遺障害者の受付事実すら知らずに申請もしなかった人々もいる。

警察により銃傷を負った北村里のチャン・ユンスさん

 蒸し暑い夏の日だった。1947年8月13日午前11時頃、朝天面(チョチョンミョン、現在の朝天邑)咸徳里(ハムトクリ)犀牛峰(ソウボン)の粟畑で草取りをしていたチャン・ユンスさん(90・当時18)は、貝を獲りに行こうと足を速めた。家で昼食をとり、びく(魚籠)と手鍬を持って北村里(プクチョンリ)の海辺に行くつもりだった。チャンさんが家の前まで来た時だ。隣人たちが走る姿を見て、チャンさんも鍬を持ったまま隣人たちの後を追った。そして銃声が鳴り、チャンさんはその場に倒れた。

 「私は一人で畑に行き、潮時になったので漁に行こうと帰ってきたところでした。家でお昼を食べて海に行こうと。すると人々が目の前を走って行き、私に仕事ばかりしていないでこういうものも見なければならないと。それで畑から戻ってきたままでそちらに走りました。私はちょっと足が速いほうです。ノブンスンイに行って(銃で)撃たれる時までは覚えていますが、その後は分かりません」

 当時、北村国民学校の5年生だった弟のチャン・ユンスンさん(87・当時15)は、この日の状況について「8・15光復節を控えて青年たちが夜中にうちの石垣にビラを貼り付けて行ったことがあった。近隣の咸徳支署の警官が来て、村の青年たちを見れば「誰が貼ったのか」と問い詰める過程で、青年たちと警察の間で小競り合いが起きた。村の雑用をする人がサイレンを吹き、「警察が来て北村の人々を殴打している。はやく出て来い」と言ったが、その時姉が走って行って銃で撃たれた。父の友人と女性など3人が銃で撃たれた」と話した。“ビラ”とは何の関係もないチャンさんが銃に撃たれたのだ。当時の新聞にも、この日の銃傷の事実が報道された。

4・3後遺障害者と認められず

 警察が撃った弾丸は、チャンさんの右鎖骨の下を貫いた。胸は血だらけで、隣人たちは皆、助からないと言った。娘の銃傷の知らせを聞いた父親(チャン・キリョン、当時55)と弟、そして銃に撃たれたチャンさんの3人は、通りかかったトラックに乗り、済州邑の道立医院に向かった。父親は娘の銃傷に興奮し、咸徳支署に車を駐めさせ「私の娘が銃に撃たれて死にそうだ。娘を生きさせろ」と言って器物を壊し、支署のわらぶきの家のロープを切ってしまった。警察は謝罪や補償どころか、器物を破損したという理由で父親を裁判に付した。父は同年9月26日に裁判を受け、騒擾罪等で懲役6カ月執行猶予3年の判決を受けた。

 医師は父親に「左側に銃が当たっていたら死んだが、右側だったので助かった」と話した。銃で負傷した住民2人は、チャンさんより早く退院したが、生死の境をさまよったチャンさんは、3カ月も病院生活をしなければならなかった。チャンさんは退院後にも、しばらくは横になって過ごした。チャンさんは「若い時は水に入っても傷が癒えていたので痛まなかったけれど、後になって後遺症が出始めた」と話した。チャンさんが指で傷を示して、鎖骨の下を押すとボコッと指がめり込んだ。

 チャンさんは「寒くなると右腕に力が入らず使えなくなる。銃で撃たれた部位は、水に入ると凍ってしまう。寒かったり風の吹く日には、数日間は動くこともできず寒気がする」と話した。

 チャンさんは銃に撃たれて負傷した傷と住民の証言があるにもかかわらず、2004年と2014年の2度にわたり済州4・3後遺障害者として認定されなかった。チャンさんは「なぜ後遺障害者として認められないのか理解できない」と話した。

 「銃弾が貫通したことを皆が見ているにもかかわらず、病院では傷がないと言う。そんなことがどこにある?銃で撃たれたことを知っていながら傷がないとは。歳をとって後遺症がますます激しくなっているようだ」

 チャンさんは昨年末、済州道に再び4・3後遺障害者認定申請をして、済州4・3実務委員会の審議を通過した。弟のチャン・ユンスンさんは「最初に後遺障害者申告をしたのに、認められなかった。実際に銃で撃たれ生涯苦痛を抱えている姉さんが認められないなんて、話にならない」と話した。

