韓国における「正統性」と「ネロナムブル」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

韓国における「正統性」と「ネロナムブル」

2019-05-30 01:16
  • 41

さて、本日は韓国独特な「正統性」の概念について書いていきます。

初めて来られた方はまずこちらを先に読む事をお勧めします。

ブロマガ『日韓問題(初心者向け)』を始めた理由

注意
・このブロマガは「日韓の価値観の違い」を初心者向けに扱っています

・当ブロマガのスタンスは「価値観に善悪や優劣は存在しない」というものです

・相手が不法を働いているからと、こちらが不法をして良い理由にはなりません

・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たらど
う思うか」という客観性を常に持ちましょう

・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください


以前何度か紹介したように、韓国では「正統性」がとにかく何よりも重視され、「どちらがより正統か」でひたすら争っている、特に文政権はその傾向が強く、それが「積弊清算」などの苛烈な政治弾圧に繋がっているが、実はこれは今に始まった事ではなく、李氏朝鮮の時代から似たような事が何度も繰り返されている。


また韓国における正統性では、儒教朱子学の影響で自らの正しさを積極的に証明できないため、他者の劣等性から間接的に証明する、しかし他者の劣等性の指摘とは結局のところ他者の否定であるため、最終的に他者を全否定するしかなくなる。


そして自身の正しさは他者の劣等性によってのみ証明されるため、韓国における正統性には自己の行いが反映されず、そのためネロナムブルに代表されるような、自己の行いが省みられないダブルスタンダードが一般化している。



※一部を除き、引用記事が日本語の場合には文中にリンク用アドレスとタイトルのみ表記、韓国語のものやリンク切れで参照不能な記事のみ文末にまとめて本文を引用します。
※本文中のリンクは引用の元記事、或いはインターネットアーカイブやウェブ魚拓(別サイト)へのリンクです。



1:正統性の争い


まずは過去にも何度か紹介したことがある、筑波大学大学院の古田教授の記事を

朱子学の影引きずる朴氏の反日 筑波大学大学院教授・古田博司
産経新聞 2013.12.5
1/4ページ) (2/4ページ) (3/4ページ) (4/4ページ

 わが日本国では、正当性と正統性を区別するのが難しい。「これが正しい!」と、正当であることを信じるのが正当性だ。だから異端からも正当な権力は生まれる。16世紀ごろまで、カルヴァン派はキリスト旧教にとって異端だったが、ここから当時のジュネーブの新教政権が出てくる。ゆえに、今の中国の「防空識別圏」も注意しなければならない。国際的異端者による正当性の主張だからだ。

 ≪異端ではないとの証求めて≫

 正統性はそうではない。「どちらが正しいか。こちらだ!」という選択を経て、選ばれたものが正統で除かれたものが異端である。韓国の朴槿恵政権の苦悩はここにある。韓国は対日独立戦争をしていない。日本統治時代は自然に始まり自然に終わった。北朝鮮の金日成氏は負け戦だったが、日本軍警と東満州で一応戦っている。

 国家の正統性は北朝鮮にある、と韓国の左翼政党や左翼教員組合は攻撃する。朴氏は自らの正当性を確保すべく、彼らを非合法として裁判に訴えた。同時に自分が異端でないことの証として反日を連呼する。慰安婦の像や碑を米国に建て続ける韓国系移民も同様だ。自分たちは国を捨てた異端ではないと故国に弁明しているのだ。

 こういうのは日本人にとっては迷惑千万である。日本では正統とか異端とか区別しない。神道と仏教はみごとに習合し、今ではキリスト教式で結婚式をしたりする。江戸の儒者たちも寛容だった。

朱子学は南宋の朱子が作った儒教で、本来は排他性が強い。北方民族が攻めてきているし、朱子の住む中国南方では民衆は道教を拝み、仏教で葬式していた。それらはみな異端、儒教こそ正道だ、というのが朱子学の主張である。