「お父さん」と呼びたかった…武装隊にやられた高内里のキム・ジョンアさん

 「生まれてから『父さん』『母さん』と一度も呼んだことがなく、その言葉が出ませんでした。友達が『父さん』『母さん』と呼んでいるのが、どれほどうらやましかったか分かりません」。13日、受話器の向こう側から聞こえるキム・ジョンアさん(74・東京荒川区日暮里)の声は哀しげだった。北済州郡涯月面(エウォルミョン)(現、済州市涯月邑)高内里(コネリ)が故郷のキムさんが、日本に渡ったのは40年余り前の事だ。日暮里は、済州島で虐殺が強行された1949年5月29日、高内里青年団の主催で4・3追悼会が開かれたところだ。

 キムさんは、その日の状況を祖母(カン・シンヘン)から聞いて育った。1948年11月13日の夜、父親(キム・ボンウォン・当時24)は村の公会堂で“その人々”に対する対策会議をしながら「その人々の話を聞いてはいけない」と話した。キムさんは「暴徒」という表現の代わりに「その人々」と言った。「会議が終わって家で寝ていると、会議を覗き見た“その人々”が、翌日午前2時頃に家に入ってきて、父と母、赤ん坊だった私まで彼らが振り回す刃物や竹槍で刺されました」。

 済州4・3当時、多くの済州島民が国家公権力の犠牲になったが、武装隊に殺害された民間人もいた。武装隊は、自分たちに協力しなかったり討伐隊側だと判断した住民を殺害する過程で残忍性を見せもした。

両親の死の中で、赤ん坊は満身瘡痍で生き残った

 「父さんはその場で亡くなり、母さん(オ・チャンスン・当時23)は幼い子どもを一人残して目を閉じられなかったのか、全身傷だらけで苦痛の中で10日ほどい持ちこたえ、ついに息をひきとりました。私が死んで、母さんが助かると思われていたのに、その反対になりました」。武装隊は2歳になったばかりのキムさんにも竹槍を振り回し、腕、胸、耳に重傷を負った。

 日帝強制占領期間に東京で大学を卒業したインテリだった父親は、解放以後に涯月中学院の設立に加わり、亡くなるまで数学を教えた。キムさんは「父さんが学校設立後に周囲から日本に行くように言われたが、子どもたちを教えると言って故郷に残った」と話した。

 「祖母は息子の墓に行って泣く日が多くありました。しょっちゅう息子の墓に行っていました。息子の墓前で、話もできずにひたすら号泣していた祖母の姿が忘れられません」。

 30年前に亡くなった祖母は、キムさんの入学式、卒業式、運動会には顔を出さなかった。孫娘にはかわいそうだと思ったが、無念に亡くなった息子の顔が目に浮かんで行けなかったと話していた。祖母は、残された子どもだけでも生かそうと言って、叔父と叔母を密航船に乗せて日本に送った。

耳から粘液が出て、全身傷だらけ

 キムさんの記憶の中には4・3はないが、からだには4・3が70年余り経ってもそっくり残っている。赤ん坊の時、生死の峠を越えたとはいえ、傷は現在進行形だ。「祖母は息子の唯一の血筋の私を生かすため、誠心誠意治療しました。時間の経過とともに胸、肩、腕の傷は癒えていきましたが、耳は良くなりませんでした」。

 キムさんのからだの随所には当時の傷が残っている。キムさんは「夏に半袖の服を着れば、人々が腕を見て『どうしたの』と訊いてくる。幼い時に負傷してずいぶん良くなり、整形手術もしたけれど、相変らず傷跡がある」と話した。

 しかし、キムさんの右耳は聞こえない。幼い時から耳からは粘液が出てきた。キムさんは「自分も気がつかないうちに耳から粘液が流れ出て、周りに人がいれば恥ずかしくて、ハンカチで隠して通ったりもした」と話した。キムさんは結婚してソウルの大病院で手術を受けた。医師が聴力の回復は難しいだろうと言ったが、切実な思いで手術を受けた。日本に渡った後に訪ねた東京大学病院で、キムさんは治療を受けても直らないと言われた。

 キムさんは、昨年10月済州を訪問した。済州4・3平和公園が作られ、4・3犠牲者・遺族の申告を受け付けているという知らせを聞いた。キムさんは、済州4・3平和財団の助けで4・3後遺障害者申請書を提出した。

 「娘たちにも悲惨な話を聞かせたくなくて話しませんでしたが、初めて4・3の傷を語りました。4・3は今でも胸の痛む苦痛なのです」。キムさんの声は涙にぬれていた。

後遺障害者の決定は…4・3中央委、開催未定

 済州4・3後遺障害者に決定されれば、地方費で生活補助費(月70万ウォン=約7万円)と医療費などの支援を受けられる。しかし、4・3後遺障害者認定の過程は難しい。後遺障害者生存者は現在75人に過ぎない。最後に後遺障害者決定がなされた2014年5月には33人が申し込み7人だけが認められ、残りの26人は不認定だった。後遺障害者として認められるためには、事実立証確認書と診断書を添付して申請し、済州4・3実務委員会と首相室傘下の済州4・3中央委員会の審査を通過しなければならない。昨年末、済州4・3実務委員会の審査を通過した後遺障害者申請者は34人だ。現在、首相が委員長を務める済州4・3中央委員会がいつ開かれるのか決まっていない。
ホ・ホジュン記者


レイム
この記事は、韓国独立後の1948年に発生した済州島4・3事件という、韓国初代大統領の李承晩が行った島民虐殺事件の生き残りの証言の記事なのだけど、そこで「日帝強制占領期間に東京で大学を卒業したインテリだった父親は、解放以後に涯月(エウォル)中学院の設立に加わり、亡くなるまで数学を教えた」と書かれているのね。


マリサ
ちょっとまってくれ、併合時代に東京の大学に入学して教育を受けることが出来たのって、韓国人達の言い分通りなら国を積極的に売った親日売国奴だけじゃないのか?


レイム
そう、彼らの言い分では、併合時代に徴用で連れて行かれた朝鮮人は200万人以上となっているけど、この数字は1945年8月の時点で日本に住んでいた朝鮮人の総数なのよ。
つまり、彼らの主張通りなら、普通の朝鮮人は奴隷として日本で働かされていただけであり、この人物は特権階級の親日売国奴のはずなの。


マリサ
ちょっとまってくれ、これ矛盾だらけじゃないか。
どっちも韓国メディアで普通に報じられている内容なんだよな?


レイム
そうよ。
詳しい解説は後でまとめてやるけどね。


親日派・戦犯企業


レイム
それで、次はいわゆる「親日派」についてなのだけど、過去動画の「韓国の親日派財産没収法」の中で、母方の祖父が日本統治時代に商売をして成功したって理由で、「親日派の子孫」と糾弾され、謝罪を強要された韓国の芸能人の話をしたわよね。


※動画説明欄に過去動画へのリンクがあります。


マリサ
ああ、なんかあったな。
その母方の祖父って、親日派リストに名前が載せられていたんだっけ。


レイム
そう、それでその親日派の定義は「日本帝国主義の殖民統治に協力し、わが民族を弾圧した反民族行為者」とされていて、当時日本は朝鮮人を搾取し奴隷扱いしていたのだから、商売で成功したという事は民族の裏切り者だって理屈なのね。
そのうえでこの記事を見て欲しいの

【コラム】恣意的に作られた親日人名辞典
2009年11月06日12時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/425/122425.html

「詩人、李漢稷(イ・ハンジク、1921~76)の父親は帝国主義・日本による植民支配時代に中枢院(朝鮮の官庁名)の参議、慶尚北道(キョンサンブクド)知事などを務めた親日派だった。1950年に李漢稷は釜山(プサン)で、当時副大統領だった金性洙(キム・ソンス)の娘と結婚式を行った。しかし金性洙は李漢稷が親日派の息子だという理由から、結婚式に出席すらせず、その後、この夫婦に徹底的に背を向けた」(「鄭奎雄の文壇の裏街道」 11月1日付の中央SUNDAY)。

「いわゆる民間の有志らが警察の指揮の下、腕に黄色い腕章をつけて、叫び、怒鳴りつけていた…(夢陽・呂運亨)。黄色い腕章をつけて街を闊歩(かっぽ)していた…防空訓練などの際は身を隠れてしまうほうがかえって良いのでは。私は嘆きながら、彼の闊歩する後姿を見つめた」(1949年7月号の「新天地」)。