 朱子学が江戸時代に普及し、儒者の伊藤仁斎などはこれを消化しようと29歳で引きこもりになり、8年たって世に出て塾を開いた。出てきてもやはり日本人だった。弟子が「先生、人の道とは?」と問うと、「情けじゃ」と答えた。「天理とは?」と尋ねると、「おてんとうさまじゃ」と語った。

 ≪正統コンプレックスの極み≫

 儒教立国した李氏朝鮮は苛酷である。元々排他性の強い朱子学を厳格に実践、仏教を弾圧し仏像の首をはね寺を壊し茶園を枯らし、僧侶を山に追いやった。法事など禁止だ。儒教の祭祀(さいし)をさせ、3年の喪に服さない民を捕らえ棍棒(こんぼう)で打ちすえた。異端になれば酷(ひど)い目にあうと彼らは骨身にしみた。

 だから韓国人は自らの歴史から学び続ける。「剣道も茶道もうちが正統で日本が亜流。孔子さまも韓国人、中国人ではない」。周りの国々が唖然(あぜん)とするウリナラ起源説をとうとうと述べる。これぞ正統性コンプレックスの極みだ。

 中国はそもそも朱子学が合わなかったので、陽明学の方が広まった。王陽明先生に弟子が意見を聞く。「先生、私はぜひとも古代の音楽を復元したいと思います」。先生はおっしゃる。「うん、しなくていいよ。それは全部、君の心の中にあるのだ」。これが陽明学の「心即理」である。思っているものは実在する。防空識別圏も、中国人が思ったわけだから、実在することになりかねないのだ。

自己中心の彼らに怒りを浴びせたのが、後に清朝を建てた満州族のヌルハチだった。満州語では中国をニカン国、朝鮮をソルホ国と呼ぶ。ニカン国は「天下の主だ」と思い、ニカン人は毎年越境して略奪する。ソルホ国はわが国の国書の受け取りを拒否し侮蔑する。満州族のハーンは二代にわたり遠征して、両国を攻め滅ぼした。竜の衣はシナの皇帝にしか着られない。清朝ではこれをすべての役人に着せ、ニカン人を侮辱した。

 ≪朝鮮の伝統「告げ口外交」≫

 李氏朝鮮は、明国は滅んで野蛮人の清朝になってしまったのだから、明の正統性を継ぐのはわれわれだと解釈した。そこで「大明国の東の壁」と自称し、清朝から流れ込む文化を悉(ことごと)くはねつけた。

 李氏朝鮮の国内では、両班たちが朱子学の正統性を争っていた。朱子学の解釈権を握り、科挙の試験官を自派で占める。合格者は官僚になって、学閥は権力を手に入れる。儒者の塾は棍棒で武装し、敵方の打ち壊しまでした。朝鮮史では、これを「党争」という。

 三年喪や祖先祭祀など、朱子学の礼の実践ばかりした李氏朝鮮では、経世済民を考える暇がない。流浪の民が居ついた地方の知事が良い知事である。土地には所有権がなく、村には村界がなかった。町には民のための商店もない。

 そこに、今度は近代化した日本がやって来た。南下するロシアに対する安全保障として朝鮮を統治し、開発する必要があった。手の施しようもない李朝の王は臣下たちに丸投げし、諸外国に日本のことを「告げ口」して回った。朴槿恵氏の「告げ口外交」のように、上位者に悪口を言いまくることを韓国語でイガンヂル(離間事)といい、離間が目的である。韓国人同士が毎日国内でやっている。

 中国人も韓国人も世界史から学ばず、確かに自国史から学んでいる。彼らには「卑劣」ということが分からないのはそのためだ。(ふるた ひろし)


この記事では、まず正当性とは異端の存在がある意味で許容されるが、正統性では異端が一切許容されず排除されるものであるとしており、朝鮮の場合儒教朱子学の影響でこの「正統性」に対する執着が非常に強く、現在の日韓問題にもこれが強く影響していると書かれています。