民族問題研究所があさって、およそ4300人の名前を掲載した「親日人名辞典」を出版するという。これまで2回にわたり見本として発表された名簿によると、親日派の息子だった娘婿に徹底的に背を向けた仁村・金性洙(インチョン、キム・ソンス)は「親日派」の烙印を押されることになる。植民支配時代に講演を行ったからだという。

独立運動家、呂運亨(ヨ・ウンヒョン)の行為を批判した上記の文は、作家の金東仁(キム・ドンイン)が書いた。呂運亨は「半島学生出陣報」「京城日報」などに徴兵を勧誘する文を掲載するなど親日の証拠が明らかだ。「大東亜はわが日本を中心に建設されている。一大の決戦は、東亜10億の生存権を獲得するための戦いだ。血が乱舞する中、半島はいったい何をしていたのか」と叫んだ呂運亨は、しかし、親日辞典に含まれない。彼が帝国主義・日本に追従したことを批判した金東仁は含まれる。

あさって発表される名簿に名前が含まれるかが気になる人がもう1人いる。北朝鮮の親日人物らだ。日本関東軍の通訳として活動した金日成(キム・イルソン)の実弟の金英柱(キム・ヨンジュ)、満州国の検事長出身で検察総長、金日成大学の教授を務めたハン・ナッキュ、植民支配時代に咸興(ハムフン)鉄道局長を務め、北朝鮮臨時人民委員会の交通局長になったハン・ヒジン、旧日本軍のパイロット出身とされる人民軍空軍司令官の李活(イ・ファル)らがそれらだ(「使い道のあるバカ者たちのうそ」)。

ブレーキをかけ、局面転換などを図っているわけではない。親日人名辞典の編纂(へんさん)作業はおよそ8年にわたって行われた。国民の税金も少なくなく投入されている。それなら、選定の基準から、国民の大多数の共感を得なければいけない。「軍人は少佐、警察は警部以上」といった具合で、職位を中心に正すから、植民支配時代の実像がきちんと反映できていないのだ。

名簿に含まれる朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の場合、日本の陸士を卒業した後、満軍(植民支配時代の満州国の軍隊)に配属され、1944年7月に万里の長城を越えた所にある熱河省の歩兵第8団に配置された。主な敵は中国の八路軍だった。彼は副官として作戦命令を伝え、部隊の旗を管理した。諸資料・証言をまとめてみると、実際の戦闘には参加したことがない。

そのため光復(解放)直後の反民法は「悪質な親日行為」を断罪の基準と見なした。「軍、警察の官吏として、悪質な行為で民族に害を加えた者」「各部門で日本の侵略主義やその施策の遂行に協力するため、悪質かつ反民族的な言論、著作やその他の方法で指導した者」を処罰対象に明記した。

光復の直後、あらゆる資料と証人があふれていたその時期、先人らは反日意識が足りないか、または鈍いために基準を職位ではなく「悪質性」に定めたのだろうか。そうではない。植民支配時代の生き生きとした実像や内幕を直接体験し、あまりにもよく知っていたからだった。朱益鍾(チュ・イクチョン、落星垈経済研究所)博士によると、植民支配時代に韓国人は韓国人の官吏がより増え、高官ポストにつくことを望んだ。日本人よりはましだったからだ。植民支配時代末期の韓国人の「体制内化」現象も踏まえるべきだと朱博士は指摘する。

万一、インドが「親日辞典」を基準にして「親英人名辞典」を作るとしたら、植民地の宗主国である英国で弁護士資格を取ったガンジーやネルーも含まれることになるほかないからだ。過去から教訓を得て、未来の警戒にするというのが親日辞典の趣旨であろう。しかし、筆者が見るには、過去や未来より現在のイデオロギーをめぐる争いや政争に尽くした格好となってしまった。作業の偏向性、恣意性のせいである。

盧在賢(ノ・ジェヒョン)論説委員


レイム
この記事では北朝鮮を建国した金日成の弟「金英柱(キム・ヨンジュ)」は、併合時代に関東軍の通訳として活動していたそうなのね。
しかも調べてみると、金英柱は当時金日成に対して、日本側に投降するよう呼びかけていた過去まであるそうなの。


マリサ
てことはつまり…


レイム
そう、併合時代に商売で成功したというだけで親日リスト入りし、その母方の孫が親日派の子孫として謝罪しないといけないなら、金正恩だって「親日派の子孫」として糾弾されていないと本来はおかしいのよ。


マリサ
でも現在の韓国で金英柱(キム・ヨンジュ)は親日派認定を受けていないよな?