そして興味深いのはこの正統性争い、記事を読んでもらうと解るように実態を無視したご都合主義の机上論でしかないわけですが、これが彼らには非常に重要な意味を持ちます。


どういう事かというと、以前から書いているように彼らは正しさというものに根拠を必要とせず、「この世には最初から正しさが存在しており、自分は常にその正しさを選択している」と考えているからです。

※独特の正しさの概念

彼らの正しさの概念は独特であり、根拠を必要としない。
また「この世には最初から一つの正しさが存在する」と考えられており、自分はその正しさを常に選択していると考える傾向にある。

そして正しさ同士がぶつかった場合には、(曲解でも捏造でもその件と全く関係なくともなんでもいいので)相手の劣等性を指摘する事でそれを自己の正しさの担保とする。

また相手の劣等性を指摘した時点で自身が指摘された問題は相手の問題にすり替わる。


youtube版
https://youtu.be/PvEa1FjkkEw


この独特の考え方においては、そもそも自身が「なぜ正しいのか」を証明する事ができません、なぜなら「正しいから正しい」のです、この世に最初から存在する「絶対普遍の正しさ」という概念であるので、そもそも証明など要らないのです。
ある意味で、一神教における全知全能の神の概念に近いです。


ですからそもそも彼らは自分の信じる正しさを証明する事に意義を見出しません、考えるまでもなく「絶対に正しい」という大前提だからです。


ただそうすると一つ問題が発生します。
「正しさ」同士がぶつかった場合、「自己の正しさの証明」のしようがないのです。


しかしそれでは正しさ同士がぶつかり合って埒が明きませんし、そもそもこれでは社会秩序が保てません、そこで彼らがとった解決手段が「相手の劣等性の指摘」です。


自身の正しさを証明する事はできませんが、相手の劣等性ならいくらでも証明する事は可能です、この世に完璧な人間など存在しないのですから、探せば必ず落ち度は存在します、それを担保にして「相手はこれだけ間違っている、だから自分が正しいのだ」とできるわけです。


ある意味で合理的な考え方です。

※蔑視ありきの自民族中心主義

韓国の自民族中心主義(エスノセントリズム)は非常に特殊であり、通常の自民族中心主義が自己の優越性の肥大化から異民族や異人種を蔑視するようになるのに対し、彼らの価値観では「他者を蔑視する事で自己の優越性を証明する」通常とは逆のプロセスになっている。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因


youtube版
https://youtu.be/StPglNFdHxE


そして私は、この「相手の劣等性から導き出される自己の正しさ」こそ、韓国における「正統性」の正体であると考えました。


これが解り易い事例として、李朝中期に発生した礼訟論争と呼ばれる争いがあります。


吉祥の代名詞である黄金豚の年、激動の歴史の中でも比較的平穏 東亜日報 January. 02, 2019

噴水台】礼訟論争 中央日報 2004年08月02日
スマートフォン版
https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=54432
※基本的に中央日報のスマートフォン版は、アドレスのhttps://のあとに「s.」と付け加えるだけのようです。


これは1659年と1672年に発生した彼らの価値観を象徴するような出来事で、次男で王位に就いた孝宗の正統性と関連し、孝宗の死後と孝宗妃の死後に発生した服喪の期間に関する政争です。


孝宗(17代目)と孝宗妃の死後、先王仁祖(16代目)の継妃(仁祖の第2夫人)がどれだけの期間喪に服するべきかで宮廷内に論争が発生し、この争いが拡大し血で血を洗う凄惨な派閥同士の報復合戦になったという事件です。


これなのですが、実際問題服喪の期間は実態としての争いとは関係ありません。


問題は当時権力を握っていた士林派西人と呼ばれる一団に対して、権力を奪われた士林派南人が「劣等性の指摘」として西人の決めた服喪の期間に反発、それが拡大し正統性争いとなり、最終的に双方に大量の死者や流刑者を出すという状態になったわけです。


つまり、権力を失った側が復権とライバルの失脚を目的とし、そのための揚げ足取りとして先王の死を利用したという、貴族社会にありがちな権力争いなのですが、「正しさ」に根拠を必要としない彼らの価値観では自己の正統性の証明に相手の劣等性を指摘し続けるしかなく、結果最終的に殺し合いにまで発展してしまったわけです。


これと似たような事例は李朝末期にも発生しており、義父の大院君との権力闘争に明け暮れた閔妃は、この過程で実弟を爆殺され、最終的に自身も国政を混乱させたとして暗殺されています。
(なぜか今の韓国では、暗殺者の中に日本人がいたというだけで日本の陰謀によって殺された悲劇のヒロイン扱いですが、当時から首謀者は大院君であるとされていました)


なぜこんな事になるかといえば、要するに正しさに根拠が必要なく、相手の落ち度で自己の正しさを証明するしかないため、自己の正統性の証明のために相手の落ち度を指摘し続ければ、最終的に相手を完全に叩き潰すしかなくなるからです。


劣等性の指摘とは究極的には相手の存在の全否定だからです。
そして重要なのは、この争いにおいて自己の行いは一切省みられず、自己の正統性は相手の劣等性によってのみ証明されるという事です。


2:現在の韓国も同じ


そしてこの自己の正統性の証明のために相手の劣等性を指摘し、相手を全否定するという独特の彼らの習慣は、現在の韓国にも生きています。


例えば、韓国の前大統領と前々大統領である朴槿恵氏と李明博氏は、文在寅政権になり逮捕され有罪判決を受け、恐らく韓国の親北左派系が政権与党で居続ける限り収監されたままです。


他にも例えば以下の事例のように


【社説】裁判官を脅迫する韓国与党、沈黙する大法院長 朝鮮日報 2019/02/01 (1/2ページ) (2/2ページ


文在寅大統領の最側近である金慶洙慶尚南道知事に対する有罪判決を出した判事が、与党議員から脅迫とも受け取れる発言をされたうえに、その1ヵ月後には


【社説】金慶洙知事に有罪判決下した判事を起訴した韓国検察 朝鮮日報 2019/03/06


この判事を検察に起訴させました。
また他にも以下の事例のように


【コラム】2年前の文大統領就任演説、読み返したら「うその饗宴」だった 朝鮮日報 2019/05/12 (1/3ページ) (2/3ページ) (3/3ページ


記事では「捜査を受けた前政権関係者は110人を上回った。懲役の期間を合計すると130年以上にもなるという。また4人が自殺し、1人は全ての国家機関から攻撃を受け幽明相隔てる結果も招いた。」という状態になっています。


またさらには


【コラム】韓国では国益よりも優先される政治的理念 朝鮮日報 2019/04/14 (1/2ページ) (2/2ページ


前政権の政策に関与したという理由で、日本の事情に通じた官僚が次々と左遷させられ、通常業務にすら支障が出ている状態のようなのです。


こんな状態であるため、現在の韓国では積極的に仕事をしようとする官僚は存在せず、皆自分に火の粉が降りかかってこないよう、ひたすら自己保身に走っているうえに、


不祥事続出の韓国外交部、責任を追及されない康京和外相 朝鮮日報 2019/05/29 (1/2ページ) (2/2ページ


文在寅大統領の身内たちは、部下がどんなに不祥事を起こしても一切責任を追及されないという状態だそうです。


この一連のやり取りは、まさに先ほど紹介した李氏朝鮮の礼訟論争における西人と南人の争いと全く同じ構図です。
双方が正統性争いを行い、「相手の派閥」に属する人々が次々と「流刑」にされた事例の現代版です。


文大統領は自らの正統性を証明するために、前政権や自由韓国党などの「国粋系保守」の全否定を行っているというわけです。


関連動画

youtube版
https://youtu.be/cnqjhhdxZBM


3:ネロナムブルが一般化


これは勿論対日本でも状況は同じです。
基本的に彼らは日本に対して自己の正しさ=正統性を証明しようとしているため、結局のところ日本を否定するしかありません。


徴用工問題にしても、慰安婦問題にしても、旭日旗問題にしても、日本海呼称問題にしても、竹島問題にしても、韓国起源説問題にしても、すべては自己の正統性を証明するため、日本を否定しているというだけの事なのです。