レイム
しかも北朝鮮によると金英柱(キム・ヨンジュ)はまだ存命だそうよ。


マリサ
親日派とはいったい・・・うごごご!


レイム
ふざけてないで次に行くわよ。


マリサ
まだあるのかよ。


レイム
まだ戦犯企業についてやってないじゃない。
それでまずこの記事を見て

「歴史無知」「戦犯企業トヨタ間接広告」…韓国女性アイドルが涙で謝罪
朝鮮日報 2016/05/17
https://web.archive.org/web/20160517025231/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/17/2016051700700.html

 新曲「Good Luck」をリリースした女性アイドルグループAOAが、歴史に関する発言で過ちを犯したとして問題になり、リーダーが涙ながらに謝罪した。

 リーダーのジミンとメンバーのソリョンは、3日に放送されたケーブルテレビチャンネル「OnStyle」のリアリティー番組『チャンネルAOA』で、安重根(アン・ジュングン)義士の写真を見て「キン・トカン」と発言、笑ったり騒いだりしたため、「歴史に無知だ」と非難を浴びた。キン・トカンとは金斗漢(キム・ドゥハン、独立運動家の息子で侠客から国会議員になった人物)の日本語式発音だ。

 この騒動に続き、今度は新曲「Good Luck」のミュージックビデオに日本の自動車メーカーが間接広告(PPL)を出しているという疑惑も膨らんでいる。このミュージックビデオにはトヨタの自動車とホンダの自動車がそのまま登場しているためだ。

 両社とも「戦犯企業」に分類される軍需企業だ。AOAの所属事務所FNCエンターテインメントはただちに車のブランドマークをモザイク処理したが、ネットユーザーたちは「歴史無知騒動に続く軽率な行動」と批判している。


レイム
記事は、韓国のアイドルグループのミュージックビデオに、韓国で戦犯企業とされているトヨタとホンダが間接広告を出しているとして批判されている内容ね。


マリサ
ちょっとまってくれ、本田技研工業の前進の本田技術研究所ができたのって1946年だろ?


レイム
それがね、本田技研工業って本田宗一郎氏が元々所有していた東海精機株式会社を売却して、その資金で設立した会社で、この東海精機株式会社が戦争中に軍に部品などを納入していたからという理由で「戦犯企業」なのだそうね。


マリサ
物凄いこじつけだなおい。


レイム
そう、物凄いこじつけでしかないのだけど、韓国ではこれだけで戦犯企業認定を受けるのね。
そのうえで次にこちらを見て欲しいの

「外国企業の日」記念式 東レ・日覚社長に最高産業勲章=韓国
聨合ニュース 2018.11.05
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20181105001900882

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部や韓国外国企業協会などによると、ソウル市内のホテルで5日、「外国企業の日」記念式が開催された。

 記念式には在韓外交官や在韓外国商工会議所の関係者、外国人投資誘致の功労者などが出席。外国人投資誘致に貢献した46人が政府から勲章を授けられた。

 このうち最高の栄誉とされる「金塔産業勲章」は、韓国で55年間に計9億6000万ドル(現在のレートで約1090億円)を投資し、3786人の雇用を創出したほか、ソウル市内に研究開発センターの建設を推進している東レの日覚昭広社長に授与された。


レイム
去年の記事なのだけど、韓国で「外国企業の日」というイベントが開催されて、外国人投資誘致に貢献した46人が政府から勲章を送られたというニュースね。
この中で、日本からは東レの社長が最高の栄誉とされる「金塔産業勲章」を受けているのね。


マリサ
要するに東レは韓国の産業界に大きな貢献をしたってことだな。
それと戦犯企業にどんな関係があるんだ?


レイム
元々ね、東レって東洋レーヨンって名前でね、この記事を読んでもらうとわかるけど

レーヨンで生まれ、ナイロンで育った東レ
SEN’IGAKKAISHI(繊維と工業)Vol.63, No.5(2007)
永安直人
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fiber/63/5/63_5_P_131/_pdf

(一部抜粋)
3.ナイロンの研究・開発その最中の昭和 13 年カローザスがナイロン 66 を発明し、duPont社が事業化を発表すると、東レはナイロンの研究を開始し、昭和 13 年に三井物産経由で入手したサンプルと特許公報を分析、追試して翌 14 年にナイロン 66 の重合・製糸に成功すると共に、独 IGファルベンに続き、昭和 16年カローザスが重合しないとしていたε-カプロラクタムからナイロン 6 を重合・製糸し、昭和 17年には独自技術でナイロン 6・テグス“アミラン”を発売するに至った。この研究開発力こそが現在の東レを作り上げた原動力であったと考えている。その後、昭和 17 年中間工業化設備を完成するが、戦時下での原材料、資金の調達難の中、海軍より電線被覆材としてナイロン 6 樹脂生産の示達を受け、8tの納入をする中で敗戦を迎えることになった。


レイム
見てのように東洋レーヨンは戦時中、海軍に電線被覆用のナイロン樹脂の生産示達を受けて納入しているの。


マリサ
ちょっとまってくれ、つまり東レって韓国規準じゃ確実に「戦犯企業」じゃないか。


レイム
そうなのよ。
しかも東レの社長は去年韓国政府から最高の栄誉とされる「金塔産業勲章」を受けているのよ。
文在寅大統領は韓国内で積極的に「親日狩り」をやっている人物なのにね。


マリサ
これ完全にダブスタじゃないか、なんでホンダが戦犯企業で東レが戦犯企業じゃないんだよ。


レイム
親日派にしても戦犯起業にしても、実際問題韓国内でその規準がいかにいい加減かってことがよくわかるでしょ?


歴史は関係ない


マリサ
これどういうことだ?


レイム
重要なのは、「矛盾している」という事よりも、矛盾する情報が韓国内で当たり前のように報じられていて、それがまるで問題にされていない事なのよ。


マリサ
確かに、植民地支配どうのこうのに関しても、親日派や戦犯企業認定どうのこうのにしても、矛盾する情報が韓国内で当たり前のように飛び交っているよな。


レイム
なぜこんな事になるかというとね、簡潔に言うと韓国人って歴史について特に興味が無いのよ。


マリサ
んなバカな。


レイム
でも証拠は山のように出したでしょ?
尺の関係で今回はこれだけだけど、出せと言われればもっとソース出せるわよ。


マリサ
でもなんでだ?


※動画説明欄に過去動画へのリンクがあります。


レイム
過去動画の「韓国が日本人から嫌われる原因は何?」で説明したじゃない。
彼らは自身の正統性や優越性、「正しさ」を他者の劣等性から導き出すって。


マリサ
ああ、そういやなんかそんなのあったな。


レイム
つまりね、彼らは自分の優越性や正しさにしても、国や民族の正統性や優越性にしても、とにかく「誰か」の劣等性がないとそれを確認する事ができないのよ。


レイム
そういう内心の考え方があるから、とにかく「今」日本が行った日韓併合は悪であったという劣等性が欲しいし、民族として日本より「優れている」「序列が高い」という事を証明したいから、「過酷な植民地支配であった」ことでなければいけないの。


マリサ
そのために「日本の劣等性」として、苛烈な植民地支配とか、親日派や戦犯企業認定をしているってことか?


レイム
そういう事。
だから実際の歴史がどうであるかなんて彼らにはまるで関係が無いのよ。
彼らが欲しいのは「日本が劣等である」という事の証明であって、それが彼らの自己肯定の基盤になっているのだから。


マリサ
ちょっとまて、てことは事実上韓国との「歴史問題」なんて存在しないってことか?


レイム
その通りよ。
そして更に、彼らの「内心の問題」である以上、歴史という面からいくらアプローチしても、この問題が解決する事は無いって事でもあるの。


マリサ
不毛すぎだろ…

今回のまとめ
・韓国の伝える苛烈な植民地支配は矛盾だらけ
・親日認定も戦犯企業認定も矛盾だらけ
・なぜなら彼らは歴史を解決したいのではなく、日本の劣等性が欲しいだけだから


レイム
こういう考え方だから、韓国では歴史のエピソードが全て断片的で、それぞれが繋がっていないわけ。
「日本がこれだけ劣等だ」という証明がしたいだけだから。


マリサ
ああ、だから矛盾する内容がそれぞれ干渉もせずに報じられているのか。


レイム
そういう事。
目的がそもそも違うのよ。
歴史を検証したいならそれぞれのエピソードが線で繋がって矛盾が無い状態じゃないといけないけど、「日本の劣等性を指摘したい」ってだけなら、それぞれのエピソードが存在すれば良いだけだから、矛盾しても気にならないのよ。