韓国有数の知日派として知られる朝鮮日報の鮮于鉦氏の記事からすら、その影響が見て取れます。


【コラム】高橋亨の主張を今なお葬れない韓国人の党派性 朝鮮日報 2016/04/03 (1/3ページ) (2/3ページ) (3/3ページ


この記事は、明治期に朝鮮学を研究した学者高橋亨氏に関する内容なのですが、鮮于鉦氏は彼に対する「劣等性の指摘」を一貫して行っており、「その全てに言及するほどの価値はない。ウソであったり矛盾していたり、ゆがんだ記述が多いからだ、また、当時はそうであっても、近代化と民主化の過程で成功裏に振り払った悪習もある」と書いています。


しかし結局のところ、鮮于鉦氏の書くように高橋亨氏は別に朝鮮を蔑んでも、支配のために分析しようとしていたわけでもなく、単に「朝鮮を理解しようとした」というだけです。


そしてこれだけ「劣等性の指摘」をして自己の正統性を証明しておいて、やっと本題の朝鮮における党派性について「しかし、今でもなかなか否定し難いものが一つ、韓国人にしつこく食い付き続けている」と書き、それは「分裂的な民族性だ」と書いています。


これまで書いてきた彼らの特徴にも通じる、「家門・階級・信仰・利益を根幹としてやすやすと強固な党派をつくり出す人々を、朝鮮人のほかに見たことがない」という、延々と派閥に分かれて蹴落としあう社会、現在の韓国にも通じる分析です。


そしてそれに言及するために、鮮于鉦氏は延々と高橋博士の劣等性の指摘を行い、自己の正統性をアピールし、それでも足りず「他所でも似た事がある」とか「高橋の悪霊を韓国の地に留め置いているのは、日本ではない」等、更に劣等性の指摘を続けています。


結局のところ彼の書きたい事は、「朝鮮人は何かあると常に派閥に分かれて分裂している、それを直すべき」というだけの事なのですが、たったそれだけの事を説明するために、ひたすら高橋亨氏の劣等性を指摘しているわけです。


自己の正統性を証明するために他者の劣等性を指摘し、それが激しい派閥争いを生むという朝鮮の伝統的習慣、鮮于鉦氏はそれを批判しながらそれと全く同じ事をしているわけです。


ここにも日本と韓国の間にトラブル続きの原因があります。


鮮于鉦氏のやっている事は、要するに「ネロナムブル」、現在の韓国に蔓延するダブルスタンダードを揶揄した熟語を表した単語そのものです。


そしてその事に気付かず、他者に対して「そうであってはいけない」と警告しています。
彼らは自らの正しさを他者の劣等性からしか見つけられないため、その事に気付けないわけです。


彼らの客観性の無さや「ネロナムブル」という習慣は全てここに起因します。
常に他者ばかり見て自らを省みず、「自分は常に正しい」という前提で物事を論じる、だから常にダブルスタンダードが発生するうえに、このダブルスタンダードは他者から見れば「相手の劣等性」であるためよく見えるが、自身の「それ」には全く気付けないというわけです。


そしてその究極の姿がこれです。


「日本との関係発展させるべき」 歴史問題の政治利用は「残念」=文大統領 聨合ニュース 2019.05.02


一連の日韓の間の問題について、文大統領が「両国関係の根幹が揺るがないよう、互いに知恵を集めなければならないが、最近は日本がそのような問題を国内政治に利用し、問題を増幅させている傾向があるようで非常に残念だ」と発言した事例です。


これも鮮于鉦氏の事例と本質的には同じです。
彼らは他人の劣等性には気付けても、自らの「ネロナムブル」には、その独特の価値観から気付けないので、文在寅氏は本気でこう考えているのです。