マリサ
なるほどな。


レイム
そんなわけで今回の本編はここで終わるわ。


レイム マリサ
ご視聴ありがとうございました。


大口
おつかれ~


大口
ちょっと早いですが、ゴールデンウィークの予定について報告しておきます。


大口
まずブログの「日韓問題(初心者向け)」と「暇つぶしにどうぞ」のほうは、4月29日と5月1日がお休みになります。


大口
動画のほうは4月27日も5月4日も更新予定です。
またもしかするとですが、動画版でマスコミ問題をお休みし、27日と4日どちらも日韓問題特集をやることになるかもしれません。


マリサ
おいちょっと待て、また私の解説回が減るのかよ。


レイム
マリサ、これはある意味仕方が無いわよ、原則的にこの動画シリーズは過去にうp主がブログで記事にした内容を動画化したものだけど、マスコミ問題は週1更新、日韓問題は週2更新だったから、記事の量が倍違うのよ。


大口
そうなんだよ、時々調整しないとペースがおかしくなるんだよ。
実際、マスコミ問題のほうは今年の夏前までに「一区切り」のところまで行ってしまいそうだし。


マリサ
おいマスコミ、もっと色々ネタの提供しろよ、私の出番に貢献しろよ。


大口
んな無茶な。


レイム
そんなわけで今回はここで終わります。


レイム マリサ 大口
またらいしゅ~




お知らせ。
このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。


人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事です、もしよかったらこちらもどうぞ。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因
日本人の考える反日と韓国人の考える反日は違う
【韓国起源説】日本人の反論は韓国人に通じない
日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
日韓問題(初心者向け)の方針について色々
【河野談話】韓国政府が自爆しました
フランスのJapan Expoから韓国がいなくならない原因
「Japan Expoに寄生しないで独自のコリアエキスポやればいいのに」→過去にやった事があります
韓国人の差別意識の特徴とタイの嫌韓
嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか
嫌韓を「排外主義者=ネトウヨ」と考える人達に対する考察をしてみた
「韓国に対して謝罪すれば解決する」は大きな間違い
韓国視点から見たヘイトスピーチ
メアリー・スーとネトウヨ論
日韓問題とイデオロギー論争
韓国では異論が徹底的に排除される


動画版マイリスト



番外編マイリスト





広告
他15件のコメントを表示
×
>>17
横からすみませんが、大口氏のご意見をいただく前にひとつだけ参考資料をどうぞ

http://oboega-01.blog.jp/archives/1074525962.html
6ヶ月前
×
>>18
記事紹介ありがとうございます。

この記事は実は私も読んでいたのですが、逆にこの記事を読むことによって件の疑問が強くなったという経緯がございます。
知識豊富なSIGさんにも、ぜひご回答を伺えたらなと思います。
6ヶ月前
×
>>17
まず前提知識として、統一協会はなんだかんだと今でも韓国で大きな影響力を持っています。
また朝日新聞は、韓国で「良心勢力」と呼ばれており、韓国人の望む「正しさ」を正確に理解する「徳の高い」新聞とされています。

そのうえで、彼らが他者に抗議や謝罪要求などをする目的なのですが、これは相手に謝罪などをさせることで自己の正しさや徳の高さをしょうめいするためですので、裏を返すとこの目的が達成できない相手には何も言いません。

実際、少し状況は違いますが、かつて韓国は在韓米軍の使っている旭日マークにクレームを入れたことがありますが、これを無視されると以後何も言わなくなりました。

つまり、彼らの目的はあくまで「自己の正しさや徳の高さ」を確認するための手段として相手に謝罪や訂正要求をしているだけなため、その目的が達成できない相手には何も言わないわけです。

統一協会は権力がある序列の上位者ですし、朝日新聞は韓国人の正しさを理解する良心勢力であり、韓国人ほどでは無いが徳の高い人々と認識されているので、彼らの目的達成の役に立たないわけです。
6ヶ月前
×
>>8 翻訳は難しいのでしょうね。ですが、卑下の日本語の用法から考えれば、「自分より下等なものに位置付ける」はせめて蔑視あたりにすべきだろうと思いますね。
6ヶ月前
×
>>21
蔑視とは、元より卑しい者を今まで通り卑しく扱うことです。
卑下(ピハ)とは、今までに比べてより強い「下等レッテル」を貼ることを指します。
だから、やはりニュアンスは異なると思います。

卑下(ピハ)は侮辱と蔑視を組み合わせたような語彙なのかもしれませんね。
6ヶ月前
×
>>20

お返事ありがとうございます。

>まず前提知識として、統一協会はなんだかんだと今でも韓国で大きな影響力を持っています。

大きな影響力が有るからこそより叩きたいネット民はたくさんいるのではないかと思いますが、違うのでしょうか。
中国だと共産党を叩くとお縄になりますが、韓国のネット民が青瓦台を叩くのは日常茶飯事です。
叩けない理由にはならないと思います。


>実際、少し状況は違いますが、かつて韓国は在韓米軍の使っている旭日マークにクレームを入れたことがありますが、
>これを無視されると以後何も言わなくなりました。

アスペルガー的国民性を持つ韓国人は、無視すると認めたと感じるのではないでしょうか。
なぜ、この時だけいつもと違った反応となるのでしょうか。


>韓国人ほどでは無いが徳の高い人々と認識されているので、彼らの目的達成の役に立たないわけです。

徳の高いとされていた者が自分に首を垂れることこそが韓国人達にとっての最大快感の瞬間だと思います。
徳の高いとされる者の劣等性を発見したら、韓国人はすぐにでも指摘したくてウズウズすると私は考えるのですが、違うのでしょうか。
6ヶ月前
×
>>23
ちょっと先ほどの内容は言葉が足りなかったですね。
元々韓国が旭日マークを叩くのは、根底には「日本の劣等性」から自己の優越性を導き出すという考え方があり、その延長として「その意味も知らずに旭日マークを使う無知な人々」を叱り付け、訂正させる事で自己の徳の高さや正しさ、優越性を実感するという考え方をしています。

では、統一協会はどうかといえば、元々あそこは大きな権力を持っているうえに、「日本人は韓国人に謝罪し続け、尽くすこと」を教義としており、この教義は韓国人の望む「正しさ」と合致するため、統一協会のマークを批判しても彼らの目的遂行の役には立たないわけです。

また朝日新聞に関しても、朝日は良心勢力であるため叩いたところで自己の優越性や徳の高さは実感できません。
あくまで目的は事情を知らない人々に「言う事を聞かせる」ためだからです。

また、米軍の件でも、米軍はクレームを無視したため、それ以上手のうちようが無いので諦めたのです。
アメリカロサンゼルスのロバート・F・ケネディ・コミュニティー・スクールズにある壁画の件でも同様に拒否されましたが、この事例が今でも抗議の対象になっているのは、恐らくアメリカ人の支援者がいるからです。

韓国人の一般的な特徴として、彼ら単体ではなく同族以外の支援者がいた場合に限り要求がエスカレートしていくという傾向があり、米軍の場合にはクレームを入れても支援者がいないので諦めたともいえます。

最後に、韓国人は原則的に感情で物事を判断するため、感情的に不利益があると思うと意外と簡単に手を引く場合がありますし、相手のほうが多数派だったり権力があったりすると、簡単に考え方を変えたりもします。
なのであまり一貫した態度というのはありません、一貫して見える場合があるのはあくまで感情的に自身に都合がいい状況であったり、味方がいると認識できている場合のみです。
6ヶ月前
×
>>26

なるほど、、、ありがとうございます。

ともすると2ch湘南ゴミ拾いオフ会みたいなことは韓国では成り立たないのでしょうか?
逆にロウソク革命が成り立ったのはなぜなのでしょうか。

大口さんの知見を伺うと興味と疑問が尽きなくってしまい恐縮です。
6ヶ月前
×
>>22 ありがとうございます。外国の、況してや特有の概念を他言語で十全に言い表す事は不可能に近いですよね。卑下はあまりに日本語での意味が違いますし、侮辱も蔑視も卑下よりはニュアンスが近いと思います(というより卑下が遠過ぎる)。字面だけで(卑しめる/下す)杜撰な翻訳をしているとしか思えないのですよね…。
6ヶ月前
×
>>27
基本的に彼らはまとまりがありません、なので自然発生的なゴミ拾いOFFのようなものはほぼないです。
ただし、非常に扇動され易い特徴から特定の団体などに扇動されるとロウソクデモのような事や旭日旗問題、慰安婦問題や日本海呼称問題のようなことか簡単に発生します。
6ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。