結局のところ、日本と韓国の間の問題は、このような根本的な認識のズレにあるため、問題がどんどん拗れるわけです。




お知らせ。
このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。


人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事です、もしよかったらこちらもどうぞ。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因
日本人の考える反日と韓国人の考える反日は違う
【韓国起源説】日本人の反論は韓国人に通じない
日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
日韓問題(初心者向け)の方針について色々
【河野談話】韓国政府が自爆しました
フランスのJapan Expoから韓国がいなくならない原因
「Japan Expoに寄生しないで独自のコリアエキスポやればいいのに」→過去にやった事があります
韓国人の差別意識の特徴とタイの嫌韓
嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか
嫌韓を「排外主義者=ネトウヨ」と考える人達に対する考察をしてみた
「韓国に対して謝罪すれば解決する」は大きな間違い
韓国視点から見たヘイトスピーチ
メアリー・スーとネトウヨ論
日韓問題とイデオロギー論争
韓国では異論が徹底的に排除される
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 前編
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 後編
初心者でも解る韓国対策




動画版マイリスト



番外編マイリスト




広告
他31件のコメントを表示
×
>>24
彼らは基本的に「冷たい」態度に対して対処法を知りません。
基本的に韓国人同士では対立とは感情的になる事を前提にしているので、彼らはこういう態度をされるとひたすら戸惑います。
現状も、「面子を潰された」と日本に対する劣等性の指摘を行っていますが、韓国内で足並みが揃わず、与党側は「準備不足で出向いた野党が悪い」と、野党側の劣等性の指摘をしています。
恐らく対処法がわからないのでしょう。

サンプルとしては、もう少し経過を見たほうがいいです。
なぜかというと、岩屋防衛相が「余計な事」をしてしまったので、今後の予想が付きません。

韓日 約8カ月ぶり国防相会談=交流正常化へ前進
聨合ニュース 2019.06.01
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190601000500882

>>31
たしか2000年代初頭にも似たような事がありました。
労組系の団体が障害者を警察に対する盾として前面に出して行進したところ、警察側は婦人警官を前面に出して対抗したという。

>>33
うろ覚えな記憶ですが、たしか韓国は暴力事件は圧倒的に日本より多いですが、殺人は少し多いだけでそこまで大きな差はなかった気がします。

2ヶ月前
×
>>34
中国人はジャイアンだからビビらないが、韓国人はスネ夫だからビビるというような説明で良いのかなぁと思ったり。。。
当然のび太である日本人もビビりますけど。
2ヶ月前
×
>>17>>22
横から失礼します。
個人的に、このブログの2016年3月9日の「韓国人とアイデンティティー」は内容が近いと思いますが、いかがでしょう?
もしも大口さんが考えていたものと違ったらすみません。
2ヶ月前
×
>>34
うわぁ、ここ最近大人しいと思ったら、岩屋防衛大臣また本当に「余計なこと」をしてくれましたねえ。
ただ、この報道では、具体的に何が結論となったのか、さっぱりです。
「道筋が」と書いているとおり、まだ何も決まっておらず、「これから話し合いましょう」という意志確認をしただけに思えました。

で、個人的には、岩屋防衛大臣の役割がよく分からないんですよねえ。
本当に政権にとって邪魔な人物であり、足並みが整わないのなら、さっさと交代させられている気もして。
この辺、本人の考えがどうであれ、韓国に都合よく勘違いさせて、暴走させる役割にも見えます。

結局、これで韓国はまた「自分達の要求をそのまま言えば、日本は折れてくれる。『友好的に』なってくれる」とあらぬ勘違いして。
そうして、韓国にはまた日本には飲めない要求を言わせて。
「ほら、やっぱり話が通じないだろう?」という展開に持っていくための罠にも見えるんですが。
まあ、希望的観測に傾いているのは否定しませんけど。
2ヶ月前
×
>>36
いえ、その考え方で問題ないです。
単に私が失念していただけです。
2ヶ月前
×
>>34

 大口さんには、韓国人がたまに口にする「물타기」(直訳すると水の乗り物。類似語は糊塗)についても、解説記事にしてほしいなぁと思います。

 おそらくは、ネロナムブルや、一般化のエラーや、鍋根性(熱しやすく冷めやすい)や、国民情緒法や떼법、
と並んで韓国人が自覚している、
問題をうやむやにして希釈する詐術の総称
あるいは、そのように感情のままに詐術に扇動されて流される群集心理、
韓国人に顕著な傾向です。
https://namu.wiki/w/%EB%AC%BC%ED%83%80%EA%B8%B0
2ヶ月前
×
>>39
返事が遅くなってしまって申し訳ないです。
その件なのですが、私の記事や動画の場合、引用できる記事などの元ソースがないとなかなか難しく、そうした理由で記事化できないものが幾つかあります。

この件の場合、概念的には理解できますし、そうした表現はたまに見掛けはするのですが、具体的な日本語表記(韓国メディアの日本語版でどのような表記になっているか)がどうなっているのかがちょっとわからないことと、記事を書く際に引用できるソースがなかなか見つかり難いため、ちょっと現状では厳しいです。

一応今後意識して観察しておきます。
2ヶ月前
×
>>40

 ありがとうございます。
 日本語にはない表現、韓国では多用される表現を取り扱うことは、韓国人や韓国社会を知るための重要なキーワードだと思うので。 
 国民情緒法やネロナムブルや親日派が取り扱われてるので、ついでに「鍋根性」「ムンスラム」「水の乗り物」「無理強い法」などもいけるだろうかという考えでした。
 こちらでも見つかりそうなら、URLを大口さんの最新記事にはったりしてみましょう。…記事と無関係になコメントになるかもしれませんが。
2ヶ月前
×
>>40

 あと、韓国メディアが、日本をどのように描いているかという、風刺画についても取り上げてもいいと思います。
 日本語版記事がなくても、絵ですので直感的に理解しやすいですし。
 あまりに酷い。
まあ、むしろ日本メディアが他国首相をあまり悪く描かないという状態が異常なのかもしれませんがね。
NYTとかの中国人が書いた絵とか酷いですし。


「일본」(日本)
https://www.google.com/search?biw=1098&bih=475&tbm=isch&sa=1&ei=FfV3XMi5N8WzmAWHjLaICA&q=%EC%8B%9C%EC%82%AC+%EB%A7%8C%ED%8F%89%E3%80%80%E3%80%80%EC%9D%BC%EB%B3%B8&oq=%EC%8B%9C%EC%82%AC+%EB%A7%8C%ED%8F%89%E3%80%80%E3%80%80%EC%9D%BC%EB%B3%B8&gs_l=img.12...112677.119229..121838...0.0..0.145.420.2j2......1....1j2..gws-wiz-img.......35i39.BLwk7Yk7m-w

2ヶ月前
×
自称保守の中央日報の2015年の記事から
https://news.joins.com/article/18317209

画像に書かれた文字を書き起こして、papago翻訳を通したものを記します。

2.次は日本に対してグリーン中央日報漫評である。
2015年の漫評に該当するのは?

じゃ,気持ちよくしてあげようとそうなのか?
あ~格好いいです
3.日本,右傾注意報
4.過去反省した~,過去終わった~

正解:4番。 過去反省した~,過去終わった~

1,2,3番は2013年漫評です。 4は2015年4月23日漫評です。
これまで日本の右傾化や歴史歪曲に対する批判は,批評の定番でした。
年が変わっても,漫評はそのままです。
むしろ日本の行動は弱り目にたたり目です。
安倍首相は一昨年から少しずつ平和憲法の見直しを準備し,
"これからは11の安保法案を改正する考えを固めました。
安倍は今,"戦争できる国"を夢見ています。

日本の憲法学者たちは,今回の平和憲法の修正が"違憲"だと憲法に反論
良心宣言をしました。
日本国民の反対世論も多いです。
しかし,安倍首相は9月法案を成立させようと思います。
"安倍首相の判断は残念です。
そして,東アジアの平和が心配です。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。